キャラクタービジネス情報ブログ

キャラクタービジネス情報を発信するボイス情報の公式ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マンガ大賞2017「響」、他12作

2017-05-30 09:00:00 | マンガキャラクター
こんにちは、キャラクタービジネス情報のボイス情報です!

「マンガ大賞」に『響』
マンガ好きの有志が「面白いと思ったマンガを、その時、誰かに薦めたい!」を合言葉に2008年から始まった「マンガ大賞」。今年の結果がこのほど発表された。『ダンジョン飯』(九井諒子』や『ファイヤパンチ』(藤本タツキ)といった話題作を抑えて大賞に輝いたのは、柳本光晴の『響~小説家になる方法~』だった。

1次審査では前年に単行本が発売された作品から1人の選考員が最大5作品に投票し、得票数上位13作品を選出。2次審査では13作品から1、2、3位を選び、合計ポイントで対象を決める。
今年の傾向について、実行委員である、ジュンク堂池袋本店の田中香織氏は「例年は1次審査で票がばらけますが、今年は過去最高の253作品が挙がったにもかかわらず、『響』は満遍なく表が入りました」と語る。
『響』は、15歳の少女・響が新人賞に投稿した小説が文学界を震撼(しんかん)させる物語。響の小説や揺るぎない生き方によって変わってゆく周りの小説家、編集者、同級生を描いた骨太ドラマで「マンガの新たな可能性を見せてくれた」という講評もあった。
マンガ大賞の選考対象は、昨年発刊の作品の中でも最大8巻までという。刊行サイクルが早い、週刊誌や隔週誌連載にもスポットを当てるのが狙いだ。1次審査では選考員が読んだことがなかった作品の数巻分を一気読みして「こんな面白いマンガがあったんだ!」と票を入れ、得票を伸ばすことがあるという。そこには作品の力が表れ、『ちはやふる』(09年)や『テルマエロマエ』(10年)など大賞になった作品のほぼ全てが映像化された。
手弁当で始まり、広く注目されるようになったマンガ大賞だが今、大きな変換期にあるという。
「昨年、大賞だった『ゴールデンカムイ』は、アマゾンさんの売り上げで一度も紙が電子に勝っていないんです。ついにこういう時代が来たと思って」と書店員としては複雑だと語る田中氏。
「電子の世界では縦スクロールの作品や無料の作品が増え、読む側の意識を大きく変わってきました。『失敗したくない』『人が面白いというマンガを読みたい』という意識が高まっています。マンガはSNSなどで感想を共有するコミュニケーションツールにもなっています」
現在のマンガ大賞は選考対象を紙で刊行された作品に限っているが、今後、電子書籍をどう扱っていくかは大きな課題になるという。配信期間や巻数で区切るか、その場合単話売りをどうするか。「コミックの形は確実に変わりつつあると思います」

【マンガ大賞2017の結果】
大賞 柳本光晴「響 ~小説家になる方法~」(小学館)
2位 岩本ナオ「金の国 水の国」(小学館)
3位 九井諒子「ダンジョン飯」(KADOKAWAエンターブレイン)
4位 小林有吾/上野直彦「アオアシ」(小学館)
5位 沙村広明「波よ聞いてくれ」(講談社)
6位 出水ぽすか/白井カイウ「約束のネバーランド」(集英社)
7位 堀尾省太「ゴールデンゴールド」(講談社)
8位 藤本タツキ「ファイアパンチ」(集英社)
9位 押切蓮介「ハイスコアガール」(スクウェア・エニックス)
10位 山本崇一朗「からかい上手の高木さん」(小学館)
11位 高野ひと深「私の少年」(双葉社)
12位 東村アキコ「東京タラレバ娘」(講談社)
13位 桑原太矩「空挺ドラゴンズ」(講談社)

(「日経エンタテインメント!」5月号の記事を再構成)
(参照:2017年4月29日 日経MJ)

少し古くなるが、2008年から始まった「マンガ大賞」。マンガ好きの有志が「面白いと思ったマンガを、その時、誰かに薦めたい!」を合言葉にできた。2017年の大賞に輝いた「響~小説家になる方法~」は「ビッグコミックスペリオール」で2014年から連載されている柳本光晴の作品で小学館からの発刊となっている。
実行委員会の発表によると、選考員からは「純文学というテーマを、こんなに面白いマンガにできちゃうなんて本当にびっくり」「不器用ながらも自らの価値観や信念に従って正直に生きる天才『響』の姿はとても人間臭く、不思議と身近に感じることができる」など評価が高かったようだ。
その他、上記のように13位まで決まっているが、出版社を見ると小学館、講談社、集英社の大手3社がほぼ占め、なかなか他の出版社からの大賞は難しいようだ。
これまでの対象になった作品で「ちはやふる」(09年)や「テルマエロマエ」(10年)など、ほぼ全てが映像化されていて、マンガ大賞は単に紙媒体だけでなく映像化、電子化などに変化する変換期にあると言われている。これからは更に内容のある力作が大賞になり、映像化される事が多くなろう。
【参照:ウィキペディア


追記:現在、当社ではキャラクターを中心に各業の中で、この業界に詳しい、または調査や分析をして発刊作成をしたいとう意欲ある人を求めています。お問い合わせがあればお尋ね下さい。


キャラクタービジネス情報のボイス情報
http://www.voice-joho.jp/
〒113-0034 東京都文京区湯島1-11-8 岡ビル202
TEL 03-5840-9620/FAX 03-5840-9624
新刊案内



ライセンシー名鑑2017

コメント

GINZA6のバブル状況

2017-05-23 09:00:00 | キャラクター屋の日記
こんにちは、キャラクタービジネス情報のボイス情報です!


バブル中に公私共に良く通った銀座に、今年始めて、5月21日に家内と出かけた。折からの好天というよりも酷暑にも関わらず、午後の銀座中央通りは昔のバブル期を思い出せた。

しかし、よく見ると若いカップルが多く、かってとは少し客層が異なり、ビル街も老舗に混じってラグジュアリーブランドの進出と、ユニクロ、ジーユーが立派すぎるビルを構え、ちょっと見には安価なファッションを売っているようには見えない色彩を添えていて、混然一体とした街並みを作っていた。

かって古臭かった銀座松坂屋は混雑も多く、混雑も多く街に君臨するような様相を呈し、若いカップルを中心に混雑していた。客層の違いにしみじみ年月を感じたのは小生だけだろうか?

一世帯(2人)で約1800万円の貯蓄があるという我が国40~50代の家庭の豊かさなのだろうか、テレビでアンケートしていると、1000万円台をキープしている家庭は一部の地域の一部の世帯のように感じたが、街に出てみると確かに金がないとは思えない雰囲気である。

ファッションを中心にGINZA6を見てみたが、下記イメージのようにラグジュアリーブランドは相変わらず強いが、その他国内外のブランド殆どが知らないものになっており、時代の流れと企業の優劣を考えさせられた。

全国の小ブログのファンの方の参考になるか、GINAZA6のフロアガイドを入手したので、是非GINZA6に足を運び、我が国を豊かにしてほしいものだ。


B2


B1階


1階


2階


3階


4階


5階




追記:現在、当社ではキャラクターを中心に各業の中で、この業界に詳しい、または調査や分析をして発刊作成をしたいとう意欲ある人を求めています。お問い合わせがあればお尋ね下さい。


キャラクタービジネス情報のボイス情報
http://www.voice-joho.jp/
〒113-0034 東京都文京区湯島1-11-8 岡ビル202
TEL 03-5840-9620/FAX 03-5840-9624
新刊案内



ライセンシー名鑑2017

コメント

「ぐる問100」~渋谷から脱出~

2017-05-15 11:25:33 | 月刊ライセンシング・ブックス
こんにちは、キャラクタービジネス情報のボイス情報です!

(株)スクウェア・エニックス スマホアプリの位置情報RPGでARを活用し、渋谷を舞台に『脱出ゲーム』のサプライズイベント
 
(株)スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田洋祐)は、同社初のスマートフォン(iOS、Android)向け位置情報RPGアプリとして2016年11月1日に配信開始した『ぐるモン』において、AR(拡張現実)と脱出ゲームを融合させたイベント『「ぐる問100」~渋谷から脱出~』を開催した。
同イベント手法が、位置情報にアプリとリアルが組み合わされた、これまで類を見ない新たなゲームイベントであったことから、IT関連業界を中心に多方面から注目された。

『ぐるモン』は、「選ばれし者」である主人公(プレイヤー)が、人の思いなどから生まれてくるかわいいオンスター「ぐるモン」を集めて育てる「モンスター育成RPG」のアプリ。プレイヤーはぐるモン事件解決のために、パートナーのぐるモン「ネムタマ&ナルスター」と一緒に日本中を冒険する中で、仲間となるぐるモンを「スカウト」して集めていく。かわいくコミカルなビジュアルのぐるモンは初期時約270種類で、毎月またはイベント開催時などに随時追加される。
また、ARモードやジャイロ操作などのオリジナル性の高いコンテンツが搭載されているほか、かたぐるました状態の上下ぐるモンたちが繰り広げるターン制バトル「かたぐるまバトル」を楽しめる。バトルでは、プレイヤー単身でのソロプレイに加え、近くにいる仲間(最大3人)と協力することでガードや必殺技を繰り出すこともできるマルチプレイの両方を楽しめる。

今回開催されたイベント『「ぐる問100」~渋谷から脱出~』は、スマートフォン向けゲームアプリなどで多々開催されるエイプリルフールイベントとして、3月31日~4月13日に実施された期間限定イベント。
通常はアプリを起動すると、位置情報機能により各プレイヤーの利用状況に応じた地域が表示される。しかし今回のエイプリルフールイベントでは、プレイヤーがぐるモンの「スカウト」ボタンを押すと渋谷の街に強制ワープさせられてしまう。
その後はプレイヤーの所在地などに関係なく、すべてのプレイヤーが渋谷の街に閉じ込められ、プレイヤーは街中を移動しても、時間が経過してもそのままでは渋谷の街から離れることができない。唯一渋谷から脱出できる手段は、マップ上に表示されている桜ハートを削ってぐるモンを取り除き、隠されているクイズ100問を全問正解することであった。

<後略>

(参照:月刊ライセンシング・ブックス 5月号)

今回の記事は、弊社発刊の「月刊ライセンシングブックス」5月号から、一部抜粋した。
詳細な内容は「月刊ライセンシング・ブックス」5月号をご覧頂きたい。
「月刊ライセンシング・ブックス」は毎月キャラクター、ブランドのライセンス情報を多数収録しており、最新のライセンスビジネスを見るにあたって非常に有用なものとなっているだろう。
詳しい情報はこちらをご覧頂きたい。

感謝。

追記:現在、当社ではキャラクターを中心に各業の中で、この業界に詳しい、または調査や分析をして発刊作成をしたいとう意欲ある人を求めています。お問い合わせがあればお尋ね下さい。


キャラクタービジネス情報のボイス情報
http://www.voice-joho.jp/
〒113-0034 東京都文京区湯島1-11-8 岡ビル202
TEL 03-5840-9620/FAX 03-5840-9624
新刊案内



ライセンシー名鑑2017

コメント

五月の風と人間の品格

2017-05-11 09:00:00 | キャラクター屋の日記
こんにちは、キャラクタービジネス情報のボイス情報です!

5月に入って薫風の時期となった。例年だと5月の連休中に根津のつつじは満開にになり、不忍通りは鑑賞の人たちで一杯になるのが通例であった。しかし、今年はその期間、花が咲き遅れ、テレビでの放映もなく人通りも少なかった。北朝鮮のミサイルに恐れをなして人が出ていないのではないかと思うほど北朝鮮の報道が毎日続き、ついに連休中にミサイルを発射して失敗。

その後、トランプ大統領はまぁまぁの実績で100日の「ハネムーン」を終えて、「金主席は頭のよい坊や」だと余裕の発言。その裏で米韓、日米は軍事訓練を行い、空母「カールビンソン」を日本海に配備、日本は初の艦船による防衛をフィリピン沖まで行うというきな臭い情勢を作り上げている。

金主席は北朝鮮で独裁者として君臨しており、アメリカでは民主主義の中での独裁者トランプ大統領が日本の首相はもとより、中国や韓国を見事に手懐けている。

一方、我が国は安倍首相の「お友達内閣」「思いやり内閣」70歳ぐらい、あるいは5回以上当選はしているものの大臣未経験者を大臣に登用。資質のない並の人間は2人で話すにはかまわないことを、国会や委員会でついつい本音を洩らして、せっかく巡ってきた大臣の座を追われる輩が極めて多い。今や各相の大臣の名前を全部言える人はいないのではないか。我々が若い頃はベテランが顔を揃えて大臣になれなかった大物は影の大臣と言われた。10%未満の民進党支持者も哀れだが、安倍内閣の薄っぺらい稲田防衛大臣のような者が重要されるのは時代のせいとはいえ国民が情けない。更に安倍首相の妻は、国会でも取り上げられているような幼稚園の問題に深く関わって、籠池夫妻の言動によれば全く関係ない人物とは言い難く、妻の関わりが表面化すると安倍首相は辞めると断言しており、その真意が問われる。いづれにしても「李下の冠を正さず」という名言があるが軽々しい女性と言えよう。われわれ庶民はこういう人格的に品格の薄い人間を上層部において生活しており、せめて我々は人格を高めて生きていきたいものだ。

仕事上のことであるが、あるアメリカの有名な会社の日本法人のマーケティング部で5~6年前に当社の商品を購入してくれていた。今年、毎年作っている同様の新しい商品を見てもらうために前任者に電話を入れると退社しているとのこと。最新版なので見てもらいたいので名前をお伺いして商品を発送。2週間ぐらいして、その部の人に電話をすると「着いていない」と言う。と4~5回のやり取りがあり、ようやく先方から「それは社長です」と意外な返答を戴き、携帯電話番号を教えてくれたので、すぐ連絡すると「着いていない」と言う。もう、その時は1ヶ月は経っており宅配屋さんに聞くと間違いなく日時と受取サインを貰っていると言うので、すぐにFAXしてもらい、当社も発送した日本法人に電話を入れて発送表と受取サインの入った用紙をすぐにFAXで送る。

しかし、担当部署からも社長からも電話一本なし。それから10日前後して、その日本法人から荷物が届いたので開くと5年前に購読いただいた商品。担当部署にその旨を話して「請求書を切りますよ」と警告すると、その2~3日後に新しい商品の返品があった。約2ヶ月、こちらから電話を10本以上したのに対し、1本の電話もなく。その返品で事を終わらせている。当社も私の名前で、そのアメリカ企業に「御社の日本法人に、こちらから10本近く連絡したのに社長や社員から何の連絡はないのは30年間、会社を興してから初めてである。海外の企業のマナーは厳しいと聞いていたが見事に裏切られた思いがする。もっとコミュニケーションを良くしてください」と書して、前回の購入分を返品したというストーリーである。その企業が今後どのような企業になるか楽しみである。

私も案外粗雑な人間であるが、もう少し礼儀はわきまえているいるつもりである。このブログの読者にはそんな人はいらしゃらないと思うが、個人的にも社会的にもマナーは守って、その上での議論なり、やり取りをして貰いたいものである。

感謝。

追記:現在、当社ではキャラクターを中心に各業の中で、この業界に詳しい、または調査や分析をして発刊作成をしたいとう意欲ある人を求めています。お問い合わせがあればお尋ね下さい。


キャラクタービジネス情報のボイス情報
http://www.voice-joho.jp/
〒113-0034 東京都文京区湯島1-11-8 岡ビル202
TEL 03-5840-9620/FAX 03-5840-9624
新刊案内



ライセンシー名鑑2017

コメント

「てながさん」

2017-05-08 09:55:59 | 月刊ライセンシング・ブックス
こんにちは、キャラクタービジネス情報のボイス情報です!

「てながさん」
 ㈱バンダイ(東京都台東区、川口勝代表取締役社長)は、脱力系の新たなオリジナルキャラクター『てながさん』の商品展開を、4月29日より開始する。
 『てながさん』は、バンダイ商品開発担当者の「商品でキャラクターの世界観を表現していきたい」との想いから誕生した脱力系のキャラクター。
 「ぬくもりを求めて都会へやってきた謎の生き物で、長くクネクネしている腕をみんなで手を繋ぐことで地球を何十周もできる」という設定で、動物に似た姿の仲間は、ねこ・うさぎ・かえるの3体。
 現時点での商品展開は計12品(体長約35㎝のぬいぐるみ2種6品、体長約17㎝のボールチェーンマスコット2種6品)が予定されており、4月29日より全国で販売開始する。また、先行販売として4月15日から5月31日までハンズエキスポ(東急ハンズ銀座7階)に出店するほか、4月22日からは東急ハンズおよびハンズビーの一部店舗において、先行販売している。ライセンス事業も順次展開する予定。

<後略>

(参照:月刊ライセンシング・ブックス 5月号)

今回の記事は、弊社発刊の「月刊ライセンシングブックス」5月号から、一部抜粋した。
詳細な内容は「月刊ライセンシング・ブックス」5月号をご覧頂きたい。
「月刊ライセンシング・ブックス」は毎月キャラクター、ブランドのライセンス情報を多数収録しており、最新のライセンスビジネスを見るにあたって非常に有用なものとなっているだろう。
詳しい情報はこちらをご覧頂きたい。

感謝。

追記:現在、当社ではキャラクターを中心に各業の中で、この業界に詳しい、または調査や分析をして発刊作成をしたいとう意欲ある人を求めています。お問い合わせがあればお尋ね下さい。


キャラクタービジネス情報のボイス情報
http://www.voice-joho.jp/
〒113-0034 東京都文京区湯島1-11-8 岡ビル202
TEL 03-5840-9620/FAX 03-5840-9624
新刊案内



ライセンシー名鑑2017

コメント

「PLAYBOY」

2017-05-02 09:00:00 | 月刊ライセンシング・ブックス
こんにちは、キャラクタービジネス情報のボイス情報です!

「PLAYBOY」
 今年の1月から、刺激的で遊び心にあふれる世界的に有名な「PLAYBOY」ブランドはCAA-GBGグローバルブランドマネージメントグループが管理することになった。「PLAYBOY」の世界でのライセンスビジネスは15億ドルの小売規模に及び、180か国25,000店舗にて展開中。
 日本のライセンシー数は、現在、約20社で、主に以下のようなアイテムが展開されている。●ラウンジウェア(メンズ、レディス)●パジャマ●タオル●アンダーウェア(メンズ、レディス)●バッグ●レディスアパレル●靴(メンズ、レディス)●メンズアパレル●メンズアクセサリー●ネクタイ●マフラー●ライター●靴下●メンズドレスシャツ●メンズカジュアルシャツ●メンズ革小物
 メンズアパレル(VIP PLAYBOY COLLECTION)は、GMS約150店舗で展開されている。
 上記のアイテムの他に、「TOYS McCOY」とのコラボによるTシャツ、布帛シャツ、「NEW ERA」とのコラボによる帽子、アパレル、アクセサリー、「GOOD WORTH & CO.」とのコラボによるアイテムなども展開されている。
 そしてこれまでに、以下のブランドなどとのコラボアイテムも展開されてきている(海外での展開も含む)。●HYSTERIC GLAMOUR●BURTON●MARC JACOBS●Supreme●DOLCE & GABBANA●ALPHA INDUSTRIES
 97%の認知度を誇るアメリカを象徴するブランド「PLAYBOY」は、最近のレトロブームや独自のカルチャーの影響を受け、名だたるセレブリティやアメリカのポップカルチャ―を愛する現代の消費者に絶大な支持を得ている。2000年以降生まれの若者から洗練された男女まで、創始者ヒュー・ヘフナー氏や彼がこのブランドを創った時代を踏襲する人々がターゲット消費者。

<後略>

(参照:月刊ライセンシング・ブックス 5月号)

今回の記事は、弊社発刊の「月刊ライセンシングブックス」5月号から、一部抜粋した。
詳細な内容は「月刊ライセンシング・ブックス」5月号をご覧頂きたい。
「月刊ライセンシング・ブックス」は毎月キャラクター、ブランドのライセンス情報を多数収録しており、最新のライセンスビジネスを見るにあたって非常に有用なものとなっているだろう。
詳しい情報はこちらをご覧頂きたい。

感謝。

追記:現在、当社ではキャラクターを中心に各業の中で、この業界に詳しい、または調査や分析をして発刊作成をしたいとう意欲ある人を求めています。お問い合わせがあればお尋ね下さい。


キャラクタービジネス情報のボイス情報
http://www.voice-joho.jp/
〒113-0034 東京都文京区湯島1-11-8 岡ビル202
TEL 03-5840-9620/FAX 03-5840-9624
新刊案内



ライセンシー名鑑2017

コメント