「介護録」とユルユル日記

介護終了、ブログタイトルかえました。


ご挨拶

2014年12月7日をもって私の介護生活は終了しました。

介護中、このblogに毒吐きし、多くの介護仲間さんに助けられました。
過去記事を読むと穴があったら入りたい気分でもありますし、今とは考え方も違うところもあります
身勝手な独りよがりも多々ありますが、そんなあれこれも、介護中の方たちのデトックスに一役かえたらという思いから「介護録」として残しておくことにしました。

今後はユルユルと日常をつぶやきながら時に介護や認知症に対する思いを書いていこうと思います。

タティング

タティングは↓こちらに 写真をアップしていくことにしました。
お暇が出来たらのぞいてやって下さい。
→こちら Instagram

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

柳月「春なんしぇ」

2017-04-23 | ■Sweets


「三方六の小割り いちご」と同じく春限定のフィナンシェ。
こちらも美味です。
(柳月、六花亭といったところはほぼハズレはないですけども)

スイーツは春色ピンクだけど
天気は~~~~

寒い。

昨日の朝も雪混じり雨がちょっと降ったし……

桜前線は今どこ?
まあ、道東はGW後だろうからまだまだ先。
(で、今年は無事にGWを迎えられるの?半島って休戦中なわけで、なんでオリンピック開催出来るの?ああ、面倒くさい、北と南だけでカタをつけたらどうなのよ!……とか思う。最後にはまた日本のせいなんだろうし)


今朝、母がゾンビのごとく生き返る夢を見た。
ゾンビといっても、グロテスクにオソロシイモノではなかったけど。
私のベッドの上で、死んだはずの母が半身起こして笑っていた。
怖くはなかったけれど、違和感。

でも、夢の中の自分は喜んでいた。
戻ってきてくれたのね~~~~とかいって。
まるで、行方不明だったのが無事に帰宅したみたいなリアクション。
そして抱きついてた。
でも、母は、言葉なし。
笑顔だったけど、それがまたなんだか妙な感じで、心がない笑顔というのかなぁ?
誰かに操られてるみたいな?
だから、喜びながら、激しく違和感。
ゾンビだ……と自覚しながら喜び、戸惑い、これはイケないと思いながら、ううん、いいのよ、と打ち消す。

ああ、へんな夢

そのあとに別な夢を見たけれど
今度は流血騒ぎのパニック夢。

なんなの?私……。
コメント (2)

柳月「三方六の小割 いちご」

2017-04-12 | ■Sweets


春色してます。
いちごの三方六。

小割よりは、一本ドーンとほしいような……。


引越しして、そろそろ1ヶ月。

お腹の調子が狂ったり
謎の咳が出てたり
眠れなかったり

色々不調だったけどやっと整ってきたような気がする。
(痛めた膝はもう少し……という感じだけど)
といいながら、今日は頭痛気味(^-^;
(昨日、色々おかずを作っておいてよかった~~)


早くストーブいらなくなるといいなぁ~












コメント (2)

99のnegativeと1のpositive

2017-04-10 | ●介護回想(2015~)
4/7のほぼ日手帳には

「~前略~
ものごとは、100件あったとすると、99件は、厳しい、たいへんなことです。
でも、ひとつくらい、ああよかった、しあわせだった、みたいなものごある。
その1個を心のボケッとの中に入れて、進んで行く。それしかないんじゃないですかね。」
(三浦純一院長が『福島県須賀川市公立岩瀬病院のこと。』の中で)

という言葉が載っている。


でもなぜか人は
99のnegativeをよく思いだし
1のpositiveは忘れがち。

なぜ
negativeな方にばかりアクセスしてしまうのだろう?
脳がそういう構造をしているの?

もしかして、negativeはとっても開きやすい引き出しに、一目でわかるような形状で無造作に放り込まれ、
positiveは大事に大事に
どこか奥深い特別区の引き出しに鍵をかけてしまいこんでいる?

もし、そうなら、
奥にあるその大切なpositiveな記憶は、認知症になっても失われないのかもしれない
……なんてちょっと考えた。

だけど認知症ゆえに、
引き出しの探し方を忘れたり
開け方を忘れたり
もしくは、見つけてもそれをうまく言葉にすることが出来なくて

外から見れば
全部忘れちゃったんだね…………と。


母にも残されていたのかな?1のpositiveな記憶。
そうであってほしい。そうならいいな……と思いながら

娘であることさえ、早々に忘れ去られた私っていったい………

これ以上考えるのはやめておこう。


コメント (2)

引越しもストレス

2017-04-03 | ▼ユルユル日常


引越し作業に明け暮れて
一段落ついたけれど
落ち着かない

ストレスも一杯かかったみたいで体調が整わないし
痛めた膝ももう一息

ああ、ホントにエネルギーないんだな、わたし
と再認識。
引越しでこんなにストレス感じるなんて思ってなかった。
やるべきことを目の前にすれば
とにかくこなしてきたけれど
その後にかかるストレスが半端なく
前の自分と違う



それにしても

前に住んでいた人
掃除したことあるのか?と突っ込みたくなるくらいに
台所、洗面所、お風呂の排水口がスゴかった。(吐きそうだった)
水垢もすごかった。シンクのストレーナーは捨てた。
掃除機はかけて出ていったのだろう、目に見えるホコリはなかったけれど、クイックルワイパーで床フキしたら………………ああ、やっぱり……だった。
ついでに窓のサンも……
家を建てる間の仮の宿だったから、テキトーだったのか?

そんなこんなで、引越し作業中から何回も掃除した。


変化というものは
エネルギーのあるときにやるべきことなのね、きっと。
弱ったいるときは
ほんの小さな決心とか、ささいなTODOでもストレスになるから
無理しない……と言われるけれど
ホントにそのとおりかも。

住所変更は、郵便物の転送期間中にゆっくりやろう。


郵便物の転送、「e転居」でネットでやったんだけど
その申請作業の過程で送られてくるメール、文字化けします。
わたしだけではなく、Androidスマホへのメールは文字化けすることが多いらしい。
ネットで手順解説サイトを見つけたので、文字化けメールをカンで読みながら完了したけれど、パソコンからのほうがいいみたい。文字化けメールはやっかい。
なぜ改善されないんでしょう?














コメント (2)

やっと電話開通……ぷらら光のサポートはちょっと…………

2017-04-02 | ▼ユルユル日常
やっと電話回線工事すみました。長かったワ~~
固定電話がなくても気にはならないけれど、Wi-Fiが使えないのはキツイ。
13日に引越しして、今日までほぼ3週間。
混んでる時期だから覚悟はしていたけれど。

でもね、ぷらら光のサポートちょっとヒドイ。

引越し申込したのは3月4日。
専用窓口から明日、明後日中に連絡しますといわれたけれど、連絡が来たのは9日。
このときのオペレーターが、引越しの段取り云々の前にコース変更の話をしだして、安くなると言われたんで、じゃ変更しますということに。
すぐ対応できるのかと思いきや、調べて折り返し連絡するって。

このとき、変更しないからさっさと引越しの話をしてと言えばよかったなぁ
でもまさか、その折り返し連絡が12日まで来ないなんて思わなかったよ。

その12日に連絡してきたオペレーターは、いきなり
「ファミリータイプです」と一言。その後沈黙。
もう、なんなの~~
たぶん、コース変更は出来なくて今までどおりファミリータイプってことなんだろと思い、それはわかったから、引越しの話を~~と言ったらば、

「調べて折り返し連絡します」だって。

その場でなぜ端末?とかで調べられないのだろう?間違いなく引越しの申込みしているんだから。

「私は3月4日に申し込みしている。明日は引越しなので、管理会社に電話回線の話もしたい。どんな状況あってもとにかく今日中に一報がほしい」と念を押して
相手も「必ず今日中に連絡します」と約束したんだけれど

……来なかった。

引越し当日の朝、サポートに掛けた。ちょっとキレながらも、
奇跡的に一度で繋がったので、わたし、持ってる?なんて思いつつ。

前日に連絡すると約束したオペレーターは休みだったよ。

でも、この時対応したオペレーターがちゃんとした人。
経緯を伝えるとサクサクと調べて状況把握して、引き込んだ光回線をどうするかとか、具体的な話になり回線工事の日にちの確認までスルッといった。
はじめからこの片にあたっていたら……

それにしても、連絡するという約束を無視した(忘れたのかなんなのか知らないけれど)ことはダメでしょ。

折り返し連絡するといわれたまま音沙汰なしとか、ぷららとNTTをたらい回しにされたって話がネットにあった。
まあ、どこのサポートもトラブルになった人は色々いるだろうけどね。

今のわたし、
Aスーパーは品揃え悪いからBスーパーに行こう~~ってくらいに簡単に変えられるなら、ぷららなんかやめてやるぅ~~って気分なんだけど……ややこしいからやめない……。


とにかく、電話開通で引越しにかかわる作業は終わり。
(細々した住所変更とかゴミ処分はまだあるけど)

気がつくと4月。

でも、窓の外にはまだ雪が……。




コメント