ヴィレッジヴァンガードサウスサイドスタッフブログ

ヴィレッジヴァンガードサウスサイドスタッフブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラブレターフロム彼方

2007年07月27日 | 雑談日記
とりあえず、行けるだけ北に行ってみた。

とりあえず本州から飛び出してみた。


北海道に行ってきた。





当然飛行機で行ったわけで、空港での金属探知の検査のとき、
金属のたくさん付いたベルト等はお外し下さい、って書いてあって、僕のベルトはバックルが少し大きめだから、
係のおねいさんに、「このベルト外したほうがいいですか?」ってきいたわけで。

おねいさんは「大丈夫ですよ。」と言ったので、僕はそのままゲートをくぐったわけで。





ブー!



鳴った。


鳴ったよおねいさん。



おねいさんは謝りもせず、僕は再検査野郎として恥をかいたわけで。







ごめんなさい、ほんとに普通に楽しかったから、こんくらいしかハプニングはありませんでした。




旭川ラーメンがまずかったり、あさひやま動物園がつまんなかったり、めちゃくちゃ蒸し暑かったりしなかったのが悔やまれます。


この記事をはてなブックマークに追加

ケミカルマジック

2007年07月21日 | 音楽・CD・DVD
サウスサイド店との合併準備、ジワジワと、ウニウニと進行中。





日記。

ふと、ビートルズの「two of us」が聴きたくなって、あれどのアルバムだっけ?というか僕それ入ったアルバム持ってたっけ?

なんてことになってガサガサと探しはじめて、こんだけ探して見つからないってことは俺、借りパクされてる?

なんてことになってさらに奥地を探しはじめて、
あぁよかった見つかったやっぱりレットイットビーに入ってた、なんてやってるうちに、最近聴いてないアルバムを見つけちゃったりするんです。

別バージョンとしては、突然、

承太郎があのとき言った台詞はなんだっけ?何巻だっけとか、
桜玉吉の漫画の中でヒロポンが「愛の渇き~」と言ってたのはどのシーンだったっけ?とか、
俺BECK結局何巻まで買って諦めてるんだっけ?
と気になって夜中に探し始めるパターンがあります。

福島聡の少年少女というコミックは、確かに全巻揃えたはずなのに、4巻だけ1時間探しても見つからず、買い直しました。汗だくで探したうえに更なる出費。なにやってんだ感でいっぱい。皆さんにもそんな経験ないかい?ある人はいますぐ出世は諦めよう。趣味に生きよう。いいじゃないそれだって。


今日はCDをあっちからこっちまでひっくり返してるうちに、昔好きだったのに今は全く聴いてないアルバムベスト20には入りそうな、ケミカルブラザーズのサレンダーを見つけてしまいました。

あぁ、「ヘイボーイ ヘイガール」。懐かしい。
もう8年も前か。
PVの女の子が可愛いと喚いたり、バンドでイントロだけ再現してみたり、WORKING GIRLというテクノユニットをひとりでやってる友達に、「ビッグビートだかテクノだかしらんけど、こういう音楽は部屋を真っ暗にして、真夜中で車も滅多に通らない交差点のど真ん中で座って聴いてるのをイメージすると1番入り込めるよね」と力説したのももう8年前か。



そんな事を思いながら、ヘッドフォンが耳に馴染んで来た頃、もう午前4時を過ぎました。

オオシマ家にやってきたものの不遇の扱いを受けているCDにもっと光をあててあげたかったけど、もう朝日がのぼってしまうので、今日はこの辺で寝ます。

皆さん、明日もお仕事頑張って下さい。僕はレットイットビー聴きながら働きます。


この記事をはてなブックマークに追加

デニス・ホッパー

2007年07月15日 | 音楽・CD・DVD
おとついの飲み会にて、浅井健一の声が嫌いだというスタッフN君に、ベンジーの素晴らしさを伝える会の開催が決定。

だって飲み会にいた5人中4人がブランキー大好きなのに、ひとりだけ嫌いって言うんだもの。


先輩ばかりの中でそう言える勇気に乾杯しつつも、おせっかいな先輩達は、余計な闘志、燃やしちゃうよ。
照井さんの話で盛り上がっちゃうよ。あの晩だけで30回は照井っていう単語言ったよ。ベンジーそっちのけで照井さんで盛り上がっちゃったよ。

いや、僕は照井さんのベース好きですよ。



で、パンキーバッドヒップな僕らは、N君の実家まで押し寄せる予定。

むこうの親御さんにしたら迷惑だろうなぁ。
麦茶もクッキーも出てこないだろな。

おそらくその場では、生粋のブランキー好きで名古屋生まれのK君はブランキーをずっと歌うだろうし、
僕はインタビュー集の「ワイルドウインター」をずっと朗読しようかなぁ。



まぁ表向きはいたスト大会なんですけどね。いただきストリート。プレステのゲームですわ。世界でイチバン喧嘩になるゲーム。もし負けようもんなら、リビングを破壊しつくしてN家と全面抗争にまで持ち込む所存で望みます。K君と「わるい人たち」を合唱して帰宅する所存。

まぁ濱マイクのDVD借りに行くのがメインですけどね。

まぁ趣味の合う後輩と趣味をゴリ押しさせてくれる後輩をもって幸せですって事です。



画像は、銀杏DVDの素敵なワンシーン。今日はレッチリジミヘンチェブラーシュカとDVDをずっと観てたので。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サヨナラColor

2007年07月14日 | 雑談日記
もう知ってる人もいるとは思いますが、
ヴィレッジヴァンガード岐阜店は、7月16日をもって閉店します。
閉店後は、岐南町のサウスサイド店と合併します。


サヨナラ神田町。



このブログはサウスサイドに異動しても続ける予定です。これからも覗いてください。


画像は、大学時代に、「潰れない店なんてない」という名言を残した友人の、好きだったひとコマ。


この記事をはてなブックマークに追加

さらばユニヴァース

2007年07月10日 | 雑談日記
僕のしたいことはこれだった。
若隠居。
なんとか暮らせるくらいの貯えがあって、毎日本を読んで暮らす。渋い本屋さんの常連になって、お兄さんいいの入ったよ、なんて言われて、ほんとだ、これいいや。ツケでいい?なんて言う。

毎日ビートルズを一回は聴いて、夜には馴染みのジャズ喫茶に顔を出して、やっぱマイルスでしょ、いやいや、エヴァンスでしょ、なんてわかったような口を利いて、でもやっぱ、レノン&マッカートニーでしよ、って言う。


新聞の一面の凄惨な事件に朝っぱらから心をくじかれ(でも残酷性が強ければ強いほど週刊誌は飛ぶように売れる)、

あ、でも天気欄には今日は快晴って書いてあるから今日は芝生のある公園へ行こう。天気のいい公園で寝そべって「人間失格」を読んだらどんな気持ちになるのか試してみよう。

同窓会の案内には迷わず「欠席」に丸を付ける。


35歳くらいになって突然写真にハマり、写真集を共同出版するものの(例の出版社以外からね)、
Amazonとかで酷評される。
50歳くらいで常連だった古本屋店主に、お前暇そうだから、という理由で二代目を任される。
芥川を読み、漠然とした不安に襲われる。

そして、

アメニモマケテ
カゼニモマケル。

そんな隠居をしたかった。




でも無理。貯金なんて雀の涙ほどしかないし、今の時代、若隠居じゃなくてニートって呼ばれちゃうから。

明日も仕事だけど、いい日だといい。
皆さんも働きすぎには注意しましょう。


この記事をはてなブックマークに追加

ヘイ・デュード

2007年07月09日 | 雑談日記
ちゃんと学校に行っていれば、大学を2回出れる。


20歳だった男が28歳になる。



8年待ったぞ、クーラシェイカーの新譜。
ロック界イチの貴族顔、クリスピアン・ミルズによる、グルーヴとインド色。


インド、好きだね。
インド料理屋に行った時、赤い鳥肉が出て来てビビったけど、恐らく主人の娘の女の子が手を振ってくれたから好きさ。

某モールのインドカレー屋の、恐らくインド人の店員さんが、日本人では絶対に作れない、作っちゃいけない烏龍茶を出してくれるから好きさ。


話は逸れましたが、日本人が絶対に作れない、イギリス発、インド経由の音楽、また味わえて嬉しい。

ストレンジフォーク/クーラ・シェイカー



1番のオススメはこの3rdじゃなくて、1stの「K」だったりするけど。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

都会のにおい

2007年07月06日 | 音楽・CD・DVD
高校時代、僕のクラスにエキセントリックな女の子がいて、その子は猥褻な言葉を言ったり、Fで始まるいけない4文字を言ったり、僕をいつもヒヤヒヤさせてた。

朝礼の時に校長先生に唾をはきかけた時はビックリしたなぁ。





嘘。そんな人いない。

大阪のパンクバンド、ミドリを初体験した僕のただの妄想。




後藤まりこ。このミドリのヴォーカルの女の子があんまりに衝撃的。
彼女が何歳だか知らないけど、彼女はセーラー服を来ています。
彼女はヒヤヒヤしてる男がいっぱいいるのを知ってか知らずか、猥褻な言葉を連発。


彼女が向井秀徳チルドレンなのかも知りませんが、

僕たちZAZENを組んで聴く。



久しぶりに熱い女の子です。



ミドリ/セカンド


この記事をはてなブックマークに追加

プラネットオブサウンド

2007年07月03日 | 雑談日記
こんばんは、昨日めちゃくちゃに重いビリヤード台を張り切って持ち上げて、いまだに腰が痛くて仕方ないオオシマです。


いつも部屋に積み上げられた本やCDを見ると、なんだか申し訳ない気持ちになる時がある。

「あんた最近ウィンブルドンだかなんだかに夢中になって、全然聴いてくれやしないじゃないの。早く私を中指と親指で丁寧に持ち上げてそっとトレーの上にセットしなさいよ。」

と言われたりはしないけれども、買っておいてろくに聴かないのはやっぱり悪い気がしてしまう。皆さんにも経験はあると思いますが、聴いてるうちになんだかどうしようもなく好きになってくるアルバムというのもありますから。

なので毎日1枚は聴くようにしております。
その1枚を選ぶのも楽しかったり。思わず自分の部屋は最高だと思ってしまう。だって自分の好きな物がここそこにあるから。当然か。

今日はピクシーズの「世界を騙せ」をチョイス。散々聴いたアルバムだけど。もうすぐ回転し過ぎて溶け始めるんじゃないかな。
一曲目の表題曲は、パラッパラッパーをオープニングのままほったらかしとくと流れる曲が好きだった人は気に入ってくれると思いますよ。そんな曲覚えてる人いないか。


今日はプラス、くるりの「NIKKI」と、今日買ってきたばかりのsuedeのアルバムと、映画「ピアノレッスン」のサントラをチョイス。
スウェードは初めて聴いたけど、ちょっと好きになりそうな感じ。そこかしこにグラムの香りがして。


ピアノレッスンのサントラは…、
1年くらい寝かそうかな。美しい調べが聴きたくなったらまた聴くことにしよう。



中身のない日記ですいません。あれだな、きっと、腰の痛みが脳に来てるんだな。

明日の仕事はCDより重いものは持たないようにしよう。


この記事をはてなブックマークに追加