中国でシーバスを求めて

中国華南地区でシーバスを追い求める釣り道中
さて、どんな魚に出会えるだろう。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時間帯 or 地合い

2013-06-17 22:16:49 | シーバス
久々に釣れたので更新します。

乾杯!JOE顔でけーな。

さて今週も雨予報で釣りを休もうとしていた土曜日。

JOEからLINEで眠った血が呼び起こされた。

昨晩テリーとJOEで4匹のシーバスを釣った写真が届きました。

くっそーーーーいかない日に限って釣りおってーーー。。

よし!今日行っちゃおーーー。

衝動にかられ香港へ。場所はこれまで7回坊主の空港近くの激戦ポイント。

22:30分到着。JOEは先に着いていたが海を眺めているだけで釣りを開始していません。

バイブ『JOE久しぶり。釣りやんないの?』
JOE『まだ早いよ。今は今日は釣れない雰囲気を出すことがいいんだ。』
先に先客が6人程居ただろう。彼らが帰らねば投げる場所も無いんです。

JOE『バイブ。今日はね。スペシャルデイなんだ。2時まで待ってればシーバスが廻ってくるから。』
JOE『今日のベイトを見てごらん。小さいのと大きい2種類いるでしょ。これは最高なんだ。』
その後淡々と語られるシーバス理論。シークレットなので書けませんが
これはこのポイント特有の攻略法で他の場所とは異なる攻め方である。

バイブ『なるほど。昨日が1時だったから今日は2時なんだね。よし分かった。』

そうしているうちに一人、また一人と帰宅し、1時には3名まで減ってきていた。
私は我慢できなくなり、開始。
電灯の方で無い暗闇へキャスト。ピックアップ寸前にまさかのHIT!!
おおー重いこれはイイサイズ間違い無し!ブチっ!ああっ。。。残念ながらラインブレイク。
でも今日は来てるぞーーーと一気にやる気満々に。
それを見てJOEも開始。しばらくすると目の前に私のルアーを咥えたシーバスが泳いで行った。。
くっくそーーーーHK$110もしたRAPALA CD12が。。ルアー返せよーーーー

時刻は2時を廻った頃、釣り人はJOEを含め3名のみとなりました。
そして待望のシーバスが明かりの下に現れた。
バイブ『JOEーーーー!来てるよーでっかいのが。』
JOE『バイブ、今日80upを釣るんだ。見てごらん。これがここのレギュラーサイズだよ。』
水面の下で度々現れる大型シーバスに度肝を抜かれました。
JOE『さあ、このコースを投げるんだ。』JOEは私に教えてくれる。
そしてルアーを追う大型シーバスを何度も目撃するが喰いついてくれません。
JOE『今日はあのベイトを喰っているから動きに合わせたルアーセレクトをするんだ。』
私はRAPALA MAXLAP 12をセレクト。
スローリトリーブで水面下5cmを引いてきた時、水面が割れた。ガボっ!HIT!

JOEにタモさんやって貰いようやくGET!久々

53cmとこのポイントでは小さいサイズ。でも嬉しい

水面系のルアーに喰いつく瞬間はたまりません。逝きそうになります。
先に私に釣らせてからJOEも本気モード。さすがJOEです。

10分後にゲット。しかも60up確実

体でかいから小さく見えますが大きいです。

小さいのは測定しないそうです。くっそー余裕やなー
その後も2時間シーバスは滞在し、姿を見れるけど喰いつかない状態。
シーバスが潮に向ってSTAYしているのです。
JOE『この状態に入ったシーバスはボートからしか釣れないんだ。』
バイブ『うん。それは私も感じていたよ。逆だもんね。』
JOE『さぁ帰ろうか。』
バイブ『ええっ!今朝マヅメタイムちゃうの?』
JOE『そうなんだけど。ここは特別なんだ。重要なのは地合いで時間は関係ないの。』
結局正味3時間の釣行で終了。
朝4時に7イレブンでビール買って乾杯という訳です。

JOEの帰国が8月に延びたそうなのでまだまだ行けるね。
霞んでいた頂き70upが視界良好になった気がしました。



コメント (4)