中国でシーバスを求めて

中国華南地区でシーバスを追い求める釣り道中
さて、どんな魚に出会えるだろう。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一時帰国 三重ライトジギング

2016-10-13 13:02:13 | シーバス


昼間は故郷の堤防を散策。

電気自転車で5分ぐらいの所です。


到着




相変わらず奇麗や

毎年ソーダカツオが回遊してくる季節で

夜のシーバスまでライトジギングで時間を潰そうと思ってました。


エギングとサビキ客が先行で入っていますね。

サビキの客が何やら釣っています。
ん??大きいなー。。なんだろ。


でかっ

ウスバハギと言う魚で40~45cmクラスがポンポンあがっています。

ジグ対象魚じゃないなー

僕もボチボチ始めます。

ほどなくして何かHIT!。。。バラシ。

そして
フグが釣れました。

カツオ回遊してきてないのかなー。。

ぼーっと沖を見てるとイワシの大群が跳ね出します。

その裏からメータークラスの何かがボンボン跳ねているではありませんか

500mぐらい沖の話でどうする事もできません。

まぁ掛かっても無理やし。

暫くして弟夫婦が僕の釣りを見学に来ました。

フグ一匹じゃカッコワルイなーと思っていたところ

ガツン!?

丁度義理の妹が見てる所でHIT!

寄せてくるとイワシが跳ねます。青物です。

手前まで寄せてきたところで下のブロックへ潜ろうと最後の抗い!

御兄さん何あれ?大きいんじゃない?

うっしゃー!これはアイツやと確信した所でブチンっと切れてしまいました。

僕の見解でシマアジです。ブログ乗せれなかったのが残念

結局フグ一匹でした。

夕方になってきたので弟夫婦と新たなシーバスポイントへGO!

ネットでは釣果が出ていた尾鷲港を目指します。


発電所近くの河口ポイント


港内ポイント

同じく港内ポント

発電所ポイントでは全く魚を見ることがありませんでしたが

港内ポイントでは電灯したで数匹のシーバスを目撃。

ゆったり明暗部分を泳いでおり、全く反応ありません。

唯一追ってきたのが、エアオグル58mmでのスローリトリーブです。

HITに至らず終了。この攻略は来年までの宿題。

これで三重県での釣りは終了。

最後は名古屋でのボートシーバスに挑みます。


定年後はこの海でゆっくり釣りをやるぞ




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 一時帰国 三重シーバス | トップ | 一時帰国 名古屋ボーシー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

シーバス」カテゴリの最新記事