中国でシーバスを求めて

中国華南地区でシーバスを追い求める釣り道中
さて、どんな魚に出会えるだろう。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タモさん

2013-03-09 14:35:58 | シーバス
今日も空港近くの苛酷な港から開始です。

ここ行く時は一人の方がいんだよね~。だって釣れないし。

今日は一人なので気楽にやろう~。うん。ブラブラと港に到着。

ん?見たこと有るなぁ・・あのルアーマン?ややや MARK!?

先にMARKが入ってました。

なんでも前日5kgのシーバスが上がったらしく、参戦しに来た模様。

うふふ、まだまだ青いな。私クラス(坊主慣れ)になるとそんな情報でビクともしないぞ。

まずは、腹ごしらえから。この埠頭で気になってたお店がある。インド料理屋です。


店内はこんな感じ。


無難なチャーハンとビールを注文。チャーハンの中に鶏肉の塊が入っておりボリュームありました。
味はカレー風味といったところです。まぁ食べられる程度でした。

釣りに行くと、こういう楽しみもあるんですねー。ワクワクします。

腹ごしらえ終えて釣りを開始して間もなくメールが。。『釣れました。』ボートシーバスのキムさんからだ。

ぐぬぅぅぅぅ・・キムさん釣るとき釣れないんだよなーー。

0時頃MARKから『釣れないので移動しないか』提案が。。。。またもあっさりと移動することに決定。

やっぱ何時ものオレクンかな。いや、ちょっと寄り道して行こう。
目を付けていた埠頭へ寄り道。ベイトが静かだったので竿を出さずに移動しました。



でかいクラゲです。心霊写真みたいになっちゃいました。

オレクン到着。釣り人多くないねー・・・!?あれ?あの姿は・・

相棒マツさんが先に入ってました。

その後ハマさんも合流。

赤い服がフライマンのハマさんです。ブンブン振ってます。

あはは。最近は約束しなくても自然と集まってしまいます。このスタイル大好きです。
誘うと気を使うし、やりたい人だけ来ればいいのです。本当に釣り好きは一人でも来るのです。
誰かが行かないからキャンセルとか私の中であり得ません。

AM4:00頃 シーバスボイル祭りが始まりました。

写真でも水面がザワザワしてるのが分かりますよね。

ところがこのボイルシーバスは全く釣れません。誰も攻略法を見つけられていません。
ハマさんがベイトサイズに合わせたフライでも釣れないのです。
くっそーーーー。今日もダメかぁぁぁ。
そんな時、人懐こい香港人ルアーマンから声を掛けられる。
彼の名前はパンくん。

『秘密のポイントがあるんだけど来るかい?今日タモ忘れちゃってさ一緒に来てほしいんだ。』
んんん・・・タモ係は気に入らんが、ポイント情報を得るためについて行くことに。

それは子供の頃誰もが経験しただろう探検でした。進入禁止のフェンスを巧みに超えて行く場所です。
先にパンくんが歩き、CASTして行くので当然私は釣れませんが、情報のために我慢です。

1kmぐらい歩いたポイントで1投目からパンくんGET。

結局この1匹だけでしたが、やはり圧力の高い埠頭より全然釣れるそうで
彼は今年だけで、95匹ものシーバスを上げているとか。
いやはや、たいしたものです。

明るくなったところで裏ポイントを一枚パシャリ。

さてと次回はここ中心にやっちゃるぜ。


コメント (8)