ほよほよさんぽみちNEW

いつでも君のこと好きだったよ

第39回あなたを読む会

2018-07-27 21:19:29 | 日記

 きょうは第39回あなたを読む会でした。メンバー5人定刻に集まります。こんなに暑いのに。

 

 13時30分スタート。はじめの30分はSさんのシフォンケーキにOさんのかぼすジャムを塗りながら紅茶でひといき。かもめの玉子(お菓子)、チョコなどいただきながら全体をみます。

 

 きょうは短歌15首、短歌10首+5首、短歌14首、詩2編+短歌12首、エッセイ+短歌15首 というボリューム。

 

 辛辣な意見に加え、そもそもの短歌を詠む姿勢とか、自分なら選ばないモチーフとかについても語り合う。温かさについて、とか。私は形容詞の安易な使い方を指摘してもらって、なるほどな、と納得がいく。

 

 途中、お義姉さんから電話が入ったり、義父宅の物干し場改築業者から連絡があったり、ばたばたする。落ち着かなくてすみません。

 

 ここ3日連続でJR京都発の同じ電車で帰宅している。城陽駅からは1時間に1本しかバスがなくて、行きは歩いて駅まで行くのだけど、帰りは疲れているのでバスに乗る。以前は帰りもバスがなければ歩いたものだったけど、こう暑くては歩けない。この電車に乗れば、待つことなくバスにも乗れて、6時半前に帰宅できる。そうすると、義父への連絡や義姉との情報共有をすませて、ひといきついて、19時から水遣り、そのまま夕飯づくりと流れがいいのだ。早くしないと義父は眠ってしまうから。

 

 しかも、この電車は折り返し電車なので早めに来る。涼しい電車で座ってしばらく本が読めてとてもいい。京都から城陽まで快速で20分ほどあるから、そのまま集中して読める。

 

 3日連続、歌集を1冊ずつ読んだ。 奇跡的に未読の歌集があと1冊になり、やったー!と思っていたら、郵便受けに新しい1冊が入っていた。エンドレス。読みますよー。それと、塔の全国大会の書類の封筒も届いていました。お世話くださっている方々ありがとうございます。

 

 いよいよこれが届くと夏本番という感じだ。

 

 

コメント