ヴィレッジヴァンガードサウスサイドスタッフブログ

ヴィレッジヴァンガードサウスサイドスタッフブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

俺に影なし

2007年02月27日 | 雑談日記
男を泣かせる女、日本橋ヨヲコの新作です。





もちろん、振って泣かせるわけじゃなくて、



熱い青春で日本全国の男どもを泣かせるわけですけど。




僕の周りの友人ももちろん日本橋ヨヲコで感動してるわけなんですけど、



その友人達に共通するのは、



皆ちょっとばかりおバカでオセンチな奴らということ。





ご多分にもれず、僕もおバカな男であり、



昔女子バレーを応援していた過去もありな男であるので、




今回もまたいっちょ感動してみっか!

といった感じです。





では皆さんの涙、頂戴いたします!



「少女ファイト」 日本橋ヨヲコ

コメント (2)

からっぽの世界

2007年02月25日 | 雑談日記
この表紙のタワーが何か、皆さんわかりますよね?







はい、そう!京都タワー!!




はい!そう!今日も京都の話だ!





この、「パーフェクト・ワールド」、

変わっているところが二つあって、



一つ目は、12ヵ月連続で単行本が発売され、
12巻、つまり1年で完結するという仕掛け。



二つ目は、読むだけで、英語と京都と運命の達人になれる、
というキャッチコピーの通り、

物語の中で、英語と京都の説明が非常に多いこと。



主人公の家に、留学生が来るという設定で、

留学生に京都の事を教え、

留学生と英語で会話する、

という流れで、それぞれのウンチクが語られていきます。



特に英語に関しては、主人公の父親が、

ネイティブの人と会話できる斬新な方法を発明していて、実際に役に立つと思われます。




そんな小説なんですが、今現在2巻まで発売されてます。




が、はっきり言っちゃうと、



今んとこ、そこまでは面白くなっていません。




しかも一冊1000円はするので、なかなか売れません。



なのに何故僕が買い続けようと思ったのかというと、


あとがきで著者、清涼院流水(せいりょういんりゅうすい)が、


毎月の締め切りに追われながら、というか締め切りを過ぎながら書いている、


と暴露していたからなんです。




毎月やってくる締め切りに追われつつ、京都や英語の専門知識を調べて、


なおかつストーリーも展開させる、



はっきりいって辛い作業だと思います。



きっといつか破綻する可能性もあると思います。



途中で打ち切りになっちゃうのか、


無難にまとめるのか、


ここから強烈に盛り上がって大作になるのか、



どうなるのかまったくわかりませんが、
こんな無謀な企画をやってる編集者と作家の心意気に惚れたのです。



せっかくだからライブで体感しようと思ったのです。




皆さんも、駅伝選手に声援を送るような気持ちでどうですか?




まだ間に合うぞ!




「パーフェクト・ワールド」 清涼院流水

コメント (2)

ハイウェイ・チャイル

2007年02月24日 | 雑談日記
ここ一年近く、連休を取ってないことに気付いたので、


取ります、連休。



んで、

行きます、京都。





早速、地図を買い、(今使ってるの、10年前に買ったやつなんで)



宿を予約!



ついでにうちで売ってるスーツケースも購入!!







こういう事だけ仕事早いのね僕…。


ペットサウンズ

2007年02月21日 | 雑談日記
ブログやるんなら、定番のペット紹介はしないとな。




まずは手前の猫、ハナです。本名ハナコ。


画像ではわかりにくいかも知れませんが、

おなかをさらして寝っ転がってます。



とっても短足ですが、おなかに白いラインの入ったクールな奴です。


メスですが。





奥にいるのはミケ。



痩せたり太ったりを繰り返すクールな奴です。



えぇ、メスです。



なんか猫の事、前にも書いた気がするなぁ。まぁいいか。



この猫たちの部屋は、僕の部屋よりもずいぶん広いです。



なぜだ?


まぁいいか。




その他にも、30の男と、よく怒る中年男女も飼っています。



えぇ、兄と両親です。





家族のみなさん、ごめんなさい。冗談ですよ。





やめて、僕のエサ減らさないでッ!


メシ喰うな

2007年02月20日 | 雑談日記
痩せた~!




ダイエット成功~!




昨日書いたように、丸一日以上ウィダーインゼリーしか口にしてなかったら、


ベルトの穴一個分細くなった~!!




うれしい~!











わけねぇだろ!




これは「痩せた」じゃなくて、





「飢えた」


という。

コメント (2)

シック

2007年02月19日 | 雑談日記
今の僕がこの状態です。

唾を飲み込むだけで、親知らずの3倍くらいの激痛が喉にはしります。



だいたい3分に1回くらいその痛みが襲ってくるので、
今日の仕事は、ちょっと発狂寸前でした。



喋るだけでも結構痛いですから。


当然固形物は食べれないので、ウィダーインゼリーを1日で6本飲んでしまいました。




とりあえず朝一で医者行ってきます。

では。健康第一ってことで。


ピンク・トライアングル

2007年02月17日 | 雑談日記
ようやく読み終わりました、

グミチョコレートパイン全3巻。




なかなか熱くて痛い青春物語でした。




あらすじはですね、


ロックと映画にしか興味がない、ダメダメな17歳、賢三が、
クラスメイトの美少女、山口美甘子に惚れて、



彼女に刺激を受けながら、
バンドを結成したり、

さらにダメになっちゃったりするお話。




ビートたけしなら、


「なーにやってんだバカヤロ!」



ブライト艦長なら、



「なにやってんのォ!」




ソリマチなら、



「言いたいことは言えよポイズン!」



って絶対言うであろうもどかしさ。





この小説のすごいとこは、


主人公の圧倒的イジケ具合と、



ヒロインの使い方です。




物語にときめきを与えるのが、青春小説のヒロインのはずなのに、



このヒロインはそれだけにはおさまらない。



その辺は読んで確かめて。



この小説は、少女漫画の対極にある物語なんです。



少女漫画も一つの恋のかたちではあるんでしょうが、


大多数の男子にとって、



「こんな綺麗な恋ばっかなわけねぇだろコンチキショ~!」



ってなもんでしょう。




これは、その真逆、男サイドの、恋愛物語。



ダメ男から、共感の嵐(僕含む)!



大槻ケンヂ兄貴からの、野郎どもへの応援歌、




受け取ってくれ、ダメ男たち!


枯葉

2007年02月16日 | 雑談日記
どうだっていい話なんですけども、



このブログのタイトルのほとんどは、

いろんなアーティストの曲名やアルバム名を付けています。




どれも名曲、名盤ばかりですんで、

お暇な方は検索してみてやってください。



全部わかった人はすごいです。



中にはとんでもない迷曲も混じってますから。





例えば、「ノー・ノット・ナウ」っていう曲は、



フランク・ザッパっていう変人の曲で、



(確かね。僕も何回かしか聴いてないから自信ないや。
キャプテンビーフハートだったかもしんない)



邦題が、



「もう納豆はいらない」


(確かね。記憶あいまい。
ホラ、俺疲れてるから)


っていう、
お前ニュアンスで決めただろが。
ていうバカ邦題だったのが面白かったから採用。





他には、割とメジャーですが、


「愛なき世界」というのは、



くるりの曲にもありますけども、それではないです。


くるりも好きですが、



これはマイ・ブラッディ・バレンタインという轟音ギターバンドのアルバムタイトルです。



簡単にどこでも買える邦楽ばっか聴いてねぇで、

すこしは自分で掘り下げて流行以外の音楽も聴けや日本人!


いや、
聴いたら?日本人。


いやいや、えーっと、聴いてみてはいかがでしょうか?日本人。


という気持ちを込めて採用。




いやぁ、どうでもいいことですねぇ。





どうでもよさに自分でもびっくりしました。





もっと役に立つこと覚えよかな。






ちなみに画像の本は、素晴らしい本なので、


見掛けたら読んでみてください。


マイ・ブラッディ・バレンタイン

2007年02月15日 | 雑談日記
えー、昨日は、こんな感じでした~。











はい、嘘よ!




ちなみにこれは「ツルモク独身寮」のひとコマです。
コメント (2)

ふっかつのじゅもんがちがいます

2007年02月14日 | 雑談日記
今日は、ちょっといいCDを見つけて来たのでご紹介。



懐かしの、ドラクエ2のサントラです。



懐かしいでしょうが皆さん。


オーケストラバージョンと、ゲーム音源バージョンが入ってます。



とくに、ゲーム音源の方が、脳髄に響きます。



今はもうやさぐれちゃって、ハーゴンみたいな人相になっちゃった君も、


時代はメガだ!


ギガだ!


テラだ!!と騒いでる君も、



あの有名なオープニングテーマを聴くだけで、


20年前に一瞬でタイムスリップできます。




ボタンが2個しかないコントローラー握りながら、




「サマルトリアの王子どこだよ~!?すれ違ってんじゃねぇよ!」



「ふっかつのじゅもん長いよ!!
黒板写すのより疲れるわ!」



と思ってたあの頃に。




僕にダビングしたテープをくれた、小学校の音楽のナカムラ先生、


先生はクリアできた?

僕は出来ませんでした・・・。




また昔の思い出を語ってしまいましたね。



昔聴いてた音楽を、買い集めるのが趣味なんですよ僕。




さて次は男闘呼組でも探そうかのう。