enchilada de voll

Guitarist

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Memorandum〜学校編〜

2021-05-01 | 窓の、向こうへ
教師に求めるものは、日々変化している。昔のような過剰な指導は日常的では無くなったし、「お客様サービス」的に教育を行っている学校もある。「ありがとうございました!またのお越しを心よりお待ち申し上げます!」。それは大きな変化だと思うけど、それでも「公教育の権利」を主張し、メチャクチャな論で教師を襲う親子の話を耳にする。それぞれの立場の人間は、ある一定の法律に守られている。「自己都合の論」では、相手を困らせることは出来るが、根本的な解決に至らない。
コロナ禍の今、先生は結構振り回されながら頑張ってると思う。コロナの影響も公教育の変化も、現場の教師が変えたのではなく、社会が変えていったものだ。教師はいつの時代も、きっと目の前の子どもの指導をすることに精一杯の力を注ぎ込んでいて、周りのことなんて見る余裕はなかったに違いない。まして組織を変えるなんて、残業手当もないのに出来やしない。とんでもない教師もいるが、それは採用した人間の責任でもあるし、どの仕事でもとんでもない事をしでかす奴はいる。教師の力量不足についても、どんな職業でもスタート地点からプロフェッショナルな人間なんて存在しないので、同じように研鑽をしながら成長するべきだと思う。保護者や上司に叱られたら謝り、自分の成長の糧にすれば良いと思う。
でも、このままだと、誰も先生やらなくなってしまうなぁと思う。
子どもをもつ保護者としては、うーん、学校に何を求めるかな。俺は「楽しく過ごして欲しい。」かな。「しっかり基礎的な学力をつけてほしい。」もあるか。それに「いい仲間と出会って欲しい。」かな。特にそれ以外はないな。「先生、よろしくお願いします。」だな。我が子が勝手なことして人を傷つけたら当然、「申し訳ありませんでした、監督不行き届きでした。」と謝るし(実際、そんなことは多々経験済み)、納得できない事も沢山あったけど、そんな時は、寄り添って対応してくれた。我が子が悪くないのに悪くなった時、当然話には行ったけど、子どもって、大人が知らないところでとんでもないことしてるものだからなぁ(笑)「今後もよろしくお願いします。」しかないよなぁ。先生は我が子の先生であって、我が子の事を考えてくれてるだけでも、感謝しかないと思ってる。俺たち大人の先生ではないのに、俺たちの愚痴を聞いて、面倒まで見てくれる。俺たちは俺たちで、責任もって子どもを必死で育てないといけない。責任は、圧倒的に親にある。大きな組織だから、考えもなくその場しのぎで対応してくることは稀だ。親には子どもに教育を受けさせる義務がある。決して楽ではないけど、子は己ではない故、気張って頑張らないといけない。
今そう思う。

続く。
Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

美しき国、徳島

2020-08-12 | 窓の、向こうへ
みなさんはどんな夏、お盆を過ごされますか?
それぞれ思い思いの2020年の夏を過ごされていることだと思います。

今年もお墓参りに行きました。
会ったことのない、ひいおばあちゃんのお墓ですが、僕にはそこしかお墓がないのでそこに毎年行っています。


「それなら会ったことのある奴のお墓参りに行けよ」
そういえば、友達の◯◯や、◻️◻️のお墓を知らない!
調べる…うーん、ご両親に聞きに行くのも、ちょっと失礼な気もするし…、うーん。
行きたいんよなぁお墓参り。
一人だけ知ってるんだけどなぁ。
京都に戻ったら、聞いてみようと思います。
知ってる人がいたら、教えて欲しいです。

徳島は阿波おどりの日だったのに、中止ということで、NHKで去年の阿波おどりの映像が流れています。人の息吹に感動してしまう。人のパワー、人の目、真剣な顔、そして受け継いできた「思い」。

明日眉山に登り、徳島という美しい土地を一望したいと思います。受け継いできた伝統文化を絶やさず、信念を貫き、そして、踊りという芸術によって人の心を動かす。
今しか味わえない素晴らしいもの。

失うものがあっても、得るものはありました。
去っていくものたちは幸せであって欲しい。
人の幸せは、決してあいまみえるだけ、ではないものだと痛感します。

生きてきた土壌が違うとこうまでもあいまみえないものなのかな。そうは思わないけどね。
正しいことばかり言っていれば必ず幸せにできるとは限らないですね。

歌詞を書き、少し勉強して、ゆっくりしようと思います。
では、さようなら。
Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やきつく記憶

2020-05-28 | 窓の、向こうへ
鮮やかな青
色の深みはまるで
従事者への労い心を表すよう

ノートルダムのライトアップ

景色は目にやきつけようと意識してまわってきたけど、忘れていくもんか…。
Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2020/05/19

2020-05-28 | 窓の、向こうへ
何かおかしい。
感染者数が減った理由はなんなん?
自粛でおさまったならまたおきるやん??
えー。どういうこと?

ま、結果オッケー?

うん
何かおかしいぞ、全てが

何で日常に戻れた?
おかしいね

Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

焼きすぎたスルメ

2020-05-12 | 窓の、向こうへ
今日の写真は、先日焼きすぎたスルメイカです。
細くなってしまうし、旨味も飛んでいくしで、散々と言えば散々。。。
部屋中、イカ臭いという結果に、残念の一言でしたが、むむっ?
噛めば噛むほど、美味しい!!!

先日、夢を見ました。
長い夢だった。淡い昔の安アパートで、二人でしょうもない話をしながら、駅前の飲み屋に飲みに出る。大学にも忍び込んで講義を受けたり、笑ったり。
良い夢でした。
スッキリ起きたけど、長い夢だった。
長い夢から覚めて欲しいね。
いつまでも幻は追い続けられないからね。
Comment
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする