増毛町ボランティアセンターblog

北海道で活動している増毛町ボランティアセンターの公式ウェブページ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

URIが変わります

2009年11月17日 | ごあいさつ
いつも『増毛町ボランティアセンターblog』をご覧いただき、誠にありがとうございます。
このブログは次回から
http://blog.goo.ne.jp/mshk1954/
にURIが変更になります。
どうぞ今後とも本ブログをよろしくお願いいたします。

運営委員長
コメント (12)

ふれあい広場2009 ましけを開催します

2009年11月10日 | ごあいさつ
11月2日(月)午後3時30分から、"ふれあい広場2009ましけ企画委員会"が開催されました。
【ふれあい広場】は増毛町社会福祉協議会が主催なのですが、我がボランティアセンターが企画・運営を任されているイベントで、今年度は12月5日(土)に実施することを同企画委員会において決定しました。
"絵手紙"、"茶道"などに参加できる【体験の広場】や、"たこやき"、"おでん"、"おしるこ"などを楽しめる【くだおれ横丁】、"餅つき"など、盛り沢山な内容を予定していますが、詳細につきましては後日にご案内いたします。

運営委員長
コメント

窓のビニール張りを実施しました

2009年11月03日 | ごあいさつ
報告が遅くなりましたが、10月21日(水)に一人暮らしのお年寄り宅に伺い、窓のビニール張りをしてきました。
当日は随分と風が強い日でしたので、果たして予定通りの作業ができるのか、午前7時過ぎには町内を流れる暑寒別川河川敷にクルマを停め、しばし考えましたよ。
インターネットで雲の流れを確認すると、雨はどうやら上がったようでしたので、「条件の良い日にやりたい気もするけど、これなら大丈夫だろう」と判断しました。
家に帰ると、ちょうど事務局の佐◆さんが通りかかったので、予定通り実施することを確認。
事務局の皆さんも朝早くからご苦労様です。
(^_^)
さて、ボランティアは昨年と同様、午前9時30分に増毛町社会福祉協議会事務所に集合。
2班に分かれてそれぞれ担当するお宅に伺いました。
運営委員長の第1班は計2軒にお邪魔して作業をしましたが、「毎年ありがとうね。みんな、これ飲んで」と飲み物をいただいたりするので、何だかかえって恐縮したりするのでした。
(^_^;)
増毛町では11月になってすぐ平地でも初雪が降り、うっすらと積もったりもしましたし、冷たい風が吹き荒れていましたから、きっと少しは喜ばれているのではないかと思っています。

運営委員長
コメント

今年度も窓のビニール張りを実施します

2009年10月20日 | ごあいさつ
10月21日(水)の午前、一人暮らしのお年寄りのお宅に伺い、冬期間に向けた寒さ対策として窓にビニールを張ってきます。
これは今年で17年目になる事業なんですよ。
北海道の寒さはそれはもう厳しいですから、だいたいの住宅は窓が二重になっています。
近年の住宅事情は良くなっていますので、昔のように窓の隙間から家に雪が入り込む等ということは殆どありませんし、そのようなお宅に頑張って住んでおられる人もいなくなりました。
しかし、アルミサッシの窓でもその外側にビニールを1枚張ると、随分と暖かさが違うそうなんです。
一般住宅向けの三重窓というのもあるようですから、空気の層を増やすことによって部屋の保温効果を高めるということなのでしょうね。
まぁ、お年寄りの皆さんに喜んでいただけるのであれば、やり甲斐もあるってものです。
(^_^)
ただ、心配なのは天気です。
屋外での作業ですから、雨だと延期せざるを得ません。
予報では、明日の正午頃までの24時間、ずーっと傘マークなんですよ。
(^_^;)

運営委員長
コメント

第38回増毛町秋味まつり

2009年09月29日 | ごあいさつ
一昨日(2009.09.27)の午前10時から午後2時まで、増毛港中央埠頭を主会場として、【第38回増毛町秋味まつり】が開催されました。
このイベントは昨年も一昨年も雨降りの中で行われたのですが、今年は風も穏やかで、とても良い天気になりました。
主催者(増毛町観光協会秋味まつり実行委員会)によると、来場者数は約8,000人とのことですが、いやぁ賑やかでしたよ。
(^_^)
運営委員長は昨年同様(ボランティアセンターとしての協力ではなかったものの)、「ホタテ殻むき競争」「大抽選会」などステージの進行係を担当させていただきましたが、ラテンバンド【イエマンジャー】の演奏中など出番がない時は、会場内をぶらぶら歩き回り、増毛町商工会青年部さんの「三平汁」をご馳走になるなど、お手伝いするだけでなく自分自身も結構楽しませていただきました。
「何年もボランティアを続けるのって大変だ」と思いがちですが、「いろいろ手伝いもするけど自分も一緒に楽しむ」、それが無理なくボランティアを続けていける理由かなぁなんて、この文章を書きながらそのように考えるのでした。
(^_^)

運営委員長
コメント

ふれあいパーティー2009

2009年09月08日 | ごあいさつ
有志カラオケ大会やお楽しみ抽選会などで人気の【福祉チャリティー/ふれあいパーティー】が、今年も9月19日(土)午後6時から開催されることになりました。
主催は、福祉チャリティー事業実行委員会ですが、当増毛町ボランティアセンターも全面的にお手伝いします。
当日は1枚1,500円(増毛町社会福祉協議会事務所などで前売中)のパーティー券で、飲み物(酒類&ジュース)を3杯までお飲みいただけますが、ヤキトリ・ヤキソバなどの食べ物、灯油200リットルやお米などが当る抽選券は(当日)別売りとなります。
このパーティーの収益金は、例年の通りに"増毛町社会福祉協議会"に寄付されることになっていますので、ご近所にお住まいの皆様方多数のご来場をお待ちいたしております。
会場は、増毛町文化センター大ホールです。
(^_^)
詳細は、近々配布予定の新聞折込チラシをご覧下さい。

運営委員長
コメント

明和園のホーム祭2009

2009年09月01日 | ごあいさつ
さほど暑い日が来ないまま、カレンダーは早くも9月になってしまいました。
北海道はこのまま短い秋を通り過ぎ、長ーい冬を迎えることになってしまうんでしょうかね。
(^_^;)
さて、先週の水曜日(8月26日)に"明和園"(増毛町立養護老人ホーム、特別養護老人ホーム)で【ホーム祭】が行われ、北海道増毛高等学校の生徒さん達と一緒に我々ボランティアセンターのメンバーもお手伝いをしてきました。
玄関まで続く長い道路の片側に、たくさんのゲームコーナーやフランクフルト、クレープなどのテントが設置されており、我々はゲームコーナーの担当をまかせていただきました。
テント前には長い行列ができるなど、随分とにぎわいましたよ。
当日のお手伝いをした高校生の皆さん、ボランティアセンターの皆さん、どうもお疲れ様でした。
また来年もこのイベントで皆一緒に楽しみましょう。
(^_^)

運営委員長
コメント

愛ランド2009in はぼろ (その4)

2009年08月25日 | ごあいさつ
【ボランティア愛ランド北海道2009・オロロンラインinはぼろ】2日目(2009.08.02)は、午前9時から羽幌町中央公民館大ホールを会場として、"全体会"が行われました。
【道新ボランティア奨励賞】贈呈式では、地元の"羽幌ボランティア友里の会"等10団体が表彰され、つづいて"羽幌町こきりこ唄保存会"による歓迎アトラクションが行われたのですが、これは見事でした。
神楽にも似た、そのあまりにも日常からかけ離れた唄と踊りは、殺伐とした現在の日本からすっぽりと抜け落ちてしまっている部分なのでしょう。
それだけに、自然とひきこまれ、すっかり見入ってしまいました。
そして、記念講演「サロベツに生きる動物たち」。
動物写真家・富士元寿彦氏がこれまで撮りためた映像とともに、動物達の様々な生態をご本人から紹介していただいたのですが、それらは我々の日常生活の中では絶対に目にすることができない、貴重な映像ばかりでした。
「自分達が住んでいる北海道って、こういう所なんだよな」と再確認した次第です。
さて、なんと4週にわたってしまいましたが、以上が【ボランティア愛ランド北海道2009・オロロンラインinはぼろ~ひと・まち・自然・おたがい様でありがとう】に参加させていだだいた記録及び感想等です。
これに関わったすべての皆さん、どうもお疲れ様でした。
(^_^)

運営委員長
コメント

愛ランド2009in はぼろ(その3)

2009年08月18日 | ごあいさつ
【ボランティア愛ランド北海道2009・オロロンラインinはぼろ】ネタは、まだ続きます。
(^O^)
交流会は、午後6時30分から羽幌町総合体育館パワデールで行われました。
テニスコートなら余裕で2面取れる広さの体育館に600人以上が集まったわけですが、壁際に置かれた特設のステージが何とも遠くに見えましたよ。
羽幌産の甘エビや、売り出し中のエビタコ餃子など沢山の料理やアトラクション、抽選会で大いに盛り上がりました。
交流会は立食で、増毛町から参加した我々11人は3つのテーブルに分かれてしまいましたが、運営委員長がお邪魔したテーブルでは洞爺湖町から来られたという3人のお母様達と話をさせていただきました。
こういったふれあいが"交流会"の本質であり、これがあるからこそ新たな活力が生まれるのでしょう。
(^_^)
つづく

運営委員長
コメント

愛ランド2009in はぼろ(その2)

2009年08月11日 | ごあいさつ
【ボランティア愛ランド北海道2009・オロロンラインinはぼろ】の各分科会は午後4時30分までには終了したので、次の日程の【交流会】(会場:羽幌町総合体育館)が始まるまで2時間ほどの時間が空きましたが、バラ園隣接の広場で【はぼろ商工夏まつり】が開催されていました。
この【はぼろ商工夏まつり】は毎年開催されているそうですが、今年は特別に【ボランティア愛ランド北海道2009・オロロンラインinはぼろ】に合わせた日程を組んでいただいたそうで、しかも、羽幌町さんのご好意により、交流会参加者にはなんと600円分のお買い物券が提供されました。
なんともありがたいことです。
(^_^)
交流会が始まるまでの約2時間、ここで楽しく過ごされた人が多かったのではないかと思います。
つづく

運営委員長
コメント

愛ランド2009in はぼろ

2009年08月04日 | ごあいさつ
平成21(2009)年8月1日(土)と2日(日)の両日、羽幌町中央公民館などを会場として、【ボランティア愛ランド北海道2009・オロロンラインinはぼろ】が開催されました。
実施主体は、"ボランティア愛ランド北海道2009・オロロンラインinはぼろ実行委員会"ということになっていますが、1年近くかかった準備や開催期間中の運営など、そのほとんどは地元・羽幌町の皆さんが大変苦労をされたイベントだったのでした。
参加者名簿には1,153人のお名前がありましたし、交流会出席者は621人と聞いてはいたものの、実際にはもっと多かったのではないかとの話でしたよ。
(^_^)
ホント賑やかでした。
さて、1日目はまず午後1時30分から、羽幌町すこやか健康センター、羽幌高等学校、苫前町、小平町など15会場に分かれて分科会が行われました。
我々増毛町ボランティアセンターは、【第11分科会/小さな画面で大きな幸せを伝える~もらって嬉しい絵のたより】と題した"絵手紙体験教室"の司会、記録、写真の係を担当し、講師は絵画サークル代表の遠◆武夫氏でした。
氏は以前羽幌町勤務だったそうで、現地スタッフには多くの知人がおられたこともあってか、とても和気あいあいと進行しました。
参加者の皆さんも約3時間近くの間、真剣に取り組んでおられましたよ。
(^_^)
つづく

運営委員長
コメント

ボランティア愛ランド

2009年07月21日 | ごあいさつ
【ボランティア愛ランド北海道2009/オロロンラインinはぼろ】が、平成21(2009)年8月1日(土)と2日(日)の2日間、羽幌町を会場として開催されます。
本日から11日後と、いよいよ日にちが迫ってきましたが、先週末には運営・分科会・交流会等の進捗状況についての確認を、同実行委員会において行いました。
事務局によると、参加総人数は1,150人とのこと。
これは凄いです!!
1日(土)午後6時30分からの交流会(羽幌町総合体育館パワデール)参加者は621人だそうですが、アトラクションとして行われる【留萌管内特産品おたのしみ抽選会】では、増毛町の特産品も当たりますので、どうぞご期待ください。
(^_^)
また、2日(日)午前9時からの全体会では、富士元寿彦氏(動物写真家)の『サロベツに生きる動物たち』と題した記念講演が行われるほか、【道新ボランティア奨励賞】の贈呈式が行われます。
オロロンラインの夏は素晴らしい季節ですので、参加を申し込まれた人は、どうぞお楽しみに。

運営委員長
コメント

お祭りでした

2009年07月14日 | ごあいさつ
今日までの3日間(7月12日から14日)は、増毛郡総鎮守である増毛厳島神社(増毛町弁天町3丁目)の例大祭でした。
最終日の今日は晴れていましたが、昨日の本祭はあいにくの大雨で、裃行列や神輿徒行に参加された方々は大変だったことと思います。
どうもお疲れ様でした。

運営委員長
コメント

設立総会

2009年07月07日 | ごあいさつ
当ボランティアセンターは町内各小・中学校、高校のボランティア担当教諭の皆さんにも運営委員をお願いしています。
運営委員長が知っている限りでは、かつて9校の枠があったのですが、町内の小・中学校統廃合により今では6校の枠にまで減ってしまいました。
そして、今度は北海道内の高校再編により、【北海道増毛高等学校】が平成22年度(平成23年3月)をもって閉校になってしまいます。
小規模校の良さを生かして様々な取り組みをしている高校が、全道各地から無くなってしまうのはとても残念に思うのですが、これは決定ですので仕方がありません。
閉校までにはまだ時間があるような気もするのですが、実はそれに向けた準備は着々と進んでいて、去る6月29日(月)には、【北海道増毛高等学校/閉校及び創立70周年事業協賛会】の設立総会が開催されました。
当日は運営委員長も出席させていただいたのですが、しかし、それは当ボランティアセンターの代表者としてということではなく、同校の同窓会副会長をさせていただいているからでした。
(^^ゞ
協賛会長から協賛会委員の委嘱状をいただき、今後(22か月間の)予定について大まかな説明を受けました。
どんな予算を組んでどんな事業を実施するか、今後はこの協賛会で、詳細を詰める作業が続きそうです。

運営委員長
コメント

草刈りのお手伝いは中止になりました

2009年06月16日 | ごあいさつ
6月11日(木)の実施を予定していた【忠魂碑草刈り】のお手伝いは、雨天のため中止になりました。
その後、振替の実施日を検討していたのですが、増毛町役場の他の部署が(別の場所の)草刈りをする際に、ついでにこの場所も刈ってもらえるように(課長さん同士が)調整したのだそうで、今回は我々ボランティアセンターがお手伝いする手間が省けました。
なんでも、大型除雪車を転用した草刈り機があるそうで、これなら8月も、いや、来年以降も大丈夫そうです。
(^_^)

運営委員長
コメント