ツークラ関東GUMI

ツーリングクラブ関東GUMI

バイク好き、ボルティー好きの仲間が集まって作ってます。
元Volty関東組

【ラッキー】川口プールツーリング 【もう一本】

2018年09月10日 | たぬきの部屋

今年は猛暑と糖尿の運動療法を兼ねてプールへ行く回数が増えました。
数えてみたら7月は7回、8月は8回、9月は9回?

てなことで9月8日土曜日はプール遠征で川口まで行ってきました。
川口市戸塚スポーツセンターです。
 

入り口でプール入場券を購入し市外料金580円を受付で払って
自販機でスポーツ飲料を購入してプール方面へ歩いていったら、
受付のお姉さんに「当たってますよ」と呼び止められました。

「はぁ?」と思って自販機を見たらフィーバー中、
見事当たりとなってもう一本ゲット出来ました。


超ラッキー♪
人生2度目の自販機当たりです。川口市大好きになりましたよ。
ここはゆったりとした歩行プールやジャグジーもあって綺麗で良いとこでした。

しっかり運動したあとのお楽しみ。

お昼は前から狙っていた「桐龍」二郎インスパイヤ系ですがとても人気です。

13:10頃行列に並び始めたのですが、プールで運動したあとの空腹と
あとどれだけ並ぶかわからない焦りで耐えきれず、近くのラーメン屋さんへ行くことにしました。

 
東川口「ばんぶる」です。ここは味玉が美味しかったです。

食後に川口散策

道の駅川口、ここは夜間に何度か来たことがありますが昼間の施設が開いてる時間に来るのは初めてです。
 
植木や鉢植えが沢山あって面白いです。若い頃には興味が無かったのですが、
盆栽や苔など見ていて楽しい年代になってきました。

 
イルカやネズミやワニなどが植木で作られていて、さすが植木野町安行です。

九重神社へ御朱印をいただきに行ってみたところ、社務所はお休みでした。  
奥の方へ行くと「御嶽山」の看板がありました。 ここは安行で一番高いそうです。

早速頂上まで登る標高32mの登山となりました。

 
晴れてたら、榛名や赤城、筑波山も見える?



神社のとなりは密蔵院、春の安行桜がとても有名なところです。綺麗に手入れされてるお寺でしたよ。


スズキ(バイク) - バイクブログ村 ← I LOVE SUZUKI でポチッとな


原付きで行くと近くても遠いからツーリング行ってきた感があります。

 

コメント (6)

【強風30m】那須、茶臼岳、山登り【藤城清治】

2018年08月20日 | たぬきの部屋

今年はお盆休みが取れたので初心者でも登れる那須茶臼岳へ行ってきました。

この日の那須高原の予報は雨となってたので、翌日の晴天予報を信じて雨でも大丈夫なとこへ
行ってきました。

まずは那須サファリパーク
 
自分のクルマで回ろうとしたら、このキャンバストップの屋根は動物の安全に問題有りと言われて
バスで廻ることに。。。。屋根が開くって意外なとこで影響があるのですね、知らなかった。

 
バスから鹿やキリンへ餌をあげることができます。

その後雨の中、すごく評判の良い、藤城清治美術館へ行ってきました。
 
中は独特の影絵の世界、小さなころに見た懐かしさと3.11を題材にしてる
最近の作品まで見応えたっぷりです。


今夜のお宿は那須ハイランドパーク公式ホテルに泊まりました。
離れの宿泊施設となりますが、90平米あるような広々とした部屋と
お腹いっぱいのバイキングビュッフェにかけ流し温泉、
しかもハイランドパークの入場料が宿泊当日と翌日の2日間は無料では入れます。

翌日は晴れ渡り良い天気と思われましたが
那須ロープウェイ入り口へ行くとものすごい風です。
 
25m以下なら動くロープウェイもこの日は30mを超える風となり、
滅多にない強風のために中止となりました。
登山出来なく悔しいのでジャンプ!!

しょうがなので帰りがけに殺生石、からの温泉神社
 


御朱印帳を忘れてしまった、、、、。

 
南ヶ丘牧場で濃厚ソフトクリーム、濃くってバカうまでした。


外界ではこんなに良い天気なのに、13:30までロープウェイの動向をチェックしてましたが
結局強風のために運行してませんでした。

帰りがけに天水で天ぷら蕎麦を食べました。
 
これも美味しかったなぁ~。

てなことで帰ってきました。

またいつの日かリベンジ登山するぞ~


コメント (4)

あっちこっちのプールツーリング♫

2018年08月07日 | たぬきの部屋

今年は暑い熱い夏となってますね~。
どうりでバイクに乗るのもだるくなってしまうわけであります。

てなことで、バイクで出かけるのはプールになっちゃいます。
  
市川市民プール、ここは50Mプールがあってしかも8レーンの半分は大人専用となっていて
他は沢山混み合っていても泳ぎ専用レーンは空いてます。

 

流れるプールは人いっぱいです。



足立区綾瀬すいすいランドも行ってきました。
 
ここは半分外プールで室内プールも天井がこの時期開いていて、背泳ぎすると青空が見えます。
それほど日焼けを気にせず屋外プールの開放感を味わえて良いとこです。
ただ外気も取り込まれるのでこの日の水温は35度と温めの温泉状態。
でもまあチャプチャプ浸かってるだけでも気持ち良いものです。

あとは超地元の水元体育館プール
  
ここは2階にトレーニングジムがありますので、ランニングマシンやバイクや筋トレマシンで
たっぷり汗をかいて、プールでクールダウンすることが可能です。

台風や雨、そしてとてつもない猛暑の時はジム&プールのコンボで楽しめます。



関係ないけど近所のホムセンで時々見かけるSDR,小さくってキレイでフレームまでピッカピカ
SDRとっても好きです。


スズキ(バイク) - バイクブログ村 ← I LOVE SUZUKI でポチッとな


夏はプールと花火が楽しいアクティビティです。

コメント (6)

【天空】海の日連休人大杉の陣馬形山キャンプ場ツーリング 後半【無料キャンプ】

2018年07月19日 | たぬきの部屋

前半は ↓ こちら
【天空】海の日連休人大杉の陣馬形山キャンプ場ツーリング 前半【無料キャンプ】

ソロキャンプの朝は早い、テントから顔を出すと薄っすらと明るくなってきています。
富士山では無いけどご来光を拝みたかったのですが、雲の切れ間からのぼや〜とした夜明けとなりました。
日中は日差し強いものの朝方は19度の涼し気な快適気温。
 
ゆっくりとモーニングコーヒーを飲みながらパンをカジリ朝食です。

 
テントを撤収しバイクに荷物を乗せて出発しようにも隣に無理やり駐められたバイクのために
出発出来ず、たまたま後ろに駐めてた車が動いてくれたので出発することが出来ました。

キャンプ場をあとにして少し下った見晴らし駐車場で写真を撮っていると

同じく30代位のソロバイクキャンパーが来て少し話をするとこのキャンプ場では良くない思い出となったそうです。
やっぱり集中日ここへのキャンプ泊は避けたほうが良いです。

山を下り小渋ダムへ、ここは長野県で初めてのアーチダム曲線が綺麗で良いダムですが
人が全然いません。長野には沢山ダムがありますので珍しく無いのかもしれません。
 

次は諏訪湖方面へ目指すのに国道まで行けば楽な道路となるのですが、
せっかくの信州、狭そうな林道を走ることにしました。

 
陣馬形山キャンプ場へ行く道もそうでしたが、ここは1.5車線も無いほどの1車線道路が続きます。
対向車来たらどうしようなんて思ったけど、一時間走っても一台も対向車線に車もバイクも見えず。

次なる美和ダムへ到着です。ここも人はいません。
 
放流もされていて、虹も見えて綺麗なダムです。


諏訪大社方面へ向かうにはこのまま北上すると道は狭いけどなんとか行けそうです。

コケたら怖そうなのでゆっくりロー&セコンドで走りましたよ。
一応荒れた舗装はしてありますがブラインドコーナーが続きます。
ここも一時間ほど走りましたが、対向車も人も全くいません。
自分では気が付かなかったけどもしかしてこういう道が好きな変態かもしれません。
ボルティーならもっと楽しかったかも。

充分すぎるくらいバイクで森林浴を味わったのでいよいよ諏訪大社へ


せっかくなのでお参りの前に蕎麦を食べました。
参道にあるお店でしたので次回は本格的そば店でのソバを食べてみたいですね。

 
初めて間近で御柱祭に使われるお神木を見ましたが、デカさに圧倒されました。
木落しでは怪我人が出るのも納得です。

 
御朱印も拝受してから道の駅小淵沢にある温泉でお風呂休憩です。

 
夕方17:00までのんびりして日差しが弱く少し涼しくなってから移動と思ったら
まさかのカミナリとなって程なくザザーっと降り出しました。
スマホで天気予報をチェックしたら20:00まで降る模様。トホホホ。


濡れタヌキを覚悟で雨の中を外に出て乗り出す準備していたら、日差しが出てきました。
通り雨だったようです。でもバイクの上に残していたライジャケがびしょ濡れの天然の選択となりました。

小淵沢から順調に流れ釈迦堂で世界初?ここだけ限定フルーツソフトを食べました。
 
でもやっぱり信玄ソフトのほうが美味い、糖質制限中なので昨日から我慢していたソフトなので
それなりにメロンやパイナップルの現物が入っていて美味しかったです。

いつものように連休の中央高速は大渋滞、小仏トンネル付近は渋滞30Kmと表示されてます。
当然談合坂サービスエリアは入る車で溢れていて入り口あたりも大渋滞。
渋滞中の笹子トンネル内ではガス欠か故障かクルマが止まったようで4人がかりで手押ししていました。

なんやかんやでなんとか無事に帰ってこれましたが、我が家からこの時期のこっち方面は避けるべきでした。

都市型バイクボンネビル本来の使われ方とはちょっと違いますが、
林道の染み出し水や雨中走行やウェット路面で泥だらけとなっても走ってくれ、感謝しています。

スズキ(バイク) - バイクブログ村 ← I LOVE SUZUKI でポチッとな


でも同じルートを行くとしたら次回はボルティーです。

 

コメント (4)

【天空】海の日連休人大杉の陣馬形山キャンプ場ツーリング 前半【無料キャンプ】

2018年07月17日 | たぬきの部屋

何年前からかいつの日かと狙っていた天空の無料キャンプ場
長野県の陣馬形山キャンプ場です。

連休初日には足の踏み場のないほどの人が集まると聞いて
行くのをためらってましたが、7月14日(土)からの一泊でついに行ってきました。

 
最初はベースキャンプをこれまた無料キャンプ場の千代田湖キャンプ場にするつもりでした。
ここは携帯の電波も入らないほどの隠れた名所となってるキャンプ場です。
ここに泊まって翌日陣馬形山キャンプ場山頂から景色を堪能出来ればよいと思ったら
なんとこの日の千代田湖キャンプ場は団体さんの貸し切りとなって
一般の人は入れないとなってました。が~ん。

ということでまずは直接陣馬形山キャンプ場へ行って見るべいと朝5時に出発です。
多少の渋滞があったものの、談合坂サービスエリアで朝食です。
 
シンプルにチキンステーキ

中央高速を降りて、今はもう泊まることが出来なくなった道の駅蔦木宿へ
 
またもや 晴れに晴れたよ蔦木宿キャンプツー で泊まった場所でしたが、もうキャンプ禁止です。

トイレ入口にも「絶対厳禁!!」との大きな張り紙、マナーの悪い無法者がいたのかもしれません。
ここで摘みたてプチトマトときゅうりを買いました。

R152で南下すると、美和ダムが見えてきましたよ。
いい感じだったのでちょこっとUターンして写真を撮ったよ。

さて出発と思ったらこのガドレールが超えられない。
 
荷物満載のボンネは重い、、、。
荷物を降ろして再度挑戦、まだ重い、無理に越そうとすると反対側へバイクが倒れそう。
後ろのBOXを外して気合を入れて再挑戦、やっとこのスタックが抜けることが出来ました。
やっぱりボンネは重い、ボルならラクラクなんですがね~。

 
美和ダムでダムカードをゲットして道の駅南アルプス村長谷へ

 
10:15分ここで早めの昼食、もちきびカレーを食べました。どうせないダムカレー食べたかったです。

スーパーで質素な晩御飯などを買って天空を目指します。
ここより南側のR152は狭い狭い、1.5車線となり不安が募ります。
中澤峠を通ってR49、ここは1車線となり狭くてしかも急坂が続く。
あ~んボルで来たかった。
K210を通って最後折草峠、自分が持ってるマップル2015ではダート3.1Kmと書いてあります。
ホントに今もダートならどうしよ~と心配してましたが、舗装路で安心しました。
K210からはすれ違うクルマもなく、道があっているのか不安もありましたが
陣馬形山キャンプ場の道案内が出てきて一安心、この辺は山の中すぎてナビでも道が表示されません。
 
やっとの思いで12:15に無事到着です。早くもテント村状態、良い場所は全て埋まってます。
でもまあ樹の下のポイントが空いてましたのでそこで設営、トイレの脇ですが。。。
テントを張ったとこからも絶景が見えるのですが、頂上は歩いて3分のとこにあるので登ると360度の絶景頂上です。

 
良い場所をゲット出来れば、山男なみに眺望眺めながらのキャンプが出来ます。
当然ながらネットでの評判も高くソロキャンプツーの聖地とも呼ばれています。
その分人が多く集まると99%の良い人と1%のマナーをわきまえない人もいるので
このような集中日にはどうしても良い思いだけで帰れる人ばかりでは無くなります。

 
トイレは和式旧式なものの、緊急避難小屋の山荘も新しかったです。

幸いなことにお隣さんは25歳位のNinjya250乗りの爽やかな青年で、色々とお話しましたよ。
また後ろの方にいた60歳位のハーレー乗りの方はいつもはクルマで厳冬期に来ていて
今回始めてこの時期にバイクで来てあまりの人の多さにびっくりって言ってました。
金払ってでも違うトコ行けば良かったとも言ってました。

満タンな駐車場とテントサイト、それでも夕方6時ころまで新たなキャンパーがやってきます。

それでも夜の星空は綺麗だし眼下の夜景もとっても綺麗でした。
こうして夜は更けていくのであった。


後半へ続く

コメント (2)

【危険が】パッドが残ってないブレーキパット交換【危ない】

2018年07月04日 | たぬきの部屋

ボンネのブレーキパッドが少ないな~と思いながらも
見てないふりをしていましたが、NAPSのセール中とのことでついに買ってきました。 

ボンネ2005年の適合は フロント:RK814MA-X  リア:RK832MA-X です。
 
両方共4752円(税別)ですが、そこからセール中は10%引きでした。

 
リアパッドの交換はこの状態でパッドピンを少し緩めてからキャリパーを外します。

  
キャリパーが洗いやすいようにフレームの取り付けてあるネジも外します。
せっかくなのでキャリパーを水洗いからのブレーキクリーナーで汚れをゴシゴシと
そしてピストンも綺麗にして、周りに薄くシリコングリスを塗りました。

 
パッドを外して見てびっくり、ほぼほぼシューが無くなって金属部が見えてたよ。
非常に危なかった~~、ディスクローター少し削れたかもしれませんね。
新品パッドのカドは当たりをだすためにヤスリで面取りして組み付け。
 
かなり薄い状態で使用してピストンも飛び出してた状態でしたので
パッドを入れてC型クランプでグイっと押し込んでパッドをはめました。
しっかりと取付後、ブレーキレバーをニギニギで当たりをつけます。

次回からはこのブレーキサインならぬパッドラインをチェックしますよ。


続いてフロントも外しましたがまだパッドが新品に近い状態でしたので
元に戻しました。


交換後にさらっとお散歩、リアブレーキもしっかり効いて安心ライドです。

ちなみにナップスだと交換費として1620円しかも外車だと1.3倍なので2106円、
しかもこの日はセール中なので、午前中に交換へ預けたとしても20:00頃になるかもとのこと。
愛着を持つためにも自分でメンテするのも良いですね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ← ブレーキは大切です


あ゛~危険が危なかった~

コメント (2)

【バイクにポピー♪】天空のポピー秩父高原ツーリング【金昌寺】

2018年06月04日 | たぬきの部屋

ID:j1tcs6

今の時期が最高の「天空のポピー」秩父高原へ
この日も晴れて梅雨前の貴重なツーリング日和でしたね。

まずは山のクネクネを楽しむために、R299から正丸トンネル手前から
林道へ

刈場坂峠→大野峠→白石峠→K172で下界へ


K172はローディーがいっぱい、坂バカが集まってタイムアタックする聖地でも
あるのでこの日もたくさん走ってました。
いつもこの道は夕方ワラビーさん先導で秩父ツーの帰り道に通ってましたが
午前中通ったは初めてかも、この日は車も多く走っていて
対向車が自転車を追い越す車が怖かった~~~

山から降りて2016年10月7日に登録されたばかりの
「道の駅和紙の里ひがしちちぶ」へ

 
ここはまだ新しいのですごく清潔感があります。
 
しかも裏手には広い日本庭園があって小さな滝も流れてて癒やされます。

 
粥新田峠を通って「天空のポピー」会場へあと500mのところから
かなりの渋滞ちう、皆野方面からくると渋滞してないですよ~。

暑かったけど高原の風が爽やかで気持ち良い

もう満開のポピーに包まれ、頭の中までお花畑です。

 

これだけの咲き誇りは日立海浜公園のネモフィラを思い出しました。
https://blog.goo.ne.jp/volty_kantou/e/f9e614428fc4f450870909ac9c07ab3d

青い空とピンクと赤のポピーのコントラストが良いです。

 
会場近くの彩の国ふれあい牧場へも行きましたよ。

 
お腹は弱いのですがおいしい下界を見ながら牛乳を飲みました。


そんでもって牧場でのソフトクリーム、ミルキーですんごくうまい、しかも300円とリーズナブル

山門の大草履と千体もの石像で有名な「金昌寺」へ
 

無数の石像がたくさんあってしかもそれらは400年以上も前なので見ごたえがあります。
 

 
入り口の山門には大草鞋の他にこのような守り神が迫力で迎えてくれます。


御朱印を拝受して芦ヶ久保へ


道の駅芦ヶ久保は今日もたくさんのバイカーがいました。


 にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ ← 夏は高原、林道も気持ちよか♪


秩父は見どころ沢山、また行きたいなぁ


コメント (8)

【自分でやれば】 ボンネビル ユーザー車検 【3万円お得】

2018年06月01日 | たぬきの部屋

ボンネを購入して2回目の車検となり、前回はバロンでそのまま車検をお願いしたのですが
今回は浮いた費用で美味しいものを食べるためにユーザー車検にしました。

前回ユーザー車検へ行ったのは2010年4月、あれから8年前回はセブンでしたが
今回はボンネビルです。

前回 ↓ 2010年04月29日「どしゃ降りのユーザー車検」
https://blog.goo.ne.jp/volty_kantou/e/1c4cc427b1fdaf5c5adceb22b2cff85e


【準備編】
一度経験してるので、なんて軽く考えてましたが前回の記憶がほとんど残ってません。
準備としては書類を揃えるのと車検対応バイクにすることです。

・バイク編
ほぼノーマルで乗ってますので弄るとこはあまり無いのですが、
大型スクリーンが付いてるのでそれを外しました。
 
外さなくても車検は通るようですが、スクリーンのフチにモールを付けないと通らないかも?
という情報があったので念のために外す。
光軸はバロンでオイル交換を頼んだ時に調整して貰いました。

・予約
うちから足立車検場は6Kmほどで近いですので前回同様ここを選択して
朝一番(ラウンド:1-1 受付時間:08:45~10:15 検査時間:09:00~10:15)
のネット予約しました。
美味しいランチ食べるために朝一で行くことに。

・書類編
自動車検査証、自動車損害賠償責任保険証明書←これはバイクに積んである
軽自動車税納税通知書兼領収証書 ←これは今年コンビニで払ってきた。

この3つがあれば良いですが、念の為ネット予約して届いたメールも印刷して一緒に持っていきました。
点検整備記録簿とハンコとA4バインダーとクリアファイルがあるとなお良いです。


【車検当日 書類作成編】
足立車検場はA,B,C棟に分かれてます。
まずはバイクが停められてるあたりに駐車して、A棟のユーザー車検8番窓口へ
「自動二輪の継続検査です」と行って持ってきた書類を提出しました。
この時「点検整備記録簿は?」と聞かれましたが「持ってきてません」と答えると
「きちんと点検して下さいね」とのことでした。はい点検します。
3枚の書類を貰えるのでその書類へ名前、住所、バイクの型式、車台番号等書きました。

重量税のとこは勝手に前回の車検証を見て同様の金額3800円と記入しました。
それらの書類を持って道路を挟んで向かい側の建物で必要な印紙を購入し書類へ貼りました。
押印箇所があったので人差し指で押印を、、、、ハンコを持ってくれば良かった。

書類を整えて再度A棟8番窓口へ提出、ここで重量税が600円上がって4400円とのこと。
再度印紙を購入したとこへ再訪して足りない印紙600円を購入。

初期登録から13年以上経つと4,400円になるのです。
ボンネは2005年車なので4400円、古いバイクとなってます。

再度A棟8番窓口へ提出し書類編は終了し、検査ラインへ


【車検当日 検査ライン編】
ラインに入ると係官がまずは外観チェック、マフラーにセンサーを突っ込んで排ガス検査、
「ウィンカー、ストップランプ」と点灯確認。
それから「ホーン鳴らしてください」ということで、鳴らそうとスイッチを押したが鳴らない。
「え~~」っと焦ってしまったら、係官が親切にホーンの「スイッチは左側ですね」とご指摘いただき、
左側スイッチを押したら見事に鳴りました。購入してから全く鳴らしたことが無かったです。
一生懸命押してたのはセルスイッチでした。
ボルもコレダもセブンもホーンは右でしたので完全に思い込みでしたね。

次に「ハンドルをロックして下さい」との係官のお言葉。
こんな検査あったっけ????
またもや「え~~」っと焦ってしまいました。
と言うのもボンネはメインキーとハンドルロックの鍵が違うという不便さを持ったバイクです。
自宅ではバロンロックを掛けてるのでハンドルロック用の鍵は掛けたことはありません。
なので当然ロック用の鍵を持ち歩いてもいないので、ここでアウト~。

8年前の記憶が定かでなく、バイクも変わったにも関わらず事前調査が足りませんでしたね。
「あとでハドルロックの鍵を持ってきます」とのことで次なる検査へ

ローラーの上にバイクを乗せて時速40Kmでのスピードメーター誤差チェック
少し進んで前後ブレーキの制動力チェック。
まずはハンドルロックを家に取りに帰りもう一度足立車検場へ


足立車検場の隣にある予備車検場「白光電機」ここは一見さんはお断りです。
でもここで自賠責保険に入れば1620円で光軸調整を行ってくれます。(2018年5月現在)
次回もここで自賠責保険に入って光軸調整して貰ってから車検場へ入ろうと決意しました。

再度、車検場へ行き6番のバイク検査ラインへ
先程の検査員に「ハンドルロックキー持ってきました。」と偉そうに言いましたよ。

ハンドルがロック出来たのを確認し光軸検査マシンでチェック、流石にOKの○マークが点きました。
高速の料金所みたいな場所へ用紙を渡すと「A棟の7番へ行って下さい」とのことで、
提出すると無事コーヒーまみれとなっていた車検証からおニューのピッカピカ車検証になりました。

それと32年6月迄のナンバーに貼るステッカーも無事ゲット、これでまた2年楽しめます。
もちろん自己整備もやりますよ~ん。

【費用編】
自賠責保険……11,520円(24ヶ月加入時)以前は13,640円でしたので少し下がりました。
重量税登録から13年以上……4,400円うちのボンネは13年なので4400円でした。13年未満は3,800円
証紙・印紙代……1,700円
光軸調整……… レッドバロン 2,400円 せっかく調整してもらったけどヘッドライトがゆるゆるでは意味がない
光軸調整……… テスター屋  1,620円

合計 21,640 円 バロンに余計なお金を掛けなければ2万円弱でした。
ちなみに2年前バロンで車検して貰ったときは67,578円でした。
この金額の中にはブレーキパッドやフルード交換も入ってるけどやっぱり高い。

予定より時間がかかってしまったけど、浮いたお金で嫁さんとオサレなイタリアンランチして来ました。
もちろん車検明けのボンネタンデムで行ってきましたよ。

【2年後の自分へ】
まだボンネに乗っているかわかりませんし、自分自身が生きているかどうかわかりませんが、

次回のために備忘録
スクリーンを外す、ハンドルロックキーを忘れずに持っていく。
自賠責は予備車検場「白光電機」さんで加入しここで光軸調整をして貰ってから検査場へ行く。
せっかく持っていったA4バインダーだったがバネが緩くなっていて使いにくかった。
百均で新しいものを買うべき。

普通に準備していれは車検場に到着してから帰るまで1時間弱だと思います。
2回目のユーザー車検でしたが、ほぼ一回目のユーザー車検のようでした。

浮いたお金でちょっとオサレなイタリアンで嫁さんとランチ、もちろん車検あけのボンネで行きましたよ。
 
もちろん美味しかった~。


 にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ ← さ~って今日は何位でしょ♪


次回は40分で終わるかなぁ?

コメント (4)

【千枚田】懐かしのミルメイクツーリング【保田小学校】

2018年05月15日 | たぬきの部屋

房総半島で前からちょっと気になっていた千枚田へ5/12(土)に行ってきました。

お天気も良くって春の日差しを感じながらゆったりトコトコ下道で、南房総方面へ。


まずは、やまくらダム、昔のダムは水力発電がありましたが、
今どきのダムは太陽光発電ダムもあるのですね。
 
湖面に沢山浮かぶソーラーパネル

 
太陽光パネル敷地面積161,241平方メートルってデカイ。

そして来ましたよ。千枚田

 
のどかな風景です。

 
千枚田から見下ろす景色と谷側から登ってくる爽やかな風が心地よい
千葉なのを忘れてプチ長野。。。。


田んぼでは小さな子どもたちが泥んこになりながら田植えをしてました。
農機具マシンが入らないこの棚田でお米の生産を続けていくのは大変ですよね。

次は佐久間ダムへ
 

水をたたえてキラキラ光る水面を眺めてるだけでも落ち着きます。
 




高橋尚子と小出監督の石碑もあります。

そして千枚田と同様に行ってみたかった2016年にオープンした
道の駅保田小学校へ
 
ここは小学校の建物を利用して作られた道の駅です。なので二宮金次郎像もありましたよ。


  
ここで少し遅めのランチ、この給食を食べたかったです。

揚げパン、ナポリタン、鶏のから揚げにクジラの唐揚げ、牛乳、クレープ
そして昔なつかし「ミルメイク」

  
昔の給食のようにアルマイトの食器に盛られて登場

ミルメイクは牛乳に入れてシェイクするとコーヒー牛乳になるというすぐれ物
 → 
お~~~、この懐かしの味、40年振りのミルメイクだ。
クジラの唐揚げも懐かしい味です。

帰りがけ、せっかくなので海へ
 
ひろ~い海は気持ち良い。

今回は春風を受けて何処かの変態さんのようにALL下道で、往復285Kmのソロツーして来ました。


 にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ ← ミルメイク大好きだよ♪


ホントは牛乳苦手だけどミルメイク入れるとウマイのさ


コメント (4)

樹齢400年般若院枝垂れ桜ツーリング

2018年03月31日 | たぬきの部屋

桜の良い季節となって、バイク乗りも良い季節になってきましたね。
ってことで3/25(日)桜の名所へ行ってきました。

家の近くでも満開、日本中桜だらけですね。

 

行きすがらアド街っく天国松戸特集で紹介されていた、マツキヨ発祥の地であり本社ビル前で
 
「マツモトキヨシ」って最初に聞いた時変な名前のお店だと思ってたのに今は当たり前になってしまった。

途中我孫子にある煮干し中華そばで有名なのじじでラーメン
 

 
煮干中華そばチャーシュー乗せ、さっぱりして女性も大好きになるラーメンです。器もオサレ

そして目的地龍ケ崎市の般若院、今が見頃の樹齢400年の枝垂れ桜へ来ました。 
品種は、エドヒガン、樹高約10メートル、枝張り東西15メートル、南北22メートル。
天然記念物、茨城県指定文化財です。

 
この時期だけの桜の綺麗さがスゴイです。歴史の重みを感じますね~。
御朱印帳も持ってきたのですが沢山の人出で遠慮しました。

帰りがけなんだか見たことある建物っぽいと思ったら、幻のロッキーバーガー跡地です。
 
残念ながら閉店してしばらく経っているようですがここにもあったのですね。


てなことで、行きは千葉側、帰りは茨城利根川沿いで帰ってきました。

ほのかな暖かさと少しの寒さが同居するこの季節、バイク乗りに優しい季節になってきましたね。

コメント (4)