“ヴィタミーナ”な生活

おいしく食べて、楽しく飲んで 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2009年を振り返って

2009年12月31日 | 雑記
今年一年、振り返る必要があるのかな、というくらい、特に何もない一年でした。
日々の生活を繰り返しているうちに、気づけば一年過ぎていた、と感じるくらいに。
どちらかというと自分から動くタイプの私としては珍しいほど、何もなかった、何もしなかった・・・
それでも一年365日は、いつもの年と変わらないので、思い出を書き出していこうと思います。

まずは聴いたほう。
これが少ないんだ・・・

4月
 平佐 修 ポップスコンサート 
 ファーマーズ&ファナギターアンサンブル ジョイントコンサート

6月
 日本ギター重奏フェスタ(重奏コンクール影アナとして、舞台袖で演奏を聴きました)

7月
 夏のギターコンサート(ヴィタミーナ コンマス氏)

11月
 Takako Recital(ヴィタミーナ 板井さん)

次に弾いたほう

4月
 篠原ギター教室スチューデントコンサート
  詩的ワルツ集(E.グラナドス)

5月
 奏こう会
  ギターのための12の歌より(武満徹編)
   ロンドンデリーの歌(アイルランド民謡)
   オーバー・ザ・レインボウ(H.アーレン)

9月
 奏こう会
  南のソナチネ(M.M.ポンセ)

12月
 奏こう会
  ブエノスアイレスの冬(A.ピアソラ)

腱鞘炎は相変わらず。
右手中指は、まだまだお休みしていたいようです。
音を抜く時は全体を見て、遜色のないように、イメージが変わらないように、あからさまにわからないように、考えています。
私自身が演奏を楽しむ、ということを主眼におけば、多少のことは問題ないでしょう、と思っています。
来年はもうちょっと大胆に、かねてより弾きたいと願っていた曲に挑戦しようかな、などと考えています。

ギター以外では、9月に旅行した島根(出雲と松江)がとても印象に残りました。
出雲神話を通じて古代史に興味を持って勉強したり、砂の器の舞台、亀嵩の地に赴いて感激したり、宍道湖の広がりに癒されて移住を真剣に検討したり・・・

それから、駅伝にハマッてしまった・・・
以前から、長距離+リレー=結果が見えない ので、好きな競技ではあったのですが。
きっかけは、やはり箱根です。
東洋大の5区の柏原クンの活躍と復路の駆け引きと粘り、そして(直前に不祥事があったので)派手な応援もなく、優勝をしても謙虚にコースに一礼をして去っていった清々しさ。
ハマッた・・・
今シーズンは、出雲を見て、全日本(伊勢路)を見て、国際千葉も見て、テレビで見られない時は携帯で見て、予選会やエントリーはネットでチェックして、雑誌も買って隅々まで読んで。
元旦は、ニューイヤー駅伝、2~3日は箱根。
お正月3が日は、とてもエキサイティングに過ごせそうです。

あら、書いてみれば、結構いろいろあったじゃないの。

コメント   この記事についてブログを書く
« スペインワイン | トップ | かぶの葉と高菜漬けのピリ辛炒め »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事