Vic's Weblog


BCL
Bike
ラヂヲ
通信型受信機
ヘッドホン・オーディオなど

DRAKE SPR-4 スペア ランプ

2018年06月14日 | Drake SPR-4

DRAKE SPR-4 照明用スペア ランプを手に入れました。

6.3V, 0.15A, T10 という規格です。回路図には [ 47 ] と書いてます。¥110 / 個の価格です。

DRAKE SPR-4 はライト点いた時の雰囲気がいいです。

後ろにライトのスイッチあるんですが、スペア ランプがあれば節約は不要になりました。

LED にするとういう選択肢は以下の事から推薦されないとの意見を得ています。

1. SPR-4 はランプが交流点火のため LED ではチラツキが大きく目が疲れる。

2. 青色がドレーク・ブルーではなくなってしまう。

3. 明暗ムラが出る。

LED にすれば良いというものでもなさそう。

以前室内に LED 照明買って付け替えてラジオに凄いノイズが出たことを思い出しました。

コメント (4)

今頃になって WRTH 2018 購入

2018年06月14日 | BCL周辺機器/雑音対策

今頃になって WRTH 2018 買ってみたけど値段が高過ぎ!

毎年買っていたんですが、今年は要らないかな?と買ってなかったけど本棚に欠品あると気になってしかたない、受信機の記事を読みたかった。

買ってみて受信機の記事は昔ほどの内容はないですね。

PWR ( Passport to World Band Radio ) 誌が終刊になって 10 年経ちます。

コメント (2)

受信機専用スピーカー

2018年06月12日 | Drake SPR-4

大きさも違うし時代も違う三台

DRAKE MS-4, PALSTAR SP30B, ELAD SP-1

ELAD SP-1 はアンプ入り音質切り替え機能あり。

↓ 奥行きも全然違う。

音はどうでしょう?同時に聞けないけど、

DRAKE MS-4

古いので新品の時の性能が出てるか不明ですが中のスピーカーを見る限りは綺麗です。スピーカーの径は大きいけど低音はあまり強く出ない感じ。アマチュア無線 SSB 聴くと音声が明瞭で柔らかで聴きやすいです。

PALSTAR SP30B

ウーハー専用のスピーカーを搭載していると思われます。自宅にある前モデルの SP30 はウーハー専用スピーカーを搭載していました。木製のケースも相まって低音が強調される感じ!

ELAD SP-1

一番小さなこれはバランスよく音が出てきます。アンプを内蔵していて音質も三段階で切り替えでき、低音もシッカリ出ます。個人的に音質が一番気に入っていますが値段が高い!ELAD FDM DUOr と並べたらデザインは最高!

コメント

SPR-4 受信バンド ( Crystal ) の増設 ( 最後に追加記事 )

2018年06月11日 | Drake SPR-4

クリスタルの増設に時間はかかりませんでした。順番に並び替えて挿して終わりです。

↑ Crystal が満席となりました。

大変なのは、ここからです。

所望の周波数の表示をさせなければなりません。レーザー・プリンタ対応のA4透明フィルム・ラベルを用意して印刷します。

( インク・ジェット・プリンタでも可と思われる )

白い裏紙を剥がせば粘着の透明シールになります。

↓ 買った時、空スロットが 10 あったのでこんな感じでした。

印刷したシールを切り貼りしました!

これを本体に戻して出来上がり 2 時間ほどの作業!

 P.S.

オリジナルの印刷では文字が小さく感じたので 106% 拡大印刷したら丁度いい感じ。

コメント

DRAKE SPR-4 追加の Crystal ( 備忘録 )

2018年06月10日 | Drake SPR-4

DRAKE SPR-4 の受信可能範囲は 150kHz ~ 30MHz ですが、一個のクリスタル ( Band ) で 500kHz の範囲しか同調できません。新品で Option 無しだと下に書いた 10 個のクリスタルしか搭載されていません。

150 - 500kHz ( これだけ取り外し不可 )

500 - 1000kHz

1000 - 1500kHz

6000 - 6500kHz

7000 - 7500kHz

9500 - 10000kHz

11500 - 12000kHz

15000 - 15500kHz

17500 - 18000kHz

21500 - 22000kHz

全部で 24 個のソケット ( 残り 14 箇所 )あるので Option で 14 Band の追加ができます。

購入した時に付いてきたクリスタルに加えて、今回全ての 24 スロットを埋めるべく追加のクリスタルを手に入れました。

近々挿入してみます。

これでも、 完璧なシームレスにはなりませんが、以下の周波数を受信出来るようにします!

150 - 6500kHz ( 13 Band )

7000 - 7500kHz ( 1 Band )

9000 - 10000kHz ( 2 Band )

11500 - 12500kHz ( 2 Band )

13500 - 14500kHz ( 2 Band )

15000 - 15500kHz ( 1 Band )

17500 - 18000kHz ( 1 Band )

21000 - 22000kHz ( 2 Band )

28500 -29000kHz ( 1 Band )

以上 25Band ( Crystal 25 個 ) なりましたが 24 個のソケットしか無いので最後の 28500 - 29000kHz は使わない予定です。

コメント (2)

DRAKE MS-4 Speaker

2018年06月06日 | Drake SPR-4

ハンマーストーン再塗装済みの DRAKE MS-4 純正 Speaker が入荷!使われているビスやロゴは新品のようです。

分かってはいたけどでかい! SPR-4 本体とほぼ同じ大きさ!また卓上が狭くなる

上に積んでみたら場所は取らないけど何かバランスが ... 変!

下にクッション敷いてスピーカーを横にしてみたけどどうかな~?

ラックに入れるのが一番良さそう!

さて DRAKE SPR-4 の純正オプション追加はまだまだ続きます。次は?

P.S.

最新の PALSTAR SP30B と比べると SP30B も十分大きいけど、MS-4 の方がケースと楕円スピーカーが大きい分、音は落ち着いています。音声は聞きやすい感じ、AM で音楽向きではなさそう。昔のコンポ スピーカー並みの大きさでした!

右の PALSTAR SP30B は木製です。

もう十分エージング ( 加齢 ) してるからエージングは不要でしょう。

コメント

SPR-4 の Preselector と同調の取り方

2018年06月01日 | Drake SPR-4

SPR-4 の Preselector は優れています。

Preselector 付きの受信機はおよそ BPF が付いていると思いますが、SPR-4 の Preselector は μ 同調方式のようで Q はかなり高いように思います。周波数を合わせても Preselector の Q が合わないと全く聴けません。Preselector の同調を取ると急激に信号が現れるのにチョットびっくりです。この下の画像の6つのコイルを同時に動かして同調しています。なんだかとてもメカニカル!

↓ の右の Crystal Selector を回して所望の Crystal を選択する訳ですが、同時に左下の Range Selector も選択します。その両方で周波数を合わせて Preselector で同調を取るわけで少なくとも3つのノブで所望の周波数を選択します。当時でも Collins 51S-1 などに比べると面倒ですが Preselector で同調取るのはなかなか面白いです。

中央のライトで照らされた所を読むと、

1.0  → 1000kHz ~ 1500kHzの受信バンドを選択している。

6-10 Preselector は 6 ~ 10 で同調を取る。

B   → RANGE Selector を B にセットする。

Collins 51S-1 は一個のクリスタルで 1000kHz をカバーしていましたが、SPR-4 は 500kHz を PTO で同調しています。周波数がリニアに変化するように PTO にはかなり工夫があるようです。

内臓のマーカー (Option) でスプレッド・ダイアルの周波数を修正すれば ±1 kHz 以内の精度は余裕です。下の画像で同調ダイアルの土台の銀色部分が回らないように手で押さえたまま手前の黒いノブを回すと周波数表示を動かさないで簡単に周波数を修正できます。

1000 + 400 + 31 = 1431kHz を受信中!

コメント (2)

DRAKE RR-1

2018年05月28日 | Drake SPR-4

私が持っているわけではないですが DRAKE RR-1 について。

DRAKE RR-1 は汎用受信機 SPR-4 とほぼ同じ構造機能ですが業務用受信機として活躍していたんですね。

DRAKE RR-1

操作パネルを良く見ると SPR-4 には無い AGC Control, Antenna ATT の追加機能があるようです。

船の中でしょうか?こんな所で活躍していたんですね!

コメント (2)

オプション Noise Blanker 取り付け

2018年05月27日 | Drake SPR-4

DRAKE SPR-4 オプションの Noise Blanker NB-5 付けてみた。

取り付け前は回路はジャンパーになっています。

ここにオプション基盤を挿します。

SPR-4 本体の裏を覗いて見ましたが電解コンデンサなどは新品に交換されて実に綺麗です。

これなら当分実用機として使えるでしょう。

クリスタル・マーカーも装備されているので後はオプションで受信バンド追加のクリスタルを探しています。

コメント

室内 中波 Loop Antenna

2018年05月21日 | その他の BCL Antenna

何気なく通販記事みてたら破格値でしかも送料無料だったのでポチりました。

同調用のバリコン付いてます。ゲルマニューム・ラジオみたい!

PL-660 には中波のアンテナ入力は無いのですが、私は改造してて長波と中波用の外部アンテナの入力付けてます。

以前の改造記事は以下 ↓

PL-660 外部アンテナ入力改造

コメント (2)