ヴィード アンティークブログ

『貴方の夢の空間を形にするのがヴィードです!!』
アンティーク家具をベースとした落ち着きある癒しの空間を演出します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ばたばた、バタバタ

2010年11月18日 | 新着
お世話になっております。


本日より、4日間限定で開催中

アンティーク逸品展&じゅうたん展

バタバタして、ほっと一息じゃなかった、
まだこちらの時間。

お店の感じのご報告

まずは、新着アンティーク小物!



手前にみえる、コーヒーカップがミントンですよ



めずらしい象嵌や彫刻の木箱たちです。
宝石入れたり、手紙を入れたりできるサイズです。


一コーナーつくりました。
スペシャルじゅうたんコーナー!



パキスタンの手織り 超特価です!



シルクのペルシャ絨毯 ご来店して触ってください!本当のシルクタッチができます



ウール。ウールシルクのペルシャ絨毯 玄関マットサイズ
など、いろいろご用意しています。

ちなみに、お値段等は、ご来店していただくか、
電話でのお問い合わせも大歓迎です。

今回は4日間限定で古江店だけのスペシャルセールとなっております。
お早めにご来店ください。
お待ちしております。

コメント

そろそろクリスマス

2010年10月27日 | 新着
ぐ~~~~っと寒くなりましたね!!

冷え性の私にはつらい時期の到来です。
コートも急いで準備された方もおおいのでは?

私もその一人。
去年まで使っていたコートがボタンがとれとれになってしまったんで、
新しいコートを買おうと
昨日意気込んで見ていたら、
かわいい値段の
変わったコート発見!!!

速効で買ってしまいました。

町はまだまだ薄着の人が多かったですが、
そろそろという感じでクリスマスのツリーやショーウィンドウの飾り付けも始まってました。

ということで、
ヴィードもちょっとクリスマスっぽくなってます。
リースやツリーだけではなく、
ちょっとした飾りも。
シックな大人のクリスマスを素敵に過ごすアイテムが揃っています。

点数がとっても少ないので、是非お早めに!!!!

お問い合わせは
082-275-3130

コメント

チェアのリペア【施工例その1】

2010年09月23日 | 新着
今日は雨ということもあり、随分と涼しくなりましたね!!
ヴィードの営業が『一年中こんな涼しさだったらいいのに・・・・』と言っております。
営業はこの夏、この猛暑の中外回りをがんばってましたから、確かにと思ってしまいました。

どこかこんな涼しさ一年中のところってご存知の方是非教えてください!!


さて、今日は女性らしいベルギーから仕入れたチェアをお客様のご依頼を受けてリペアしましたので、ご紹介したいと思います。

リペア詳細についてはこちらをご参照ください。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


さらに女性らしさをアップさせエレガントな仕上がりになりました!

生地を張り替えると、印象がガラッと変わります。
生地はヴィードがイギリスやフランスから仕入れてきたシルクの生地を使用。
お客様と『こっちがいいかな?やっぱりこっちかな?』と言いながら、一緒に選ばせていただきました。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


木部のリペアもさせていただきました。
写真ではちょっとわかりづらいですが、彫りが立体感を増し程よい陰影がつき、適度なツヤ感も。

こうやってヴィードのアンティーク家具たちはお客様のもとへお嫁入りしていきます。
お化粧して、いいドレスをまとって・・・・。本当に新婦さんみたいです。

もちろん、リペア前の状態がお好きな方はこのままお持ち帰りされることも。
ただ、椅子は座面を張り替えた方が座り心地抜群になります。
座面の張り替えについては→こちら

ヴィードでは木製品なら同じようになんでもリペアができます!!
※一部お承りできないものもございます。お気軽にご相談ください。

詳しいお問い合わせは
ヴィード古江店ユーロプラザ
082-275-3130までどうぞ!!
コメント

玄関はお家の顔です

2010年08月19日 | 新着
こんにちは♪

お盆休みもあっという間に駆け抜けていきましたね・・・・。
お休みはやってくるまでは長いのに、過ぎてしまうとあっという間。
時が止まってしまえばいいのに、なんて考えてしまったりします。

さてさて、こんなに猛暑日が続くと人間だけでなくすべてのものが傷みやすくなります。
とくに木製品は乾燥に弱いだけでなく、日光にさらされ続けると痛みも激しく、
こんな感じになってしまいます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


築28年
玄関は南向き
玄関ポーチはあるものの、台風や大雨の時は玄関は水浸し。
十数年前までは年に一度ワックスを塗ってきれいにしていたが、
ある大きな台風で玄関下部の傷みが激しくなってから、放置状態。

御依頼主様は『いろんな業者に見積もりを取ったけどどれも高いか無理と言われた!』
『木製の玄関のままがベスト』ということでずっとリペアをできるところをここ何年も探していらっしゃったそうです。

そしてリペア後がこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


もう少し詳しい解説はこちらでご覧いただけます。


玄関はお家の顔ですから、自分のお顔と同じように綺麗にしてください!!

玄関は意外とみんな見てるんです。
実際、こちらの御依頼主様は施工後『あら~玄関あたらしくしちゃったんじゃね!!』
と、お客様に結構言われたそうです。
息子さんにも『新しくしたん?塗るっていいよったのに。』と言われたとか。

皆様はどうでしょうか?

詳しいお問い合わせ・お見積りは
082-275-3130
コメント

王の荘厳さ漂うチェア

2010年07月21日 | 新着


映画のワンシーンを思い浮かべてください。


とあるお城の謁見用のお部屋の中。
護衛兵が両脇をかため、大理石の数段ある階段の最上段に王が椅子に座っている。

座っている向こうから後光が差しこみ、王の荘厳さをより強調している。

『今度のパーティーには君の作曲した曲を演奏してくれたまえ。より壮大に!栄光をたたえる曲を!!』

とかなんとか・・・・・。

こういうワンシーンって西洋の歴史が関わる映画ではよくあるワンシーンですよね。



ちょっと横道それましたが・・・。

このチェアはそういった謁見の際に王様が座るものだったそうです。

(こんなことを言うのはなんですが、くつろぐ感じの椅子ではありません。)

でも置いておくと、自分も王様になった気分になるかもしれませんよね!

今日木部のリペアを終えヴィードユーロプラザに戻ってきました!!
なかなか見ることのないこの一品。

ぜひヴィードユーロプラザに見にいらしてください。

この商品についてのお問い合わせは082-275-3130(ヴィードユーロプラザ/上田)まで。
コメント