ビビッド能里子トーク・サロン

心身両面の指導者として感じたこと

今年も沢山の方に読んでいただき有難うございました。

2018-12-30 07:01:15 | エッセー
あっという間に一年間が終わろうとしていますが、「光陰矢の如し」
と言いますが、月日の流れは何と早いことでしょう。
 まだお若いあなたにも、高齢の私にも、同じように歳月は過ぎて行きます。
ですから私はその貴重で、再び巡ってこないひと時を、できるだけ自分で満足して
生きられるよう努力しています。私の心の中の時の流れの尺度は・・・
「過去1 現在7 未来2」ですが、この価値観は若い頃から全く変わりなく
いつも「今」を生きています。

 今年は自然災害が大変多く、そのためご苦労している方が沢山いらっしゃいます。
また今難しい問題に直面していても、希望を捨てないで下さいね。
でもね。これだけは覚えていてくださいね。「暗い顔をしていると、幸せが逃げていく」
のですから・・・私は幼い頃に叱られているとき、涙を流しながら、この中で
(これはいつまで続くんじゃないんだ、きっともうすぐに終わる)と思っていました。
 そんな幼児体験が私の中に今でも息づいていて、それが「プラス思考の元」かも
しれません。来年はイノシシ年の年女ですので、自分の年齢をたたき台にして
「ビビッドエイジング研究家」として、人生100歳時代を、心身共健康で、見た目も
若々しくきれいでいられるかを、研究して皆様方にお伝えしたいと思います。

 ※来年は4日より投稿いたします。過去に沢山書いていますので、お暇なときお読み
下さると嬉しく思います。皆様どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
                     ビビットエイジング研究家 小池能里子
コメント

20年ぶりぐらいに卵かけご飯を食べて

2018-12-29 07:59:03 | エッセー
昔卵は高級品で病気見舞い品でもあった。それは赤い箱に「鶏卵」と書いてあり
もみ殻の中に入っていて、お見舞いの定番だった。若い人は信じられないほど
昔は質素な暮らしで、卵など滅多に食べられなかったからだ。
 おそらく20年以上昔だと思うが、ある小説家のエッセーを読んだが、それは
その頃道端を歩いていた鶏のことが書いてあった。それを正直に書くと、多分
感覚的な人は生卵を食べられなくなるので、今まで誰にも言ったことはないし
これからも言うつもりはない。

 娘がもみ殻を敷き詰めたきれいな箱に入った卵をくれて「これ頂き物だけど
一人では食べきれないから、持ってきたの、卵かけご飯がおいしいから」と茶色い
卵を4つくれたが、息子にも分けたようだ。「折角だから久しぶりに食べてみよう
かしらと勇気を出して食べたら、とても懐かしい味で、案外美味しかった。
 夫も久しぶりでとても美味そうだった。それにしても・・・
幼い頃からあまりに感覚的な私は、悪いイメージがあると絶対に食べられない。
 その一つがうなぎだ。「こんな美味しいものを、どうして食べないの?」と、よく
聞かれ「だって蛇の親戚みたいだから嫌なの」と言うと、みんなが笑うが、ホントに
そうだから仕方がない。ホンネではあまり玉子かけご飯は食べたくはないが、お付き
合いなら食べられそうな気がしている。
コメント

枯れ木の美しさを初めて感じて

2018-12-28 06:26:03 | エッセー
 午後から夫と羽根木公園へ散歩に行った。いつも二人と1匹だったけど、今日は
二人だけで何だか淋しかった。公園は人影もほとんどなく静かで暖かった。
空は雲一つなく美しいブルーだったが、公園はほとんど枯れ木になっていたので
空が広くなったように感じた。枯れ木の銀杏並木がとても美しかったいと気づき
改めて眺めて「枯れ木も美しいわね」と夫に言ったら「自分が年取ったからそう
感じるんじゃないの」と混ぜ返され、二人で大笑いしたが、もしかしたら本当に
そうなのかも知れない。


ゆっくり一周したが、野球場で一人が凧を上げていたが、なかなか上がらない
ほとんど風がないからだろう。公園で一番大きいのは「ゆりの木」だが、随分太く
なったので「手を回してみない」、と二人で樹に両手を回したが届かなかった。
よく見たら大体10センチ位、私達の手の間隔は離れていた。
思えば私達が結婚したときいは、まだ「根津山」と呼ばれていたが、その頃は
公園を造成中だった。


公園ができてからも、まだ幼かった子供達が、公園へ遊びに行くと我が家の
物干し台からその姿がハッキリ見えたのは、その時代はまだ樹木が小さくスカスカ
だったからだ。今では梅も他の樹木も太く立派になったが、私達も年をとった。
最近めっきり足が弱くなり、手すりにつかまって階段を降りる夫、その後ろ姿を
見ながら「あなたが車椅子になっても、私しっかり面倒見るからね」と、心の
中でつぶやいた、空のきれいな年末の午後だった。



コメント

「あなた長生きしてね」幸せな介護をして8年間 (8)

2018-12-27 07:16:43 | エッセー
 私は夫が認知症だと診断されたときに、「心理カウンセラーとして、夫を絶対
怒らせない介護をしよう」と、心に決めた。もともと穏和な人だし、日常生活
ではほとんど以前と変わらず、また不自由はなく、平穏に暮らしていた。
 確か認知症と診断され間もなくだったが、こんな事件が起こった。
ある日私がどうしても出かなければならない用事があり、地元にある信用金庫へ
お使いを頼んだ。何しろ長年通っていて、我が家の並びの一本道なので、私は
安心していた。私が帰ってきてすぐに夫に聞いたら「行ってきたよ」と言うが、家の
中のどこを探してもなかった。「どうしたの?通帳もお金もないけど」と聞いても
分からない。私はすぐに信用金庫へ走ったが、確かに夫は行ったし、下ろしたお金
を持って帰ったことも確認できた。それはかなり大金だったが、私はそれより夫が
一本道の家に帰る途中に紛失したのが、どうしても理解できず、途中で盗られたのか
とも思ったりした。

 私には大変ショックだった。さんざん探したうえ、やっぱり紛失したのだと諦めた
が、自分の気持ちがどうにもコントロールできなくなり、とても家に帰る気がせず
羽根木公園へ行った。梅林の誰もいないベンチで、「これから夫はどうなるのだろう」
ととても悲しくなり、一人で涙を流したのは決して忘れられない。
 それは梅がまだ咲いていなかった、とても寒く空のきれいな日だった。
認知症だと分かっている夫に、私が頼んだのが悪かったのだと、夫を一言も責めな
かった。でも早急に印鑑だけは作らなければと、次の日下北沢にあるお店で印鑑を
注文した。間もなく出来上がったが、その日に何と玄関の入り口にあるスリッパ立の
後ろから、通帳と、お金と、印鑑が出てきた。それが私にとって何より嬉しかった
のは夫が途中でなくしたのではない事実だった

後日分かったのは、お金を下ろして家に帰る途中に、朝の仲間の友人と偶然会って
お茶に誘われたそうだ。その現金を一度家に置きに帰り、3階に上がるのは友人を
待たせるので、入口のスリッパ立の見えないところへ隠したようだ。
それをすっかり忘れたのが、紛失の原因だったが、私はまだ夫は大丈夫だと胸を
なでおろしたことがあった。それからは重要なことは決して夫に頼めないのだと
覚悟し現在に至っている。でも8年間にこれほど心配したのは、只の一度だけだった。
コメント

今の願望は平凡な幸せ

2018-12-26 07:39:46 | エッセー
昔はヨーガ教室、ダンススタジオ、カウンセリングルーム経営指導、講演活動
執筆活動、世界学会でプレゼンテーションなどなど、その願望のほとんどは実現
しました。でも、私の価値観は、有名になる、お金持ちになる、社会的地位を得る
などではありませんでした。自分の好きな事しかやらず、「仕事を通して人様の心身
の健康に役立つこと」それが嬉しくて、楽しみながら一生懸命にがんばりました。
その根底は「いつも健康で、精神的な安定状態で暮らせること」でした。
ですからそのために、他人と競争したことは皆無で「自分で本当に感じる幸せ」で
決して「他人の目に写る幸せ」ではありませんでした。

女として生まれてその幸せを十分享受できたし、家庭も自分では十分満ち足りて
いました。夫は長年治療を受けていますが、80歳代の二人がどこも痛くはなく
好きなものが食べられ、旅行や散歩もできる、お酒を楽しく飲める、これほど幸せ
はありません。まして私の年齢では、すでに夫が亡くなっている人が多いけど、私に
は認知症ですが、まあまあ元気な夫がいてくれます。

そして今私はどこも悪くないし、何の治療も受けずに、まだ元気で素早く行動できる
若い人には当然な事でも、この年齢になると、そんな 人は滅多にいないようです。
 今私はもう少し夢を持っていますが、それは相手があることなどで、実現できるかどうか
分かりません。でも、「夫を元気で長生きさせる」目標は、ある程度の努力で実現は可能です。
 そのため、夫をいつも「ああ、幸せだなあ」と感じさせるよう、楽しく努力したいと
改めて感じたほろ酔いのクリスマスでした。
コメント