STEP BY STEP

リウマチでも一歩一歩ゆっくりでもいいんじゃない?アクテムラ再開。ビオラなりに感じたことを発信しています。

市販靴にオーダー中敷を入れて歩いてみる

2019年10月11日 | リウマチ・通院
こんばんは~ビオラです♪
通院続きの今週は、フットウェア外来でオーダーメイドの中敷きの受け取り
にも行ってきました。


※イメージ画像

オーダー中敷は、夏に作ってもらった中敷の型があるので割引が
適用されましたが、それでも私には考えるお値段(^_^;)
過去記事:
中敷を注文!フットウェア外来へ


でも、市販靴を買い損ねるよりは歩行のバランスを正すには、
中敷は必要だと考えて注文。

ただ、気になるのは市販靴のペダラとオーダー中敷の
組み合わせなので、中敷の厚みが出た分、微妙にかかとがずれる感触があること。

装具士さんはそれを見越して、薄めに作ってくれたらしい。
本当に、技術を患者の悩みに惜しむことなく費やしてくれるプロだと
思います。

これは、慣らしていくにつれて中敷がある程度、フィットするらしく
解決できるのだと、装具士さんの答えがありました。

2日間、試し履きをしてみていますが、今のところ、ずれる感じを
早くも忘れています(^^)

あと、右足指の変形があり指が靴に当たるのは、オーダー靴を作って
もらったほどなので、市販靴でどう対処するんだろ?と
思っていたら、当たる部分だけを先端が円形になっている特殊な器具で
伸ばしてくれました。
2か所ほど伸ばしてもらっただけで、当たらない~ヾ(〃^∇^)ノ♪

蹴り返しも結構良くて、オーダー靴より指先の圧迫感はあるものの
歩く時のクッション性は、市販の中敷と雲泥の差。
お値段以上の価値を感じてます~♪
コメント   この記事についてブログを書く
« 消化器内科で血液検査の経過... | トップ | 2019年10月のリウマチ科 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リウマチ・通院」カテゴリの最新記事