ツークラ関東GUMI

ツーリングクラブ関東GUMI

バイク好き、ボルティー好きの仲間が集まって作ってます。
元Volty関東組

ZX曰く「僕は警告したのだよ」

2013年08月24日 | けんたの部屋

回想




7月31日(水) 晴れ

今日は久々の筑波サーキットの走行だ。
約2か月ぶりくらいかなぁ。



ここ最近仕事が忙しく、ZXに乗れるのもほんの30~60分くらいで、
しかも2週間に1回程度だ。



いつもよりも少し時間がかかって筑波へ到着。
ピットはほぼ埋まっているけれど、何とか空きを見つけて潜り込む。



いつものようにミラーを外したり、タイム計測器を付けたりと準備する。
準備運動をしたり、水分を摂って、さあ走行時間だ。




が、



セルを押しても、ZXはうんともすんとも言わない。
なんで??
昨日の夜積み込むときは、普通にセルは回ったのに。


いくら試しても、セルは回らない。
インジケーターは付いているからバッテリーではない。
ヒューズも飛んではいない。


もう走行が始まり、焦ってセルボタンを押すけれど、相も変わらず無反応。
原因が解らなくて気持ち悪いけれど、押し掛けでエンジンに火を入れる。
焦りながらも、暖機はしっかり行い、コースへ出る。


今回の練習テーマは
1.コーナーの奥までブレキングする。
 (要はより高い速度で侵入し、アクセル開けるところまで減速区間として使う)
2.フォームの変更。
 (より体をIN側へ落とす)
この2つを練習するのだ。



タイヤを暖め、ブレーキングの練習だ。
元々コーナー途中までのブレーキングはある程度できていたのだけれど、
ラジアルポンプを入れるまでは、ブレーキリリースでフロントフォークが
「ヒョコ」っと揺り戻ってラインが外へ逃げたりして、あまり上手くいったためしがなかった。

でも今日は割とうまくいってる。
コントロールしやすいよ。
まぁそのためのラジアルポンプなのだけれど。

でもタイムがいつも通りなのは、速度をコントロールしきれていない証拠かな。
どうしても車体をコーナー内側へ付けることができない。
ライン取りをもっと考えなければ。


もう一つの練習テーマのフォームの変更は、
最終コーナーがやり易いのでそこから始め、慣れてきたらほかのコーナーにも適用することにした。
その結果がこれ
     ↓


ニースライダーのさらに外側の上を使っちゃって、つなぎに穴が開きかけてる。

フォームの変更は、タイム短縮にはつながらなかったうえに、
つなぎに穴をあけかけた。
でも、なんか走りやすいので、思いっきり体を落としたフォームはしばらく続けよう。


タイムに変化はなく、いつも通りに1回目は終了。
タイムに変化はないついでに、油断をするとギア抜けるするのも変わらなかった。
高いオイル入れたから、治ると思っていたのに…。
ちょっちショック。




ピットに戻ってからしばらく休み、
「もしかしたら、走行後に治っているかも」
の淡い期待もむなしく、やっぱりセルは回らない。
セルに通電しない原因を探す。


ホーンもなるし、ウインカーも点滅する。
暫く考える。(@_@;)


もしかして接点不良?



しつこくしつこくセルボタンを押したり離したりを続けた結果、
やっと通電したよ!ヽ(^o^)丿



胸をなでおろし、2回目の走行。


タイヤが温まってムキになり始めた頃。
インフィールドで僕が速く、第2ヘアピンから第1コーナーまでに離されるといった車両2台に引っかかる。

冷静であれば、いったんピットロードに入り、距離を開けてから練習を再開するのに、
なんか調子に乗って
「絶対抜いてやる!!」
ってなってる自分がいた。


3~4周程度後ろに付き、
1台目は第1ヘアピンの侵入で、
2台目は思い切ってダンロップコーナーのアウトから被せて抜く。


この頃には、侵入でのハードブレーキング中に強引に倒しこむようになっていた。
筑波はグリップが良いから、かなり過信していた。


ダンロップコーナーから第2ヘアピンの侵入。
ここでもハードブレーキを掛けならが倒しこむ。


とたん、
「ガリガリ」
という音とともに右側頭部に衝撃。
でんぐり返しをしながら
鎖骨が折れたことを確信する。

もう一回転。
グラベルに滑っていくZXが見える。

「ああ、カウル割れたかなぁ。フォークは曲がった?」
廃車の文字が頭をかすめる。

まだ体の回転は止まらない。
あと2~3回転しながら路面に仰向けになる。

マーシャルが
「あぶないから起きてこっちに来て!」
と叫んでいるけれど、
結構頭を打ったんだよ。
鎖骨も折れたし。
不思議と寝転んでいるのが心地良かった。


少し落ち着き、何とか起き上がる。
寝転んでいるときは感じなかったけれど、
起きたら右鎖骨がかなり痛い。
正直、退避したところから動きたくなかった。


救急車が来て、自力で乗る。
医務室に行ったけれど、ここでは手に負えないとのことで、近くの病院へ。


レントゲンでは単純骨折に見えるけれど、
ドクターはそこには言及せず、
「これは手術だね」
と言った。
「え?!切らなきゃだめですか?」
「ここじゃできないから、地元の病院へ紹介状を書くけれど、たぶん手術するだろうね」

やっちゃったね。
お嫁様に何を言われるだろう。


レントゲン写真と紹介状を持ってサーキットへ戻ると、
ZXはトランポに積んであった。
サーキットの人が積んでくれたんだね。
ありがたい。
幸いZXには大きなダメージはなさそう。
少し安心。




さて、右肩はひどく傷むけれど、帰らなきゃ受診できないので頑張って運転する。
こういう時のためにトラックをレンタルして通っていたけれど、
ホントにこうなるとは。(/_;)


ただ交差点を曲がるだけでもかなり傷む。
左手だけで運転しても、ハンドル操作で体が動くとひびく。

渋滞の首都高を抜け家に着くと、連絡をしていたお嫁様が丁度帰ってきた。

お嫁様は、
「自分がZXをトランポから降ろさなきゃ!」
ってドキドキしながら帰ってきたみたいだけれど、
そんなの無理なことは分かっていたから、
帰る途中で近くのバイク屋さんで降ろして、ついでに預かってもらってきた。



地元の大きな病院へ行き、診察してもらうと、
「粉砕骨折だね。明後日手術しましょう」
「え?!(切るのはしゃーなしとして)単純骨折ではないのですか?」
レントゲンを僕に見せながら、
「こことここが折れているでしょう。一か所じゃない。プレートで繋げないと治らないよ。入院は1週間くらいかな」


ある程度覚悟はしていたけれど、
何とか固定して治りませんかねぇ。



長くなったので、闘病編へ続く。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 悲報 | トップ | けんた、とんでもない勘違い... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (M696)
2013-08-24 22:57:21
今、Moto2の第11戦チェコGP・予選ちょうど終わり、中上選手がポールポジション獲得!明日のレースが楽しみですね~
ブログ更新待ってますよ~
愛車 (ヨッシー!)
2013-08-25 00:39:36
ちゃんと愛車は警告してくれてたんですね!
うまく説明できないけど、そういうことってあると思います。
運転して帰って来たのはすごいです。
私もプレートとボルト入れたので、プレート仲間ですね
M696さん (けんた)
2013-08-25 11:28:46
チェコGPの決勝は今夜放送ですね。
BSがないため、それを見ないと結果が分からないです…。
中上選手はだんだん調子が上がってきているので、ぜひ優勝してもらいたい!!
ホントは富沢選手もいてくれれば…。

海外で頑張っている日本人には頑張ってもらいたいですね。


>ブログ更新待ってますよ~
ありがとうございます。
朝早く出勤し、遅く帰ってくるという、典型的な貧乏暇なしの生活ですが、頑張って更新しますね。
ヨッシーさん (けんた)
2013-08-25 11:35:29
そうなんです。
ZXはきっと警告してくれていたはずなんですよ。
それに気づかないうえに、調子に乗って走った結果がこれです。
高い授業料だった…。

骨折しながらの運転は2回目です。
1回目は右足の甲の骨を折ったまま、左足だけで出張へいったですよ。
しんどかった。

関東組、意外と鎖骨を折った人がいますねぇ。
鎖骨骨折の会ができるかも。
活動内容は特にないですけどね。

授業料 (たぬき ごんべい)
2013-08-26 12:58:14
退院おめでとうございます。

愛馬からの警告があったのかもしれませんが
なかなか感じ取ることが難しいですよね~。

粉砕骨折って名前だけでも恐ろしい響きです。

奥様に怒られそうですが、復活の日を祈っています。
たぬきさん (けんた)
2013-08-26 22:04:19
>退院おめでとうございます。
  ↓
ありがとうございます。
たかが1週間の入院でしたが、長かったー。

ある程度は覚悟していたですが、「粉砕骨折」って言われたときにはちょっちショックでした。
体にメスを入れるのは怖いですねぇ。

お嫁様はもとより、一族郎党からの圧力がすごいです。
たかが骨折なのですが、入院したという事実が大問題になっているですよ。
どうなるかは、つづきにて。
鎖骨じゃないんです… (ヨッシー!)
2013-08-26 22:44:59
私の場合は、股関節なんですよ

つづきを楽しみにしてます

コメントを投稿

けんたの部屋」カテゴリの最新記事