ビビッド能里子トーク・サロン

心身両面の指導者として感じたこと

近所にあった歌声喫茶に行って

2019-01-26 07:12:45 | エッセー
 先日商店街振興組合女子部の新年会に出席し、梅丘に歌声喫茶があるのを
知った。歌を歌うのは気持ちも明るくなるし、気分転換にもなり、夫の精神
衛生上とても良いと思った。それが同じ商店街で近くなのが何より良い。
もしも夫が途中で飽きたとしても、同じ商店街なので一人で帰れると思ったし
4時からなので時間的にも良いので二人で参加した。

 もとは骨董屋さんだった小さなお店だが、行ったらアコーデオンを弾く女性と
男女二人しかいないので、ビックリしたが、まだ始めたばかりだそうだ。
 小さなお店で椅子も背もたれがなく、お店の中はコートを着たほど寒かったが
アコーデオンの音は大変ボリュームがあり、数人の男性二人女性4人の声がかき消さ
れるほどだった ローレライ、リンゴの唄など誰でも知っている歌が12曲だったが
夫は結構楽しそうに歌っていたのででほっとした。コーヒータイムも含めて1時間だったが
アコーデオンを演奏する人はとても感じが良く、楽しかったので毎月一度だそうだが
夫と一緒に参加しようと思った。。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« こんな恐ろしい現実が…食生活... | トップ | 1月26日読売新聞「ぷらざ... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (タンポポ)
2019-01-26 07:31:22
おはようございます(#^^#)
私の実家が東京なので、懐かしく
記事を読ませて頂いてます^^

梅丘に歌声喫茶があったんですね
知らなかったです(#^^#)

このような喫茶は見かけなくなった気がしましたが、あることを知ると嬉しくなります^^

コメントを投稿

エッセー」カテゴリの最新記事