ほよほよさんぽみちNEW

いつでも君のこと好きだったよ

義父のピンクの爪

2018-11-06 19:32:10 | 日記

 きょうは火曜日。義父のサポートの日。

 

 義父宅の近くの病院にインフルエンザの予防接種の予約を9時に入れていました。カレンダーにも書いて、義父の手帳にもちゃんと書いてあったのですが。

 

 私が8時30分に義父宅へ迎えに行くと、

 

 義父「きょうはえらい早いね」という。 もしかして、注射の予定を忘れているのでは・・・・

 私 「きょうは9時からインフルエンザですよ」

 義父「あ、そうやったかな」

 私 「まぁ、近くですからまだ大丈夫ですよ」

 

 義父が支度をするあいだに冷蔵庫のチェックと洗い物など。

 

 行く前に「トイレ大丈夫ですか?」と声掛けをしたら、「いま行ったから大丈夫」

 

 それでは出発。私の家を出るときは小雨が降っていて、いまの車になってから雨の日は乗ったことがないのでちょっと不安に思っていました。しかも、なにかの拍子にうしろの窓のワイパーが作動し、まぁ、雨のうちはいいかなと思って。義父宅をでるときはもう晴れ間がでてきたのですが、うしろのワイパーが作動しつづけていて恥ずかしい。あとでHONDAの担当者に電話してみようか、スマホのサイトでみたらいいか、などなど考えつつ病院到着。

 

 この病院は小児科で、昔息子をたまに連れて行っていた病院。でもほんとうにひさしぶりなので、駐車場の位置を確かめに日曜日に下見に行っていました。入口の場所も変わっていて、知らずにきたら戸惑ったけれど、心に余裕があります。

 

 そして、手摺をもつ義父の手をみてびっくり。 十本の指の爪がピンク色に塗られていたのです。マニュキア・・・・?

 

 私「お義父さん、爪の色、きれいですねぇ、どうされたんですか」

 義父「ああ、このあいだ、デイサービスで化粧の時間があって、ボクは男だから爪を塗ってもらったんです」

 

 男だから爪って・・・・ 

 

 そして、病院の受付で保険証をだすなり、義父「トイレどこですか?」 10分まえに大丈夫っていったのに! 

 

 問診票を書き、無事に注射してもらって、帰宅。 途中で図書館はいきませんか、とか、冬物のあたらしい普段着を買いにユニクロでもいきましょうか、と誘ってみたけど、注射したあとだし、きょうはいいわ、といわれて私も帰途につきました。そのまま図書館に行きましたが、このあいだの土、日が産業まつりでその代休だったようです。

 

 帰宅後パソコンに向かって作業。お腹が空いたのでお昼を食べていると、ナオミさんから久しぶりの電話がありました。

 

 ナオミさん「いまなにしてるの?」

 私 「ごはんたべてる」

 ナオミさん「そっかー、急だけどランチいっしょにどうかなっておもったんだけど」

 私 「あー、じゃあ、さっさと食べるからお茶いこうよ、最近通っているフルーツパーラーいかない?」

 

 ということで、30分後、フルーツパーラー(言いかたが古い)千馬さんで会うことになりました。

 

 ナオミさんは昔はママトモだったけど、もういまは普通の(?)友達。お兄ちゃんがこの夏に結婚されたそうで、その写真をみせてもらったり、私はプラハのノートを見てもらったり。 ナオミさんちのT君は家から職場に通っているそうで、私のことを話したら、昔の息子との思い出を話していたらしい。お互いの家にお泊りもさせていたので、花火をしたことや、ぬいぐるみを家に置いてきたこととかを話してくれて、懐かしかったです。

 

 あのくまのぬいぐるみ、まだあるの? とナオミさんにきかれて、え、あると思うよ?と答えたけど。 まだ二階にあるか探してみよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 玉置浩二コンサートツアー i... | トップ | 紫いろの母の自転車 私が覚... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事