☆平野紫耀★航海日誌☆

☆King&Prince 2018年3/8発売カレンダー予約受付中!

ういらぶ祭りも終わって

2018-11-18 | KP紫耀ごと
後は、映画を何回見ようかという所に落ち着きまして、平野さんたちは絶賛帝劇リハ中、年末年始の収録も始まってるでしょうし、平野は、明日はトークショーもありますね。

そんなういらぶは、予想以上にお客さんが入っていて、明日のトークショー前の打ち合わせで、客入りの良さの話もあるでしょう。ういらぶヒットを背景に、トークショーが開催されるのは、配給会社、スタッフ、キャストとも嬉しいでしょうね。

中規模で、東宝配給でもなく、ちょっと不利な状況の中、休日はたくさんの人が入って、文字通りのヒットおめでとうございます。

映画のヒットって、水物ですから、すごい宣伝したからと言って入るものではないですし、平野が、100個以上の取材をこなして、TVにも出まくって(これはすごく嬉しい)休む暇もないほど頑張って、結果がついてきそうなのは本当に嬉しいです。

明日のトークショー、カメラが入って翌日WS流れるといいんですけどね。

晴れやかな平野の表情が見たいです。


そして、ういらぶ祭りも、こちらは、後は映画を見るだけどいう事で、来週も映画見にいってきます。

岡山市内の、バスの映像に監督さんが映ってるとか、これ確認しないと。それと平野の素の表情が未だによくわからないので、これも確認したいです。
監督さん、映り込みはお茶目でいいなーヒッチコック思い出す。

スイーツおとぎ話映画は、こんな遊びがあると嬉しい。

それと、ういらぶのOPの映像って、なんか、昔のアイドルドラマを思い出して、とても懐かしくて、こんな能天気で明るくて、ほぼ悪人が出てこない映画が大好きです。

早くDVDが出て、おうちで見たい。


そんなわけで、平野のTV追いも雑誌追いも終わりまして、ちょっと寂しくなったので、ハニー引っ張り出してみたんですけど。

久しぶりに見る鬼瀬くんが、とっても魅力的で、凛くんとは違った可愛さと男らしさと、一生懸命に生きてる鬼瀬君がかっこよかった。

ほぼ、数年ぶりであろう、平野にとっての久しぶりの映像での演技の仕事なんですけど、すごく自然に、鬼瀬を作っていて、やっぱり上手い人なのを感じた。

今年は、デビューも紅白もとっても嬉しいけど、平野の演技の仕事を3本も見られると言う、贅沢な1年でした。

さらに贅沢を言えば、年に2本くらいは平野の演技仕事を見たいです。今年はデビューイヤーでの推しもあったので3本も見られましたが、来年からは1本くらいになってしまうのかな~

平野の演技もですけど、本当に映像に映える、平野の華のあるビジュアルを、TVでスクリーンでたくさん見たいですし、平野の変遷を映像で残したい。

鬼瀬くんのビジュアル、凛君のビジュアル、晴のビジュアル、みんな素敵で、本当に平野ってスクリーンに映える。
平野を映像に映える華の俳優さんとして、これからきちんと売って欲しいなと。

スイーツっぽい、気軽な映画が続いて、今しか出られない映画が終わったら、これからは骨太なドラマや映画に出られるといいね。

今この時期の平野が映像に残せて、ほんと良かったです。

それにしても、少女漫画の、エピソードのかぶりように笑ってしまうけど、学園ものだから当然ですかね。

お弁当、体育館裏、山に出かけてのトラブル、へたれな女の子、ツンデレの主人公w

でも、最後の方のあのシーンはういらぶの方が衣装もヘアも綺麗で好きw

(そういえば、晴も最後に同じようなシーンがありました。お弁当もw)




明日のトークショー、公開御礼トークショーになっていて、なんかいいなあ。ヒットではなく公開御礼というのが、この映画の何かおくゆかしいというかね。
まあ、来週あたりにあるかもしれない大ヒット御礼舞台挨拶があるからかもしれないので、明日は公開御礼なのかもですけど。
公開御礼の言葉がすごく平野に合っていて、ういらぶのスタッフ関係の雰囲気がとても良いのが窺える。

そこそこヒットしてるのも、いろんな意味でモチベ上がるでしょうね~
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 泣いていいですか?>少年セ... | トップ | 平野紫耀アイドルのファンタ... »