ヴィード アンティークブログ

『貴方の夢の空間を形にするのがヴィードです!!』
アンティーク家具をベースとした落ち着きある癒しの空間を演出します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

花柄ゴブランの椅子(アンティーク家具のご紹介)

2012年03月01日 | アンティーク

3月です!

まだまだ寒いけれど、でも、なんとなく、どことなく、春めいてきましたね。

 山路(やまじ)きて 何やらゆかし すみれ草

は、芭蕉の有名な俳句ですが、すみれの色や形はつつましく、何とも心惹かれます。

 

今日は、そんなすみれが描かれたゴブランの椅子のご紹介です。

背面や座面中央に大きく描かれているのは、大輪のカサブランカとバラです。

そしてそのまわりを愛らしく飾っているのが……すみれです。

優美なカサブランカやバラも、もちろん素敵なんですけれど、ちいさなスミレがちりばめられているのが、なんとも可愛らしいゴブラン生地だと思いませんか?

すみれの可憐なたたずまいに心惹かれるのは、日本人だけではないのですね(^^

 

この椅子はもともと19世紀の古いものなのですが、この可愛らしい生地で張り替え、リペアしています。19世紀の美しいフォルムのものを、新品同様のものとしてお使いいただけますよ。

 

こちらの商品はヴィードオンラインショップでも取り扱っています。
サイズなどの仕様なども、オンラインショップでご確認ください。
http://www.vide.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=206

 

ヴィード古江店では、他にも素敵なアンティーク家具を扱っております。
ぜひ遊びにいらしてくださいね。

 

********************************************************

井口店のブログでも、いろいろな商品などをご紹介しています。

こちらもあわせてご覧ください。http://blog.goo.ne.jp/vide-inokuchi/
********************************************************

コメント

ウィリアム・モリスのデザイン

2012年02月28日 | アンティーク

御無沙汰しておりました。みなさんこんにちは(^^

1月末から実施中の決算セールも、いよいよ残すところあと2日となりました。

現在、最終セールまっただ中で、あらゆるものが底値になっていますよ!

お買い忘れのないよう、ヴィードにお越しくださいね。

 

さて、今日ご紹介するのは、以前ご紹介した椅子の色違いです。

張り替えてある生地はウィリアム・モリスはウールのジャガード織りです。

「モダンデザインの父」と呼ばれたウィリアム・モリス。
彼はデザイナー以外にも、詩人でもあり、マルクス主義者としても有名で、それぞれの分野で大きな業績を挙げた、多彩な人です。
産業革命下のイギリスでは、工場で大量生産された商品が多く流通するようになりました。そんな中、モリスは中世にあこがれて、モリス商会を設立し、インテリア製品や美しい書籍を作りだしました。生活と芸術を一致させようとするモリスのデザイン思想とその実践は、多くの人に大きな影響を与え、20世紀のモダンデザインの源流にもなったと言われています。
現代の日本にもファンが多く、インテリア好きの方ならば、彼が手がけたものは一度は目にしたことのあるはずです。

そんなウィリアム・モリスの「モリス商会」ですが、2011年に150周年を迎えました。それを記念してのコレクション「アーカイヴ」より“ピーコック&ドラゴン”と名付けられたウールの織り生地を使って張り替えられたのが、この椅子です。
このデザインは15世紀、16世紀のシチリア島のシルクの織り生地が基になっていると言われています。微妙な色のパープルとチャコールグレーが絶妙なバランスでデザインされています。
どこかエキゾチックな雰囲気もありますよね。

パープルとブルー、どちらがお好きですか?

一つずつでももちろん良いのですが、色違いのペアとしてお使いになられたら、とても素敵です。

 

ヴィードは輸入生地を使っての椅子の張り替えが得意です(^^
お手持ちのお気に入りの椅子やソファをおしゃれにリメイクしたい、と思ったら、ぜひヴィードにご相談くださいね。

 

こちらの商品はヴィードオンラインショップでも取り扱っています。
サイズなどの仕様なども、オンラインショップでご確認ください。
http://www.vide.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=205

 

ヴィード古江店では、他にも素敵なアンティーク家具を扱っております。
ぜひ遊びにいらしてくださいね。

 

********************************************************

井口店のブログでも、いろいろな商品などをご紹介しています。

こちらもあわせてご覧ください。http://blog.goo.ne.jp/vide-inokuchi/
********************************************************

コメント

ゆったりくつろげるロココな椅子(アンティークチェアのご紹介)

2011年12月14日 | アンティーク

貴方の為の特別空間『アンティークマイチェア』フェアー開催中のヴィード古江店です。

年末クリアランスセールも実施中ですよ☆

 

今日ご紹介するのは、ロココ気分が満喫できる椅子です。 

かなりゆったりとした椅子です。

椅子というより、座り心地としては、一人掛け用のソファです。

深く腰掛けると、すっぽりと包まれたかのような、ゆったりと気分になります。

木部の彫刻、装飾的なフォルム、そして猫脚にロココっぽさが詰まっています。

 

生地はウィリアムモリスの『ピーコック&ドラゴン』で張替えしました。ウールのジャガード織りで、心地よい肌ざわりです。

ロココなデザインの椅子に、あえてこのエキゾチックな柄を合わせたことで、個性の強いとてもおしゃれな椅子に仕上がりました。

これぞ、わたしだけの椅子(マイチェア)と呼べる椅子ではないでしょうか。

 

こちらの商品はヴィードオンラインショップでも取り扱っています。
サイズなどの仕様なども、オンラインショップでご確認ください。
http://www.vide.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=203

 

ヴィード古江店では、他にも素敵なアンティーク家具を扱っております。
ぜひ遊びにいらしてくださいね。

 

********************************************************

井口店のブログでも、いろいろな商品などをご紹介しています。

こちらもあわせてご覧ください。http://blog.goo.ne.jp/vide-inokuchi/
********************************************************

コメント

スマートな象嵌の椅子(アンティーク家具のご紹介)

2011年12月10日 | アンティーク

貴方の為の特別空間『アンティークマイチェア』フェアー開催中のヴィード古江店です。

年末クリアランスセールも実施中ですよ☆

 

さて、今日はヴィードが得意とする象嵌の椅子です。

背もたれ部分にきれいな象嵌が施されています。

脚にも象嵌のラインが走っていて、全体的にスマートな印象の椅子です。

……象嵌のきれいなアンティークチェアってそんなにあるものじゃないけれど、ヴィードのブログだと頻出なので、毎回同じようなことを書いてしまいますね(^^;

 

というわけで、ヴィードにある素敵椅子の中でも、この椅子だけの特徴を一生懸命探してみました。

うーん…とぐるりとまわりを回ってみて、眺めて、ちょっと動かしてみて、びっくりしました。

軽いんです!

アンティークチェアって、木材が現在の木材とは違って、目が詰まったしっかりしたものを使っているので、たいていが重たいのです(もちろんそのぶん丈夫なのですが)。

でも、この椅子、女性が片手でも持ちあげられる重さ。

そう思って見ると、サイズも女性にぴったりのサイズのように思えます。

軽いからといって、作りが悪いわけではなく、木材をしっかりと組み合わせているので頑丈です。

そもそも、100年前の椅子が今でもこれだけきれいに残っているくらいですからね(^^

見た目もスマートですけれど、女性に優しいスマートさも持った椅子ですね☆

 

こちらの商品はヴィードオンラインショップでも取り扱っています。
サイズなどの仕様なども、オンラインショップでご確認ください。
http://www.vide.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=201

 

ヴィード古江店では、他にも素敵なアンティーク家具を扱っております。
ぜひ遊びにいらしてくださいね。

 

********************************************************

井口店のブログでも、いろいろな商品などをご紹介しています。

こちらもあわせてご覧ください。http://blog.goo.ne.jp/vide-inokuchi/
********************************************************

 

 

コメント

サロンの椅子(アンティーク家具のご紹介)

2011年12月09日 | アンティーク

貴方の為の特別空間『アンティークマイチェア』フェアー開催中のヴィード古江店です。

年末クリアランスセールも実施中ですよ☆

 

さて、今日ご紹介する「マイチェアー」は、100年くらい昔に、お屋敷のサロンで使われていた椅子です。

サロンって、なんだか素敵な響き……。

集う紳士淑女。

彼らにふさわしい贅沢な調度類を揃え、厳選の銘酒や美味なども並ぶゆったりとした時間。

恋の花咲くこともあったかも??

 

……はっ、また妄想にふけってしまいました。

妄想はともかく、この椅子はサロンに置いてあったいわゆる「応接セット」、そのうちの椅子の一つです。

木部は立体的な彫刻がほどこされ、猫脚もとってもエレガントです。

張ってある生地は、青緑と金茶の糸が縦横に織られており、微妙で絶妙な色合いです。

背もたれの生地は上品な織り模様があります。

 

この椅子に座って、かつての紳士淑女のように、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

こちらの商品はヴィードオンラインショップでも取り扱っています。
サイズなどの仕様なども、オンラインショップでご確認ください。
http://www.vide.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=202

 

ヴィード古江店では、他にも素敵なアンティーク家具を扱っております。
ぜひ遊びにいらしてくださいね。

 

********************************************************

井口店のブログでも、いろいろな商品などをご紹介しています。

こちらもあわせてご覧ください。http://blog.goo.ne.jp/vide-inokuchi/
********************************************************

コメント