ビビッド能里子トーク・サロン

心身両面の指導者として感じたこと

魔女年生まれが感じる人生100歳時代 2

2018-02-28 05:24:53 | エッセー
 我ながら思いつきで、「凄いタイトルつけちゃったな」と、少々あきれたが、心身
両面の指導者として、「そろそろ年だな」と感じはじめた、私からから見ると、子供
の世代以降の方に向けて、独断と偏見かも知れないがお伝えしたいと思った。
 それは82歳の私が心身共健康で、エネルギッシュ、この年齢で新しいクラスを
始めたことだけでも、きっと説得力があるに違いなと思うからだ。
 予定では心の持ち方や、日常の習慣などだが、何しろユニークなので、実はどんな
方向へ走るか実は未定だが、今回は健康習慣についてお話をしたいと思う。
 
これはあまりにも有名なアメリカのレスター・ブレスロー博士の7つの健康習慣
  1 タバコを吸わない。
  2 お酒を飲み過ぎない。
  3 睡眠時間を7・8時間取る。
  4 運動の習慣がある。
  5 適正な体重を保つ。 
  6 朝食を必ず食べる。
  7 間食はしない。
 これはカリフォルニア州に住む6928人を対象に、20年間実際に調査を行った結果
だ。またブレスリー教授もそれらを実践し、96歳で論文を書いたほど元気で、97歳
まで長生きしたそうだ。しかしこれは1980年に発表されたものでだが、現代でも
十分通じるもので、骨子は同じなので、もてはやされている。
 でも、今は時代的な背景が全く違うので、それだけではとても健康は保てないと
私は思う。次回はそれらについてお話するつもりだ。
コメント

もう一度見たい!「裸のマハ」

2018-02-27 06:34:21 | エッセー
 上野西洋美術館で「プラド展」が始まり、友人と行く約束をした。
私がスペインに行ったのは、おそらく30年以上位前か知れない。
 強く印象に残っているのは、プラド美術館、アルハンブラ宮殿、ガウデイの教会
暑い日石畳の上を歩かされて辛かったこと、日本からはあまりにも遠かったことだ。
 でも、あまり絵画の知識はなかったが、プラド美術館で初めて見たベラスケスの
絵は、素晴らしいと感じた。私がもっと感動したのは「裸のマハ」の美しさだった。
 「着衣のマハ」も並んでいたが、その比ではなく、私はその絵に感動し、これを
お土産にしようと売店でその絵の複製を、あるだけ買ってきた。
 
 今まで確かプラド美術館展は、日本で5回ほどあったが、私がぜひもう一度見たい
と熱望しているその絵は、日本には一度も来ていないようだ。
 帰国してからあまりに沢山買ってきた「裸のマハ」を見て、夫はこう言った。
「その芸術性が理解出来なければ、単なるヌード画にしか見えないから、誰かれ
無く上げるのは考えた方が良いよ」と。私は仰天し、そんな感じ方の人がいること
に初めて気づいた。その複製画は私の手元に、ごっそりあったが、それがどうなった
かは、あまりに昔の事なので記憶がない。それにしても・・・もう一度見たい
ゴヤの「裸のマハ」、でも、もう再び見ることはできないだろう。
コメント

魔女年生まれが感じる人生100歳時代 1

2018-02-26 07:19:19 | エッセー
☆90歳でプチ整形した人の話しにビックリ!!
 経堂の三省堂書店に行き、帰りにバスを待っていた時、誰もいないバス停で
ベンチに座っていたら、私と同世代と思える女性が「90歳になると80代とは
まったく違って大変なのです」と隣に座った。急に「カーリングの選手は、北海
道北見出身だけど、あんな田舎に可愛い子はいないから、みんな整形している
そのためみんな同じような目で、表情も同じでしょ」と言われて、私は本当に
ビックリした。私は性善説の持ち主で、人を疑ったことがほとんどないので
「そうなんですか?驚いた」と言った。「それには周りが色々と協力しているので
しょ。私もシワが多いので最近美容整形をしたけど、ほとんど効き目がなくて
この状態よ」と、顔を私の方に向けた。オシャレな服装で、美人ではないがチャー
ミングな方だった。でも、見た目は10歳以上若く見えた。
 
 でも失礼ながらこれで整形?と感じた。バスが来て乗ったが、私も興味があり
その人もまだ話したそうなので、横並びの席に座ったら、「1回10万円で、針をちく
ちく刺されてとても痛かった、2回やって20万円だったけど、ヤッパリカーリング
選手のように、若くないとダメなのね。2週間位で元に戻ったので、もうやらないわ」
と言った。90歳と言えば私より8歳年上だけれど、でも、まだプチ整形をする
長生きする現代はそんな時代なのだと思い、「美に対する執着は素晴らしい」と
私はその方の顔を思わずじっと見つめた。
 もっと話したそうだったけれど、二つ目のバス停でその方は「失礼します
変な話しお聞かせしてご免なさいね」と降りて行ったけど、お顔の割には
押し車のその姿は、ちょっとよぼよぼしていた。
 でも垢ぬけた方だなと感じたが、それにしても・・・
 
 現在元気な後期高齢者は100歳まで生きると言われているが、昨日三省堂書店
には101歳の現役の女医さん、90歳の現役弁護士さんの本が平積みにされていた。
 人生100年代はまさに現実化しているが、そのまっただかにいる私は、お陰様で
大変健康なので、もしかしたら100歳まで生きるかも知れない。
「90歳女性のプチ整形の事実」に触発されて、82歳の私がこれほど元気なのは
それなりに沢山のノウハウがある。ますます長生きする若い方々に、少々おこがま
しいが、何度かにわたり書いてみたいと思った。
 




コメント

今朝の瞑想は最高だったけれど・・・

2018-02-25 06:32:03 | エッセー
 生まれて初めて頭の中で「ギシギシ」するようは感じが何度かしたが、これって
一体何なのかしら?過去には頭の中がグルッと回転したような感じを、たった
一度だけ受けたけど・・・もしかしたら、私の脳細胞で何か変化が起きているの
かも・・・体はブラックボックスだから、まったく分からない。
 只今6時26分、昨夜書いた文を訂正しながら、これから投稿、これも今では
私の生きがいの一つだ。

 ☆ 料理、工夫する楽しさ
 今日のお昼はヒレかつにした。ヒレは1本買うと大きさにもよるが、二人なので
3回に分けて使う。ヒレかつ、カツ丼、ふつうの肉として。
 今日のお昼は、一口かつにして食べ、残りは衣をつけて冷凍にして、何日か後に
それ揚げてカツ丼にする。何故か今日のヒレかつは、ハートに近い形だったが、つけ
合わせのキャベツがなかったので白菜にした。

 一昨夜梯子3軒したのは古い友人だが、久し振りに楽しく飲んだ。
昔家で一緒に飲んだ時、彼は夫に「僕奥さんに惚れちゃってね」と言ったら
夫は唯黙って笑っていたが、夫はいつも大らかなそんな人だ。
 いい加減酔っぱらって、今日は二日酔い?ではないが、意欲減退状態だった。
でも、朝抜きだったので、お昼はシッカリ食べ、レッスンをさぼって昼寝した。
 起きてコーヒーを飲んだら、またすっかり元気になり、夕方になってから習慣
のすべてのレッスンをこなした。
※美味しかった!スナックえんどう

 そうでなければ、私の健康と若さは絶対にキープできない、サボればその反動は
即感じられる。年齢と上手に付き合うのは、実は大変な努力だが、それが楽しいから
続けられるのだ。今日は一歩も出ないと思ったのに、野菜など食材が不足だ。
 キチンと栄養素を取らなければ、体に悪いのは明らかだから、夕方近くのスーパーへ
スッピンで買い物へ行ったが、外は意外と暖かく、ヤッパリ春だと嬉しくなった。
 お昼は肉だったので、夕食は魚にし、鯵の干物とマグロのすきみを買ってきた。
野菜はスナックエンドウ、それを茹でてから、真っ白な新玉ねぎと和えることにし
けずりかつお節とお醤油、マヨネーズを合わせたが、サッパリして、とても美味しかった。料理に常識はないと私は思うので、気分によって何ができるか分からない。
※長芋とマグロの叩き和え
 
 外食も美味しいと幸せを感じるけれど、そうでないといつも「自分で作った方が
ずっと美味しい、何だか損したみたい」と感じる。でも色々な料理を外で食べるの
もとても参考になる、それにしても一昨夜食べた焼き肉、とても美味しかったなあ。
※味の干物 三点が夕食
 
ついでに根菜のゴボウを沢山食べるのは、「ゴボウ鍋がお勧め」なのでご紹介。
作り方は、1ゴボウ、ニンジンを細切りにし、土鍋に沢山入れる。
     2味は好みだが、鳥がらスープ、またはだし汁、お酒、みりん、塩
      お醤油に水を入れる。
     3しばらく煮てから、豚肉を加え、味を調えてから卵を溶いて加える。
 私はこれが大好き!ヘルシーで美味しいし、経済的でーす・
 薄味にして汁ごと食べるのが、ゴボウのだしが出て、香りの良いのでお勧め。
  ゴボウはきんぴら位しかないと言って人に教えたら、とても喜んでくれた。
 また一度味付けしてから、衣をつけて天ぷら のように揚げても、とても美味
 しいのでお試しを。
コメント

パリで買ったバックを使って

2018-02-24 15:56:02 | エッセー
 先日研究会に行った時、久し振りでパリ、モンパルナスの
「ホテル、メディリアン」で買ったバッグを使った。しまおうとしたがこのバッグ
には色々な思い出があるので写真に収めた。すると急にパリで買った小さなお土産
が見たくなった。

 小さなガラスケース「思い出の玉手函」にある、パリのものを出してそっと
触って見た。海外へは35カ国行ったが、初めは大きなものばかり買っていたが
しばらくしてから小さなものを必ず探して買うようになり、それが今では
「思い出の玉手箱」に沢山入っている。手に取ると不思議なことに、その国で
買った時のイメージが出る。それが嬉しくてたまに手に取って見る。

 パリに初めて行ったのは、中学生の孫娘と参加した「ロンドン、ローマ、パリ周遊
ツアー」だった。まだ私はまだパリには関心がなく、2泊したがあまり歩かなかった。
 それからパリ郊外にある、クロード・モネの日本庭園に憧れて、友人と個人旅行
してからパリに恋した。

パリだけ個人旅行3回、孫娘とツアー1回、南フランスを
巡るツアーにも友人と参加した。フランスは5回行ったが、今でも一番行きたいの
が、ヤッパリパリ。考えたら20歳の誕生日に、自分で選んでプレゼントされた
香水だったが、何も知らずに選んだのがシャネルだった。
 つまり20歳から今まで、私は同じ物を使っている。(オーデトワレに変えたが)
確か4月になるとモネの花園が開園されるが、3回目は行けるだろうか?
 パリの街並み、思い出すと胸が痛くなるように恋しい。




コメント