ほよほよさんぽみちNEW

いつでも君のこと好きだったよ

歓送迎会のほんわかテーブル

2018-11-12 22:51:48 | 日記

 金曜日は会社の歓送迎会でした。私はまえに送別会もやってもらっているから、いいのにっていったのですが、まぁ、みんな理由をつけて飲みたいということもあるのかもしれません。

 

 幹事がワイン好きなのか、今回はワインのお店でした。ワインの飲み放題ってはじめて。私は飲めないから、パインジュースとかジンジャエールとかを飲んでいました。

 

 そして、気がつくと20代、30代、40代のパパにぐるりと囲まれていました。みんな女の子のパパ。まだ小学校にあがるまえの幼児で、休みの日はどこへつれていくとか、情報交換をしていました。みなさん、娘がかわいくてしかたない、というのをオープンにしていて面白かったです。

 

 A氏「今朝、ショックなことあったんですよ。上の4歳の娘がヨーグルト食べてて、スプーンが大きすぎて気に入らないっていうから、僕がたべたあとの小さいスプーンを渡したら、パパがなめたのは嫌っていうんです」

 K氏N氏「あーそれはショックですねぇ」

 私「そりゃもう嫌なんでしょうねぇ。そのくらいになると。で、どうされたんですか」

 A氏「洗って渡しました」

 私「あはは! やっぱりゆうこときいちゃうんですね。うちの父は83歳で、最近痴呆も入ってきて、倒れたり意識が薄れたりすることもあるんですけど、そうなっても私のことや妹のことを気にかけてるらしいんです。父は4人で暮らしていた時間が人生でいちばん楽しかったんだなぁって思いますよ」

 A氏「今の話、ぐっときました。僕もきっといまの娘たちといっしょにいる時間がいちばん楽しかったと思うと思います」

 

 私は若い世代のパパ談義から、父が若かったころを想像し、その切なさを知り、若いパパたちは50年後の娘と自分を思い、いまの時間を愛おしく思う。

 

 私「お母さんだって、息子のことがかわいいですよ、私、息子産んだとき、お義母さんの気持ちはじめてわかったんです。こんなふうに大事に毎日育ててきはったんやなぁって」

 

 うちのテーブル、なんか不思議な空間になっていたな。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 錦見映理子『リトルガールズ... | トップ | やらないといけないことをや... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事