キャラクタービジネス情報ブログ

キャラクタービジネス情報を発信するボイス情報の公式ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ピコ太郎のララバイラーラバイ」

2017-08-09 10:26:55 | 子ども向けキャラクター
こんにちは、キャラクタービジネス情報のボイス情報です!

「ピコ太郎のララバイラーラバイ」
「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP」で全世界を一世風靡したピコ太郎の新境地となるテレビアニメ『ピコ太郎のララバイラーラバイ』が、8月2日よりテレビ東京で放送開始される。
同アニメの企画・原案は、ピコ太郎のプロデューサーである古坂大魔王が担当し、全話の全キャストをピコ太郎ひとりで務める。また、主題歌「ララバイラーラバイ」はシンガーソングライターであるピコ太郎が作詞・作曲したもので、ピコ太郎が歌う。

夢の世界に入り込むところから物語が始まる『ピコ太郎のララバイラーラバイ』は、ピコ太郎が「PPAP」の大ヒットで世界中を旅しているとき、実は夜眠る前に、各国の名作絵本を古坂大魔王に読んでもらっていた―――という設定であり、名作絵本の世界に迷い込んだピコ太郎の夢を映像化したアニメである。公式サイトで先行配信している第1話「マッチ売りの少女」では、マッチ売りの少女が寒さを凌ぐために1本ずつマッチを擦っていく名シーンで、ピコ太郎の独特かつユーモラスなギャグが約3分間続く。そして最後にはマッチ売りの少女は幸せになれるのか!?ちなみに第2話は「シンデレラ」、第3話では「みにくいアヒルの子」が放送される予定だ。

同アニメ最大の特徴は制作手法にある。通常のアニメ制作に用いる方法とは逆に、先に声を収録してから絵を付ける「プレスコ」という手法で制作されている。各話のアフレコ直前、谷口崇監督が書き下ろした1枚のラフイラストが、ピコ太郎に手渡さえる。その日その場インスピレーションを得たピコ太郎が収録ブースに入り、即興で3分間のストーリーを創り上げるというもの。つまり、アニメ会の常識では考えられない、全話に台本のない「アドリウ収録」であるということだ。

<後略>

○放送局:テレビ東京
○放送開始:8月2日(水)
○放送時間:水曜日22:48~22:54

(参照:月刊ライセンシング・ブックス 8月号)

今回の記事は、弊社発刊の「月刊ライセンシングブックス」8月号から、一部抜粋した。
詳細な内容は「月刊ライセンシング・ブックス」8月号をご覧頂きたい。
「月刊ライセンシング・ブックス」は毎月キャラクター、ブランドのライセンス情報を多数収録しており、最新のライセンスビジネスを見るにあたって非常に有用なものとなっているだろう。
詳しい情報はこちらをご覧頂きたい。

感謝。

追記:現在、当社ではキャラクターを中心に各業の中で、この業界に詳しい、または調査や分析をして発刊作成をしたいとう意欲ある人を求めています。お問い合わせがあればお尋ね下さい。


キャラクタービジネス情報のボイス情報
http://www.voice-joho.jp/
〒113-0034 東京都文京区湯島1-11-8 岡ビル202
TEL 03-5840-9620/FAX 03-5840-9624
新刊案内



ライセンシー名鑑2017

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「『復帰してほしくない不祥... | トップ | 「斉木楠雄のΨ難」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

子ども向けキャラクター」カテゴリの最新記事