vitisktの日記

釣りと魚と植物と・・

釣果報告(12/14 海南丸長島ジギング)

2014-12-19 17:27:45 | 日記

先週の日曜日はまたまた長島ジギング

土曜日は高校生向けの実験が一日中あって、終わってから釣り支度

今回は、電動おじさんことF森さんと一緒です

電動おじさん、ここ何回か青物連敗中だそうで、今日こそ

でも、前日の土曜日もイマイチな釣果だったとか・・・

水温、全く落ち着かず、下がっている一方だそうなだし、おまけに潮も長潮・・・と青物釣るにはかなり厳しいコンディション

果たして釣れるのか・・・?

まぁ、私は青物釣れなくても、タチウオが釣れれば満足ですけどね

 

当日は、お客さん8名

満船です

まずはタチウオから

港からすぐなので、タックル準備してから向かいます

 

当日も寒かったです。

10分ちょっとで到着

 

すぐに釣り開始

すると・・・

 

おじさん、早速、タチウオ、ゲット

しかも船中一番のり

寒さも忘れる満面の笑みです

今日のおじさんは何かが違う?

ちなみにおじさんは、アンチョビミサイルターボで釣られていましたよ

 

私も軽いシャクリで釣っていると・・・

タチウオ、ゲット

この辺りではアベレージサイズかな

指3.5本ぐらい

前日、船長から紫のジグに反応が良かったと聞いていたので、急遽買ってきました。

でも、紫ジグ、人気なのかこれ一つしかありませんでした

なので・・・

自作紫ジグ

200円のジグにただ、紫のラメテープ巻いただけですけどね・・・

100均に4種類ぐらいのラメテープが1セットになって売っています。

なぜか私、買ってて持ってました。

で、前回はフォールで当たりが多かったのですが・・・

今回はなぜかフォールでは当たらない

なんで?

全部、シャクリでヒット

当日もいつものように時合いが短く、1時間ほどで終了

結局3本ゲットで、2本取り込みでバラシ

でも・・・

ワインドを1本

メタルジグを2本

タチウオに持って行かれました

前のデッキのお客さんは、切られるばかりで1本も上がらなかったとか・・・

タチウオ釣り、切られない時は切られないそうですが、酷い時はこの有様・・・。

暗いうちは長めのワイヤーリーダー必須の気がします・・・。

もしくは激安ジグを使うか・・・ですね

 

タチウオの時合いが終わったので、ジギングポイントに向かいます

当日も朝焼けが綺麗でした

 

しばらくするといつものポイントに到着

すると・・・

何やら沖が騒がしい

鳥山?

早速、向かいます・・・。

おぉぉーーーーーーー

もの凄い数の鳥

あの下は青物パラダイス、間違いなし

 

さらに近づきます

海鳥も必至ですが、私も含めてみなさん必至(爆)

なので、上の写真よりさらに凄い光景だったのですが・・・

写真、撮ってる場合じゃありません(激爆)

絶対、釣れるはず

ガンガン、シャクリます

が・・・・

一向に当たりありません

どうやら、お魚、みんな海面に浮いてしまっていて、底にはいないみたい

ならば・・・

こいつの出番

磯で数々のお魚をゲットしてきてくれた歴戦の強者

行けーーーー

あっ、ナブラ、私の釣り座の反対側

お客さん、いっぱいだし、投げられんし・・・。

うーー

目の前にあんなに沸いているのに、投げられないなんて・・・

まるでお預けくらっているワンコのようです(爆)

そのうち・・・

私は右舷の大トモでしたが、船尾が風に押されてナブラ側に向いた瞬間、射程圏内に

すかさずキャスト

ナブラ、ど真ん中着水

早巻きすると・・・

ゴンっ

乗った

やっぱし

でも、あらっ、すぐに外れた

なんで・・・

ジギングロッド、短いから、合わせずに完全に喰うまで巻き続けた方がいいかも・・・

二投目

ヤズがチェイスしてる

と思ったら、またまたゴン

今度は合わせずにそのまま巻き続けたら、完全にフッキング

ヤズなんで、ゴリ巻きです

引きを楽しむというより・・・

お土産のため、食べるため・・・必至で釣り上げます(爆)

ゲームフィッシング根性0です

船長に掬ってもらって無事、お土産ゲット

さぁ、次、次

が・・・

なかなか狙える範囲に船が向かない・・・。

そのうち、青物祭り・・・終了

オワタ・・・

 

当日はビッグフィッシングをされている慣れたお客さん達が多かったので、大物求めて、長島海峡を下ります。

いつもの魚礁ポイントでは、明らかに青物反応あったものの・・・

全く相手にされません

ジグを変え、シャクリのピッチやリズムを変え・・・

全然ダメです。

多分、おさかな、食べる気分じゃないんでしょう・・・。

まぁずっとやってたら、いつか時合いが来るでしょうが、それまでシャクリ続けてもいられないし・・・。

 

電動おじさん、ついに・・・

浮気

サビキを始めます。

ただのサビキではありません。

ちゃんと餌も付けられます。

キビナゴとエビも準備

が、餌だけはしっかり取られますが・・・当たりナッシング

一度当たったけど、取られた・・・って言われていました

 

スローピッチもされていましたが・・・

こちらも不発

牛深沖まで・・・

 

当日は空気が澄んで乾燥していたせいか、甑も近くに見えました。

でも北西風が強いので、とても沖に出られる感じではありません。

海峡内でも潮が動かないのに、沖は尚更、動かないでしょうし・・・。

 

大物、諦め・・・

再び、朝やったナブラポイントを目指します・・・。

夕方も釣れるかな?

到着すると・・・

既に先客が・・・

海鳥もスタンバイOK

上空には偵察役が・・・

 

我々は一足お先に、シャクリます

が、全く反応ありません

なので、私は50mぐらいキャスティングしてリズム良く横引き

でも・・・

やっぱりムリ

おさかな、いないようです・・・。

海鳥からも、おさかないないのに、お前ら、何してるの?って、笑われていたのかも・・・(爆)

結局、納竿の15時過ぎまで粘りましたが・・・

一匹も釣ることができず・・・終了

当日は、船中ヤズ2本と、撃沈

まぁ、当日の海況と潮を考えると仕方ないか・・・。

 

私と電動おじさん以外は、居残りタチウオ釣りをしないというので、一旦港に戻ります。

その後16時過ぎに再び出港

今回は地元アングラーのコウタさんも乗船です

当日の晩も、お寿司屋で美味しいタチウオ料理をいただく予定でしたので、万が一お魚、釣れなかった時のために、来ていただきました

電動おじさん、夕まづめもアンチョビミサイルで

でも、よく見ると・・・

キビナゴ、付けてます

電動おじさん、ルアー釣りより餌釣りの方が向いてるんじゃぁ・・・

アンチョビミサイルにキビナゴ、付けた人、おじさんが始めてじゃないでしょうか?

 

時間がないので、船長ぶっ飛ばしてポイントへ向かいます

で、船長、一投目・・・

いきなり、ヒット

いい型

その後もジグでやられている船長とコウタさんは連発

一方、私とおじさんは・・・

で、暗くなってくると・・・

ついに、ワインドでやっていた私にもガツンと連発ヒット

いやぁ、タチウオの最初の締め込みは、たまりませんね。

で、朝方、調子のよかったおじさんは・・・

なぜか悲しい結果に・・・

なんで?

タチウオ、本当に不思議なおさかな・・・。

当たりパターンがクルクル変わります。

釣れる時間が長ければ、パターンを探せるのですが、1時間たらずなので、見つけたと思ったら、終了

でも、食べる分は十分に釣りました

当日の私の釣果

夜、お寿司屋で食べる分は入っていません。

 

電動おじさんもお寿司屋で食べればいいのに・・・とお誘いしましたが、家族がお腹空かせて待っているということなので、おじさんとは港でお別れ

おじさん、ちょー家族想いのいいお父さんです。

18時過ぎに港に着いて、帰ったのは、20時過ぎでしょうけど、疲れてるのにすぐに料理して食べさせたそうですよ

偉すぎます

 

で、私と船長は・・・

いつものようにうまうまタチウオ、いただきます

お刺身

縦に骨ごと切ったお刺身

中骨以外のところを頭から尻尾方向に切っています。

アユのセゴシみたいな食感で、美味しいです。

タチウオの尻尾側の身が薄いところは、こうやって切ると美味しく食べられるそうです

 

塩焼き

お寿司

巻き寿司の具もタチウオなんですよ

 

シメサバ

締め加減が絶妙です

 

お気に入りの骨せんべい

柔らかくてサクサク

 

そして・・・

ちょーうまうま炙り

旨い

 

海南君は電車に夢中

 

ごちそうさまでした

 

 

で、翌日・・・

ヤズはお寿司に

 

想像以上に脂がのってます

いつものヤズと違う

 

そして・・・

タチウオ炙り寿司

今回はゴマを酢飯に混ぜてみましたが、さらに風味アップ

私はタチウオ料理の中で一番、これが好きですね

 

うちの食レポ担当娘

大満足だったご様子

 

さらに・・・

翌日・・・

私の車のメンテナンスをしてもらうために、海南丸船長に熊本まで車を取りに来て頂きました。

どうせなら・・・ということで・・・

帯屋さんと、当日、海南丸に乗ったリベンジアングラーさんをお誘いして、青龍で宴

 

帯屋さんオススメの火鍋を頂きます

メニューにないそうですが、コクがあってちょー旨い

特に野菜が美味しい

 

そして・・・

中華料理屋なのに、和食のような盛りつけ

当日、リベンジアングラーさんが釣ってきた、もとい、頂いてきたヤズ

このヤズがまたちょーウマウマ

脂ののりが半端ないです

氷見のブリに負けない旨さです。

今はカンパチやヒラス、ブリよりもこのヤズが一番美味らしいですよ

 

最後にタチウオのソテー

やっぱりウマウマ

タチウオ、どうやって食べても美味しいです

 

みなさん、ごちそうさまでした

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 釣果報告(12/7 海南丸長島... | トップ | 釣果報告(12/20 大分タチウ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事