航空おもしろ動画紹介

ネット上にある、航空関連のおもしろ動画を発見し、紹介してみよう、というブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

B747型機が着陸のとき 40°傾けて滑走路に正対

2008年07月29日 23時13分32秒 | 着陸
B747型機が着陸のとき 40°傾けて滑走路に正対するところを撮影した動画を見つけましたので、ご紹介します。

この記事を書くにあたり、以下のブログを参考にさせていただきました。
 WHEEL IN THE SKY
 *ケセラ・セラ *
 世界の衝撃映像集



Malaysia Airlines Boeing 747 steep turn landing at Hong Kong

場所はすでに廃港となった啓徳空港で(撮影日も啓徳空港が使われていた頃)、ここは滑走路の手前で急旋回しないといけないことで有名ですが、ここまで急旋回しないといけない、ということはないと思うのですが...
動画の 0:28~0:32 の動きを見ていると、そのままひっくり返ってしまうのではないかと思えます。

位置関係だけなら羽田16Lよりやさしい筈なのでここまで大きく傾けなくてもいい筈なんですが...
この空港の難しさは、位置関係よりも、むしろ、横風の強さ。

実際に旋回を始めてみたら、風が想像と違っていて、滑走路の延長線から向こう側に大きくはみ出てしまうことに気付いて、慌てて傾きを大きくしたのかもしれませんね。

40°傾けたときの床方向にかかるGは(降下速度が変化しなければ)G/cos40°で 1.3G、
乗客も、短い時間に1Gから1.3Gに変化したら、身体に感じると思うので、怖かったのではないでしょうか?

この記事についてブログを書く
« ゼロ戦(零式艦上戦闘機)の... | トップ | エアバス320型機が着陸で尻も... »

着陸」カテゴリの最新記事