EMANON

「無題」らしく。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スバルがGMと提携解消。そして…

2005-10-06 22:43:42 | クルマ
トヨタが富士重工業の株8%を取得し、筆頭株主となった。
こんなニュースで朝からサプライズをいただきました。

元々富士重はGMが筆頭株主であり、提携関係にあった。
それがGM自体の経営悪化と提携のメリットの希薄化により
提携解消という道をとった。

一部でも言われているように、
結局形としてはトヨタがGMに助け舟を出した格好である。

こうなったからといって、トヨタ車に水平対抗エンジンが
乗るかといわれれば、そうはならないと思われるし、
日野なんかのようにトヨタの車体工場になることもなかろう。
まあ、日本の外に出れば必ずしも無いとは言えないが。
事実、一部報道ではアメリカの富士重の工場をトヨタが
活用するという話も出ているからね。

ま、今回はトヨタが富士重のブランド力に負けたという
見方のほうが、個人的には面白い。
1990年前後の富士重の危機を救った車、レガシィ。
スバルといえばこの車であるが、トヨタはその資本力・
超強力な販売網をもってしてもこの車の市場では勝てない。
トヨタで言うと、カルディナあたりが同クラスになるが、
カルディナあたりでレガシィに対抗しようとは、笑止千万。

レガシィにせよインプレッサにせよフォレスターにせよ、
ああいう芯から肉厚のクルマはトヨタには作れない。
目指す方向性がハナから違うといえば、それまでだが。

そして日本で唯一といってもいい、そのブランド力。
そのプレミアムブランドに、GMも惚れたわけである。
今回のケースだって、トヨタが富士重ブランドを認めたと
考えるほうが、面白いじゃあーりませんか。


しかし、富士重もつい10年ぐらい前までは
筆頭株主が日産自動車やったんやけどね。
日産と富士重はルーツをたどっていくと親戚みたいなもの。
まあ厳密には大昔に日産と合併したプリンス自動車工業って
いうところが、富士重と兄弟みたいなものやったと思う。
記憶が定かではないので、あまり確信はないですが。

そう考えると富士重も安住の地がなかなか見つからないのかと
思ってしまうし、逆に富士重ぐらいの会社になればそれこそ
単独でも生きていけると思うが、このご時世ではなかなか
それも簡単ではないようやね。
ポルシェだって、ハイブリッド車を開発しようと
しているぐらいやからねぇ。

まあ形はどうあれ、ああいうステキなクルマを
これからもがんばって作り続けてもらいたい。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 巨人と阪神とサンガ。 | トップ | プレーオフってどうなの。 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日産と富士重 (yagamania)
2005-10-07 21:05:49
トランクバックありがとうございます。



以前は富士重の筆頭株主が日産だったという事をご存知ですので、その事に関して少し書きますね。



まあ、ぶっちゃた話、あの頃富士重は、日産の車体メーカーだったのです。群馬でサニーやパルサーなんか生産していました。自分の工場でカローラワゴンを生産するダイハツみたいなものです。(ダイハツに関しては、今より資本提携が希薄な十数年前からそういう体制で生産しています)あのクラスのメーカーは下請け仕事をしないと食べていけないのが現実で、自分の車のみ作っているのは、日本では3社しかありません(トヨタ、日産、ホンダ)。これから先どうなるのかわかりませんが、こういう歴史も参考になると思います。



TBいただきます。

どうも (viola04)
2005-10-08 23:11:28
こちらこそTBありがとうございます。



やっぱり車体工場化してしまうんですかねー。

でも日産の下時代の富士重とか10数年前のダイハツとかにしても、取得株式が20~30%超ありましたし、今トヨタは筆頭株主とはいえまだ8%超ですから、大丈夫なのでは…などとそれは浅はかな考え方か。ま、トヨタが本気出せば富士重などすぐにでも傘下におさめちゃえるでしょうし。でもそんなことになれば、もうクルマなんて乗らなくなっちゃいそうな自分。

コメントを投稿

クルマ」カテゴリの最新記事