OSORA カラダのミカタ

み~んなが心からの笑顔で
キラキラと輝いている世界を目指しています

~ヒーリングとリンパ~ 江別市にて

ダメ探しは疲れた

2012-07-15 | ちょいスピ

 

私たちは小さい時から 出来ないことを出来るように

教えられてきたと思うんです

「出来ないと恥ずかしいよ」って

学校の勉強でも 出来ない問題をより勉強し テストの点をあげる

スポーツでも 苦手を無くし 相手に隙をつくらない

 

それはそれでいいんですけど

ず~っと そうやって教育され それが当たり前になってしまい

社会人になっても そうしなければならないというか

そうしてしまうというか

それしか 方法を知らないみたいな・・・

単なる 癖でしょうね・・

 

もちろん 私が まさにそれで

いつも自分のダメな所を見つけ なんとか改善しなきゃ

とがんばっていました

自分のダメな所を見つける天才ですね~

そして いつも私ってダメな人間だな~ と凹んでいました

 

健康に関してもそうなんです

初めは確かに 体調が悪かったので 改善に尽くし

努力の甲斐があって 日々の生活に何の問題もなくなりました

けど ベストとは言えない もっと改善すべき所があるはず

それに ベストな状態になったら どれだけ快適になるのか興味もあって

また ダメな所探しが始まりました

 

波動とかでも 見えない状態がわかります

精神的なこと 臓器ひとつひとつのこと 潜在意識に眠っていること

そして少しの間 それこそ 私なりにがんばってみました

でも 完璧なんて ほぼ ありえないんです

そりゃ~ 稀に そんな方もいるのかもしれませんが・・・

 

そして思いました

快適に生活が出来ていれば それでいいんじゃない

わざわざ ダメな所を探す必要はないし

多少弱っている所があったとしても 

カラダを思いやって生活していれば

カラダ自身が調整してくれるんだから

快適じゃなくなった時は

あれ?どうして?どこが? と考えればいい

そして 思いやりが足りなかった? 方法を間違えていた?

必要に応じて対処する

習慣を 見直すチャンスなのだ

カラダに 手遅れなんてないと思うしね

 

悪いところを 探すよりも

どんなことで カラダを喜ばせようかな~

そう考えた方が ずっと楽しい

 

 

人生でもそう

嫌なことは 探せばいくらでもある

思いだしたり悩んだり心配したりしても しょうがない

それよりも 楽しいことを発見する方が ずっとハッピー

 

もう変な癖は脱ぎ捨ててしまいましょう

癖は なかなか取れないけど 気を付けていれば大丈夫

 

そうやって意識して過ごしていると 自分の中で何かが変わってくる

まるで オセロのように

やるかやらないかは 自分が決めるんです

誰かに 決めてもらったのでは 意味がない

 

自分の人生は 自分でプロデュースしなくてはね

 

コメント   この記事についてブログを書く
« カラダをフルに | トップ | お腹がグルルルー »

コメントを投稿

ちょいスピ」カテゴリの最新記事