ほよほよさんぽみちNEW

いつでも君のこと好きだったよ

朱色の花

2017-06-17 19:01:42 | 日記

 きょう、買い物の帰りにぶらぶらと歩いていたら、大きな木に朱色の花がたくさん咲いているのを見かけました。

 

 え、あんなところに花の咲く木があったかな。

 

 いつもは車で坂道をぐうんと登って通り過ぎるので、気が付かなかったのかもしれません。

 

 花の咲く木は、咲いているときに初めて〇〇の木と、認識して、あとは緑の風景に溶け込んでいて、まったく意識のそとにあります。

 

 通りを渡って、その木に近づいてみました。

 

 おおきいなぁ。

 

 朱色の花が明るい日差しに輝いて、南の国にいるようでした。 

 

 こんなふうに、青い空をバックに、朱色の木を眺めていたことがあったな。 

 

 いろんなことと切り離されて、自分を生きなおすのに必要な時間だったなぁ、と思いました。

 

 ひさしぶりにのんびりとした午後でした。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都大学交響楽団 第201回定... | トップ | 歌会週間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事