歓びの種~専業主婦は楽しいぞ~

日常に転がっている小さな歓びの種。
そのひとつひとつに感謝しながら
大きな幸せの大樹に育てていきたいと思ってます☆

土用丑の日

2016年07月30日 13時07分26秒 | お出かけ♪
今日は土用の丑の日~
うなぎは生で見るのは苦手ですが
蒲焼にするとなんであんなに美味しいの!っていうくらい
ここ数年うなぎが大好きになってきています
蒲焼もいいけど白焼きをわさびで~もいけちゃうし
焼いている匂いでもご飯が進む・・・
いやいや、それなないか!笑

今年のうなぎは、先週一足早く
成田山の駿河屋さんで友達といただいてきました





鰻をさばいているところが道路から見えます。
こういうのは苦手なのでじっくりはみませんが・苦笑



成田山の参道には60件も鰻屋さんがあるほどかなりの激戦区。美味しい鰻屋さんがいっぱいです。
駿河屋さんは何回もTVで見ていたので
行ってみたかったぁ~~~♪だったのです^^

さて~
江戸時代創業の駿河屋さん。
今回は奮発して特上のうな重
(注文を受けてからさばいて焼くのでちょっと時間がかかります)
肝吸い付きで4950円。



オープーン



おぉぉ~
鰻3枚だ!しかも折れ曲がってる・笑
もう美味しいの間違いない!
何だ!このやわらかさ。
口の中で溶けちゃう感じでおいしい~~~~♪
年に1回の土用の鰻ですから
十分味あわせていただきましたが
さすがにちょっと量が多かった・笑
鰻は完食しましたが、ご飯はちょっと残してしまいました。
ごめんなさいです

いやぁ~おなかいっぱい。
スタミナたっぷりで元気いっぱい。
いい暑気払いとなりました

帰りに氷を別腹で



次の鰻は入谷鬼子母神前の野田屋さんに行ってみたいです。
今年は猛暑の予報ですので
鰻を食べてこの暑さ乗り切りたいですね。

大満足の鰻でした
コメント (4)

彼岸花

2014年09月30日 10時02分14秒 | お出かけ♪
朝晩すっかり秋めいて、過ごしやすい季節となりました。
久しぶりに時間がとれたので
昨日埼玉県幸手市の「曼珠沙華まつり」に行って来ました。

幸手市権現堂堤の彼岸花





ここ権現堂堤は、この春桜と菜の花を見に行った所なのですが
1キロも続く桜並木と菜の花は圧巻でしたが
紫陽花も彼岸花も素晴らしいと聞いていたので
また訪れたいと思っていたところ、やっていましたよテレ朝で
桜と菜の花のイメージしかなかった権現堂堤が
100万本の彼岸花で真っ赤に染まっているではありませんか!
これは是非とも行かなければ♪

10月上旬までと言っていたので昨日行ったのですが
残念なことに、見頃は過ぎておりちょっと残念
それでも平日だというのに
たくさんの方が訪れておりました。

   



彼岸花といえば一昨年でしょうか
やはり埼玉県の巾着田にも行きましたが
(こちらは500万本の日本有数の彼岸花群生地)
埼玉って彼岸花が有名なんでしょうかね^^

子供の頃目にした彼岸花は
稲刈りのすんだ田んぼの畦などに
ひっそり咲いていた記憶しかないので
桜の木を包むように真っ赤に染まった権現堂堤は
桜同様見事な風景でした。



昨日は本当にいいお天気で
桜の枝から差し込む木漏れ日もキラキラ







来年は見頃の確認をして
もう一度真っ赤な彼岸花を見に行きたいと思います。
(私、ここかなり気に入っています

帰りに近くのJAの直売所で野菜のお土産を。
今日はお土産に買った栗で、栗ご飯でも作りましょう。
さぁ~恐怖の栗の皮むきでもしましょうか!

権現堂堤の彼岸花でした

コメント (4)

行田市古代蓮

2014年07月19日 19時25分53秒 | お出かけ♪
先日、朝の天気予報の中継で
埼玉県行田市の古代蓮をやっていました。
例の如く、朝の天気予報の中継地は
我が家のドライブコースの候補地として参考にさせていただいています
今回も是非ということで、昨日行って来ました。

行田市の古代蓮



今回は蓮の花ということで見頃は朝。
朝の7~9時ごろに花が開き
午後には萎んでしまうということで
4時半起き5時に家を出て、目指すは古代蓮の里!
一路行田へと車を走らせました







朝早くても、駐車場には各県からのナンバーの車が次々と止まっていき
カメラ・三脚を手にした観光客でいっぱい。
人気のほどが伺えました
しかもこの古代蓮の里は入園料が無料!
行田市ったら太っ腹~♪

行田市の観光案内のサイトさんによりますと・・・

行田蓮(古代蓮)は
原始的な形態を持つ1400年~3000年前の蓮であるそうで
古代蓮の里にほど近い公共施設建設工事の際に、
偶然出土した種子が自然発芽し甦り、池に開花しているのが発見され
地中深く眠っていた多くの蓮の実が出土し
自然発芽して一斉に開花したそうで
このようなことは極めて珍しいとのことでした。

12万株のいにしえの蓮の花。
緑の葉っぱと、ピンクの花のコントラストが鮮やか♪



   



    

花びらの落ちた花托もいい味をだしています。





東南アジアでは、このくらいの青い蓮の実を生食するそうです。
お味は生のトウモロコシのようだとか





  

古代蓮の種発見♪



3個入って200円。
お土産に買って来ましたが。
発芽したての蓮が左の水盤にありますが
花が咲くまで、どのくらいの年月がかかるんでしょう?
そんなスペースもありませんが
1400年~3000年前の種の子孫ですから
ロマンを味わうということで育ててみたいですね♪

この古代蓮の里は、早起きしても行く価値大です。
あまりにもみごとな古代蓮に
夫共々、すっかり魅了されてしまいました

コメント (2)

箱根岡田美術館

2014年06月30日 22時25分02秒 | お出かけ♪
先週のこと、夫のお供で去年の秋にオープンした
箱根の岡田美術館に行って来ました。

3月に、喜多川歌麿の晩年の肉筆画でずっと所在不明だった
「深川の雪」が見つかり、岡田美術館で66年ぶりに
公開されるとのニュースを見てずっと行きたがっておりました。

  
  

「深川の雪」は歌麿の肉筆画「雪月花」の3部作のひとつで
3部作のうち「品川の月」・「吉原の花」は米国の美術館が所蔵。
昭和23年に東京で一般公開された後、行方が分からなくなっており
こうやって日本で発見されたとことは、奇跡に近いとか。
これはよくわからない私でも、見ておかなければ

箱根・岡田美術館





オープン間もない、美しい豪華な美術館でしたが
入場料が大人2800円とちょっとお高め。
まあ、あれだけのものがあるんだから、仕方ないか・・・と
思いつつも、美術に興味のある方でしたら
一日いても飽きないかも。
そう考えると、妥当なお値段なんでしょう。きっと



だけど、入場の時のチェックは厳しく
携帯・スマホはロッカーに預けての鑑賞となります。
平日でしたが1時間待ち。
お目当ての「深川の雪」は12人一組で4分の鑑賞でした。
最初は、えぇぇぇ~とブーたれましたが(笑)
規制をかけないと「深川の雪」の前で止まってしまい
ほとんど見ることができなかったそうで、
12人4分は苦肉の策のようでしたが、今思うと
4分であれ、じっくり鑑賞することができよかったです。

最近は混雑緩和の為に、こういう入場が結構ありますね。
上野でやったツタンカーメン展も20人づつでの入場でした。
(たぶん・笑)

しかし、話題になるだけのことはあります
それはもう圧巻の一言。
2800円はけして高くはありません。
そう思えるくらい素晴らしかったです♪
今回発見されるまで、この「深川の雪」は
モノクロ写真のみしか残っていなかったそうですが
修復のおかげでしょうか
鮮やかな色合いと、生き生きした表情が本当に素晴らしかったです。
夫が見たがっていたのがわかりました^^

岡田美術館の壁には、巨大な風神と雷神の壁画が!
あまりに大きくて、かなりのインパクトが。



  

この壁画を見ながら、足湯が楽しめる足湯カフェや
まだ完成はしていませんが、散策のできる庭園もあります。
だけど、どれも別料金なんですよね~
家計を預かる主婦としては
全部コミコミにしていただけるとありがたいのですが

今回は急ぎ足での鑑賞でしたが
もし、次回があるとすれば
もうちょっと事前に知識を入れておこうと思いました。

アメリカにある「品川の月」・「吉原の花」の写真が展示してありましたが
次回の公開は本物の三部作で!な~んて
そんな贅沢が叶ったら、素晴らしいですよね^^


潮来あやめまつり

2014年06月11日 18時15分34秒 | お出かけ♪
梅雨入りしてからというもの、毎日雨ばかりで
カビが生えちゃいそうです
週間予報を見ても、金曜日まではこんな感じの中
昨日だけは、傘マークがなかったので
茨城の潮来に、あやめを見にドライブに行って来ました



きれいに咲いてはいるのですが
昨日までの大雨で、だいぶ花が痛んでおり
せっかく着たのに残念!でしたが・・・
関東であやめといえば
潮来が有名なので一度は訪ねてみたいと思っていました。





潮来のあやめ園は、約500種100万本のあやめを見ることができます。



潮来といったらあやめと嫁入り舟。
この水郷地域では、花嫁さんは舟に乗って嫁がれたとか。
この嫁入り舟のイベントもやっています。
私は見ることができませんでしたが、
昼の嫁入り舟・宵の嫁入り舟と見ることできるそうです。
お天気さえよければ、宵の嫁入り舟は
ライトアップされて、見ごたえがありそうですね。

私と夫は、前川にかかった12の橋を巡る潮来十二橋めぐりを。
水郷情緒をたっぷり満喫といきましょう♪



手漕き舟は、ろ舟(サッパ舟)と呼ばれ
隣の家に行くのも舟、牛を乗せ畑に行くのも舟だったそうです。
ほぉ~マイカーならぬマイサッパ舟ですね





私たちが乗ったのは、エンジン付きのサッパ舟でしたが
あやめまつりの期間中は、手漕ぎの舟に乗ることができます。
やっぱり、手漕ぎの方に乗りたかったかなぁ~

   

舟に乗って、あやめも満喫♪



   

お土産に、あやめを売っていましたが・・・



買おうか迷ったけど
「植えるところがない!」との夫の一言で我にかえり
そうよね~野菜で庭がいっぱいだもんね~と

お昼は天然うなぎを・・・



たれがあまり甘くなく、私好みのうな重でした。
特上じゃなく上だったのが、ちょっと残念

おなかもいっぱいになり次は、県立フラワーパークへ



本当だったら、バラが見頃なんでしょうが
連日の雨であやめ同様かわいそうな状態でした
なんかもったいないな~って感じでした。

   

   

このバラも、今日の雨でやられちゃたんでしょうね。
ほんと!せっかくの花がもったいない!

バラの次はゆりでしょうか。



雨にやられていなければ
とっても見ごたえがあったのに、残念でした~
きれいな時に、もう一度訪れてみたいと思いました。

そして~
茨城のお土産は、地元の野菜とメロン♪
茨城県はメロンで有名なんですよね。

私が買ったのは、ネット模様が薄い訳ありアンデスメロン



4個で1800円♪
もう笑っちゃいます。
メロンは皮を食べるわけじゃないんだもの
訳ありだって関係なし。
食べてみましたが、甘味もばっちりで
もっと買えばよかったぁ~~~~

曇り空ではありましたが、天気にも恵まれ
舟にも乗って、花を堪能し、うなぎも食べてメロンも買って♪
茨城っていいところじゃない?って
思った一日でした

コメント (2)

世界遺産・富岡製糸場

2014年05月23日 11時42分30秒 | お出かけ♪
昨日夫と、来月世界遺産に登録予定の
群馬の富岡製糸場に行って来ました。
世界遺産に登録されたら、しばらくは混雑間違いなし。
行くのなら今でしょう!と夫と上州路へ

やって来ました富岡製糸場♪



平日にもかかわらず
シニアのみなさんで賑わっておりました。
(私もお仲間ですが・笑)

登録までのカウントダウンも
ボランティアガイドさんも大忙し。
オレンジベストのガイドさんの姿があちこちで見られます。

 

テレビでおなじみの、この正面の建物は東繭倉庫です。



   

電気もない時代、窓を多くとり風通しをよくして
繭を保存したそうです。
二階部分に窓が多いのは、そういうことだったんですね。

この建物は明治5年に完成。
東繭倉庫に刻んでありました(アーチ中央部)



レンガ造りの建物は色々ありますが
フランス式の積み方をしているのは、ここ富岡製糸場だけだそうで
東京駅はドイツ式とのこと。
フランス式は大小のレンガを使い積み上げるんだそです。
そして建物の構造は
木材の骨組みの間にレンガを積み上げる「木骨レンガ造り」

   

そして、繭から生糸をとる繰糸場へ

  



  

この繰糸場は当時、フランス式の繰糸器が300釜あり
世界最大の規模の製糸工場だったそうです。
(昭和62年まで操業していたので、とてもきれいに保存されていました)
今ある繰糸器は日産プリンス製(昭和40年代に設置)
車だけじゃなく、こういうのもやっていたなんてびっくり!!!

昔の製糸工場というと
女工哀史や、あゝ野麦峠など、若い女の子が家の借金のかたに
過酷な労働をしいられ、病気になったり死んじゃったりとか
そういうイメージですが
ここには診療所などもあり
夜には、女工に読み書きや和裁など教えていたそうです。
全国から集まった女工は、2~3年で技術を学び
故郷に戻り活躍されたとのこと。
ここは工場でありながら
技術を学ぶ専門学校の役割もしていたんですね。

診療所



ツアーガイド終了後、裏方に回ってみると・・・
な・な・なんだ!

建物崩壊

   

ここは生糸の原料の繭を乾燥させる乾燥場ですが
今年2月の大雪で、半壊の被害をうけてしまい
ただいま復旧工事中でした。

これを見たときには、びっくり。
せっかく世界遺産に登録されるのですから
ぜひともきれいに、修復してほしいものです。

蚕・桑の実・生糸♪

    



当時の繭玉は意外と小さかったです。
生糸も、繭の種類で色も光沢も違うんですね。

とまあこんな感じでしたが
ちょっと早いですが、祝世界遺産登録♪です。
しかし、世界遺産は富岡製糸場だけのものではなく
「富岡製糸場と絹産業遺産群」での登録ですので
それを構成する田島弥平旧宅・高山社跡・荒船風穴
の三箇所にも行ってみたいと思いました

コメント (2)

幸手権現堂堤の桜

2014年04月03日 15時22分24秒 | お出かけ♪
せっかく桜が満開なのに、今日はあいにくの雨。
桜散らしの雨にならなければいいのですが・・・

今年のお花見は、先日友人と隅田川の水上バスに乗り
隅田川両岸の桜を楽しんできましたが
昨日は夫と、埼玉県幸手市の権現堂堤にお花見に行って来ました。
ここの桜は、毎年TVで紹介されており
絶対行きたいと思っていた桜の名所のひとつでした。

この景色です♪この景色♪



菜の花と桜のことは
後でゆっくり語らせていただくとして
権現堂堤は1キロにわたり、桜並木が続いています。







権現堂の桜が美しいのは
堤がほぼ一直線なのと、
桜の木が堤の左右上下に3~4列で、植えられているので
かなりのボリュームがあるんです。

まさに桜のトンネルです
(ここが堤の一番上)





   

土手の中腹にも桜並木が・・・
ここは屋台エリアとなっており、かなり充実しています



屋台の後ろにも桜並木があるんです。
堤の一番上を歩けば、桜のみを愛でることができ
ちょっと下がれば、屋台エリアで飲んだり食べたり~
さらに下りれば、菜の花と桜をみながらお弁当を広げたりと
それぞれの目的に応じてお花見が楽しめるんです♪

いい匂いにつられて、私たちもちょっと休憩

  

さ~てお腹もいっぱい。
メインの桜と菜の花に行ってみま~す。

青空と桜と菜の花の織り出すコントラストが絶景!
美し過ぎて言葉がでません









北野武監督の映画[Dolls]で菅野美穂さんと西島秀俊さんが
桜並木を歩くシーンは、この権現堂堤でロケをされたそうです。
(屋台のおじちゃんが教えてくれた

桜の花はどれもみなきれいで美しいですが
ちょっと今回は、やられたぁ~って感じです。
なんか懐かしい桜なんですよね。
土手に桜と菜の花だけなのに、本当に素晴らしい景色なんですよ。
この権現堂堤を中心に公園の整備がおこなわれており
桜だけでなく水仙・紫陽花・曼珠沙華も見事なんだそうです。

堤の周りを散策してたら・・・

   

土筆とタンポポ発見♪
こういうのってまさに私の原風景です^^
まあ、生まれ故郷の群馬と埼玉ってお隣さんですものね・笑

そして・・・
帰りにちょっと筑波に寄り道。

筑波山が見えました~



そして筑波大学入り口。



実は息子が会社の研修制度のもと
こちらの大学院に通うことになり(後期博士課程)
どんなところかちょっと下見に。
本当は入学式行くつもりだったのですが・・・
夫と相談した結果、今回はやめておこうと
仕事をしながらの、通学なので大変だと思いますが
頑張って欲しいと願っています。

とても充実した一日でした

コメント (4)

お花見2014

2014年03月31日 23時13分50秒 | お出かけ♪
今日は友達と水上バスに乗り
隅田川の両岸に咲く桜見物に行ってきました。
ちょっと風はありましたが、いいお天気でまさにお花見日和。



   

水上バスは浅草吾妻橋の浅草乗船場より浜離宮まで。
帰りは日の出桟橋経由で浅草に戻るコースです。
それでは出発♪

吾妻橋といったら、スカイツリーと炎のオブジェで有名なアサヒビール。



スカイツリーと桜のコラボは今だけのお楽しみ



佃公園の桜。
高層マンションと桜もいいですね~





反対側には築地市場が・・・
隅田川沿いにあるとは知りませんでした
ここももうすぐお引越しですね。



浜離宮が見えてきました。東京タワーも見えます。



水上バスを降り浜離宮を散策。
ほんと暖かくて気持ちがいい~♪



この景色は、朝の天気予報の中継によく使われますね^^



浜離宮の散策後、日の出桟橋経由で吾妻橋に戻りました。
そして水上からしか見ることのできない
黄金のスカイツリーを見ることができました



これはのアサヒビールのビルに反射するスカイツリーなのですが
これが見られると幸せになるんですって!
だから皆さん、スマホやカメラで大撮影会となりましたが
ほんの一瞬でしたので
これだけきれいに撮れてラッキーでした♪

そしてお腹がすいたので浅草でお昼。
今日のランチは奮発して葵丸進さんの特上天丼。



帰宅後テレビを見ていたら
ちょっと待って~
ここさっき行った葵丸進さんじゃないの。
萩本欽一さんと徳光和夫さんが葵丸進に入っていくではありませんか!
あ~ら偶然♪
どーってことないのですが、なんかうれしい

なかなか満開の時にお花見に行けませんでしたが
今年は、久しぶりにいいタイミングでお花見ができました。
そして水上バスのおかげで
隅田川の両岸に咲く桜を堪能できただけでなく
隅田川にかかる13の橋を下から眺めたり
両国国技館や築地市場・東京タワーなど見慣れた景色が
水上からの見ることで
とても新鮮に感じられよかったです。
水上バスおススメです

今年は後2回くらいはお花見に行きたいと思っていますが
桜と富士山はやっぱりワクワクしてしまうおばちゃんでした

コメント (4)

江月水仙ロード(続き)

2014年02月01日 15時52分49秒 | お出かけ♪
鋸南町の水仙は江月水仙ロードだけではなく
佐久間ダム湖・おくずれ水仙郷・谷沢水仙郷
などの広範囲で水仙を楽しめます。

鋸南町の日本水仙





江月水仙ロードは
江月地区の町道の約3kmの道の両側に水仙が咲き乱れます。
一応2時間のハイキングの予定で出発で~す。

無料駐車場から15分ほど歩くと
水仙ロードの入り口が見えてきました。



水仙ロードに入ると・・・







途中、ところどころに民家はありますが
こんな感じで、水仙の里山の景色が広がります。
なんかとっても懐かしい風景で、タイムスリップした気分でした。
私は群馬の山育ちなもので
まさに私の原風景です。

日本昔話にでてきそう



水仙だけでなく
菜の花も満開でした。





一応、水仙祭りは明日までになっていますが
昨日の時点で、水仙は満開って感じでした。
枯れている花など、ほとんどみませんでしたから
まだまだ楽しめると思います。
12月からやっているようなので、水仙ってもちがいいですね。

3キロのハイキングといっても
上りなので結構しんどかったです。
しかも昨日は3月下旬の気温だったので、暑かった!
途中、おばさんが「甘酒はいかがですか~」って。
おばちゃん!こんな暑い日に、甘酒いりませんって・笑

緩やかなのぼりになっています。



約1時間ほどで、江月水仙ロードのカメラポイントに到着。
(ここまでの900メートルが地獄の登りでしたが・笑)

このアングルが有名らしい・・・
まねして撮ってみました。



夫はもっと散策したかったようなのですが
私はもうギブアップ
後1時間歩かなければならないのですから
これ以上歩いたら、あなたおんぶしてもらうわよ!
この一言が聞いたのか、素直に夫は帰ることに承諾。
なんだよ!苦笑

房総はもうすっかり春でした。
水仙・菜の花・早咲き梅・みかんは生っているは
花摘みも始まっています。

保田川沿いの河津桜も咲き始めていました。
(地元では頼朝桜と言うそうですが・・・)



やっぱり春はそこまで来ていますね。
次回は花摘みとイチゴ狩りに行きたいな~

一足早く春を感じた一日でした

コメント (4)

江月水仙ロード

2014年02月01日 14時37分08秒 | お出かけ♪
夫がリタイヤしてからというもの
朝のお天気コーナーの中継地チェックは
欠かせないものとなっています。
我が家のドライブ先は
ほとんど朝のお天気コーナーの中継地です

最近気になっていたのが、房総の鋸南町の水仙祭り。
鋸南町は、越前・淡路と並ぶ日本の水仙三大産地とのこと。
昨日お天気がよさそうだったので
鋸南町へドライブに行ってきました

水仙祭りに行く前に、まずは腹ごしらえ
鋸南町と言ったら、こちらも有名な保田漁協直営のばんやですね。

   

ばんやさんには、4~5年前に一度行った事がありますが
あまりの安さと美味しさにビックリした記憶があります。
果たして今回はいかがでしょうか?

平日だというのに、関東近辺のナンバーの車がいっぱい。
待たされるのを覚悟していましたが、すんなり入れました。
よく見たら、ずいぶん増築なさって
座席数が以前の3倍くらいになっていましたよ。
儲かってるんだわね~(笑)

こちらのおススメは、もちろん朝あがった新鮮なお魚ですが
TVで見たとき、イカのかき揚げが有名だったような・・・
だけど揚げ物は苦手なお年頃になったのでパスしました。

今回のオーダーは

金目鯛の煮物半身(2030円)・アオリイカ刺(1050円)
焼きサザエ(780円)



   

天然地魚丼(1150円)・・・ご飯は半分残してますから。念のため



こんな感じで注文しましたが
今回は前回ほどの感動はありませんでした。
アオリイカのお刺身は絶品でしたが
楽しみにしていた、金目の煮付けは高い!
前回は一匹で2800円くらいだったんですけどね。
天然物はだんだん口に入らなくなってきますね。
後、他の方のオーダーのかき揚げを見ましたが
かき揚げが小さくなってました(苦笑)
あんまり有名になっちゃうと、こうなっちゃうのかなぁ・・・
ちょっと残念。

でもお腹いっぱい。ごちそうさまでした

まだ時間があるので水仙を見に行く前に
鋸南町出身の浮世絵師の菱川師宣記念館へ・・・

おぉ!見返り美人だ♪
ちょっとお顔がまあるいようですが^^



   

師宣記念館の水仙も満開



それでは、水仙ロードにむかいます。
 
続く・・・