のんびり一口馬主

2年のお休みを経て、復活しました。
社台・サンデーの一口馬主記録メイン、時々馬券…てなブログです。

第2戦 阪神4R未勝利 芝2000m 結果

2018-04-14 20:21:28 | アドラータ(牝3 500万下)
勝ちました~

頑張ってくれました


パドックから。

マイナス10kgでしたが、ちょうどいい感じに見えてたので…

デビュー戦が余裕残しだったのかもしれませんね。

ちょっとチャカチャカしてたので心配しましたが…

イレ込んでるという程では無く、結果的に見れば気合が乗っていたと言う事でしょう。

ココは3番人気でした。


レースへ。

スタートを決め、押して前へ。

他に主張してくる馬はおらず、そのまま先頭に立ち、逃げる形に。

この時点でペースは上がらないだろうと思ったので…

捲ってくる馬がいないように祈ってました(笑)。

1000mを1分2秒チョイで通過して行き、そのままの形で直線へ。

2番人気アスタービーナスとの一騎打ちになり、残り50mで並ばれましたが…

そこからもうひと伸び、ハナ差凌いでのゴールでした。


騎手からは「長く良い脚を使うタイプなので…

今日は逃げるか、好位につけるレースをしようと思っていました。

ゲートが上手く出られたのでハナに立ってレースを進めました。

直線、外から来られても、もうひと踏ん張りしてくれました。

考えていたような位置取りで、レースのペースを落とせた事も良かったです。

テンションが少し高めな馬ですが、今日のように落ち着いて…

コントロールできる展開ならば、距離は延びても大丈夫だと思います」とのコメント。


調教師は「出走を延ばして正解でした。一つ勝ちましたので、一旦、島上牧場に放牧し…

グリーンウッドトレーニングに移動して調整していきます」との事。


競ったアスタービーナスは内枠から出て、先頭の後ろ、ポケットで折り合い…

直線も割とすんなり前が空き、後はこの馬を交わすだけという、最高の展開でした。

いい目標になってしまって、正直2着を覚悟しましたが…

なかなかいい根性してますね~

何と言っても未勝利戦ですから…このハナ差は大きい。

小崎騎手も最後までよく追ってくれましたし…

調教師のレース選択もお見事でした。

雨が午後からで、馬場がもってくれたのも良かったです。

そんなにマイナスにはならないのでは、とは思ってましたが…

割とトビの大きい馬だし、気にする可能性もありましたからね。


さて、この後はどうするんでしょう。

北海道まで移動はしないようなので、休養して次は函館って感じではなさそうですが。

個人的には3歳戦の間に、5月19日のメルボルントロフィー(2200m)か…

翌週の平場2000m辺りを1度使ってみて欲しいですね。


夏頃には…と思ってたのが、こんなに早く勝ち抜けてくれて…

その後の事を想像しながら楽しめるとは。

6月からは古馬混合戦となり、更に降級馬とも一緒に走ることになりますが…

この馬も、馬体を含めまだまだ良化の余地がありそう。

引き続き頑張って欲しいですね
コメント (2)