夢から慈しみの世界へ

神と自然と人間の共生
神一元・善一元・光明一元の生活
人間の生命の実相は『仏』であり、『如来』であり『神の子』である

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

脳髄を破壊すれば精神力はあらわれなくなる。

2018年02月26日 23時02分30秒 | 真理の言葉
すべての事は吾が為すのではなく、

神の御心が為すのである。

神の御心の如く生きよ




精神力はおおむね本源の力(神の力)を指すものではない。

精神力が第一次的生命ではない、

それは脳髄を破壊すれば精神力はあらわれなくなるので明らかである。

精神力が消えようとも、

脳髄を創造した『神秘者の力』は消えるものではない。

だから精神力が現われる前に

『神秘者の力』により脳髄は創造されたのである。

脳髄から出でた精神力は、

生命の最前線にたつ先遣隊のようなものである。

しかし先遣隊(精神力)といって軽んじてはならないのです。

先遣隊(精神力)の案内するところに

本隊(神の御心)が導かれて行くからです。



御子の権威

そこでイエスは彼らに言われた。

『子は父のなさることを見なければ、

自分からは何事もできない。

父がなさることはなんでも、

子もそのとおりにする。

父は子を愛して、

御自分のなさることをすべて子に示されるからである。

またこれらのことよりも大きな業(わざ)を子にお示しになって、

あなたたちが驚くことになる。

すなわち、父が死者を復活させて命をお与えになるように、

子も、与えたいと思う者に命を与える。

また、父はだれをも裁かず、

裁きは一切子に任せておられる。

すべての人が、父を敬うように、

子をも敬うようになるためである。

子を敬わない者は、

子をお遣わしになった父をも敬わない。

・・・・・・・・

わたしは自分では何もできない。

ただ父から聞くままに裁く。

わたしの裁きは正しい。

私は自分の意志ではなく、

わたしをお遣わしになった方の御心を行うとするからである。

ヨハネによる福音書  5.19~30






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花の心・・・久遠の喜びよ | トップ | 食により心を養うことが出来... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

真理の言葉」カテゴリの最新記事