クラッシュNo天気ing

クラッシュな話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いつもの感じ?

2011-09-19 14:53:22 | 自転車

 ども、ども、ども。

日曜日はジャパンシリーズ つか富士見シリーズ3戦目だったみたいで
コースも同じ感じだったみたいで
数字だけみたら 参加者は減少傾向ですねぇ~

XCコースに限っていえば
おそらく コースをギリギリな所でセットできないのではないかと思ったり。

白馬で手伝ってもらったけど そんな印象ですね
とくに登りの限界が見極められないのではないかと。

そこが出来れば 思い切ってコース逆走とかセットするはず。
それが面白いのかどーかは置いておいてね。刺激ですよ
田沢湖も評判が良かったルートを逆走とかしたらしいし そんなのもアリじゃね?

富士見で逆走のネックは 通常ルートでいうと駐車場に下りる トイレ横の部分でしょうな
選手に振ったら 登りがあまり好きではない人ならムリとか言って却下でしょうか
まあ セッターが自分で走ってみて判断できれば良いだけなんですけどね。

ちなみに下りに関して 自分がセットした所は 自分がいけたのに ナニ?行けないの?とかさらっと言っちゃうタイプだったりするのでした。

さのさかスキー場は面白かったんだけどなぁ~
コメント

12分遅れ

2011-09-02 11:42:53 | 自転車

 ども、ども、ども。

シャンペリーの世界戦 ジュニアの結果が出てますな
日本マウンテンバイク協会のところから行けます。

http://www.japan-mtb.org/event-news/20110831world3/

澤田トキでTOPから12分遅れ
横山コータとか日本のユース軍団なら世界でかなり上位が狙えるんじゃね?
と 思っていたけど でら甘かったみたいですね←羊羹に砂糖と蜂蜜をかけてアイスで包むみたいな

世界もユースとか若いクラスの底上げがかなり進んでいるみたいですねぇ~

ウダの記録が破られる日は 近いうちに来るのだろうか?
コメント

きっと言う

2011-09-01 12:49:10 | 自転車

 ども、ども、ども。

今週末はMTB世界戦
スイスはシャンメリー ってそれはアルコール0なシャンペンみたいな飲み物か

シャンペリーですな。
セーヤのBLOGにちらっと難関セクションの画像があります。

大き目なドロップがでーんと出てますね。
代表監督のFasebookにもちらっと出ていました。
もうXCも魅せる競技になってきたと書かれてます。

そんなん もうずっと前からじゃんね?
Jでも白馬はさのさかスキー場でそんな感じのコースを造っていましたやん
BIG3ドロップとかね。 縦の動きはロードには少ないMTBのスキルが出る部分だからとやっていました
観客もドロップを見て そのあとゲレンデに移動して あの登りを応援して と
いろいろな要素を観戦できるように手を入れてました。
スキー場が メリットがない という事で止めてしまいましたが。

あとドロップ。
日本のは舐めて行ける という表現ですが
あんたら 舐めていけない 厳しいのを造っても 行かないじゃんね?
今回の世界戦のと比べたら しょぼいけど 白馬スノーハープに設定してありますな。
しかも着地がフラットなので飛べば良いというものではないです。

でも そこをチャレンジしたのは オーストラリア人のディラン・クーパー選手くらい
もっと書けば 登りでやまめルートを設定しても そこをチャレンジする選手は 
担ぎが大好物 とか面白そうと感じた選手くらいでした。

つまり 選手が自分たちで コースセッターのやる気とかモチベーションを潰しておきながら
日本のコースは うんぬんかんぬん 言っちゃっていると思うのでした。

ニセコも常設なラダーセクションを取り入れましたが
そこを上手く避けつつ速く走るか?という風になっていた選手がほとんどだった。
数%の選手のためだけに時間と労力をかけてコースを造れる状況じゃないんですよ。

世界を感じて コースについて苦言を言うのなら 具体的な提案等とか必要なんじゃね?と思ったり。

山本カズはニセコのコースをやる前に
ハードなセクションをと リクエストしてきました。
それもあってラダーセクションを取り入れて そこのすぐ下にチームフィードを設定して
そのセクションを多くの人の目に入るようにしました。
カズはちゃんと こちらの期待とか意図を理解してくれて 毎周ラダーを飛んでくれていました。
あれで 彼はFANを獲得したんじゃないかと思ったり←飛ぶ事で他の選手とは違うアピールが出来ただろうし

で、世界戦。
ワールドカップでも難セクションには迂回路が設定されています←先導のモトの絡みもあるからでしょうけど
が、 タイム差がない場合は上位は迷わず迂回路をチョイスする傾向があります。
あのドロップ はたして どれくらいの選手が飛ぶのやら
本当なら あのドロップの垂直な面にスポンサーバナーが付いても良いはずなんだけどね。
カメラポイントになるだろうし、観戦ポイントだろうし。
本番では どうなっているのか興味シンシン 無難な線ならスコットあたり?
DHならモンスターエナジーでしょうか←赤牛はこの手のプロモーションを縮小傾向
コメント