ラ・ヴィータ イタリア

イタリア:ベニスでの日常生活やベネチアンガラス工房のお店“L'albero”での出来事、イタリア&海外お奨めスポットなど

2012年 イタリアの山バカンス ② Tre Cime

2012-09-20 06:57:43 | 旅行:イタリア山バカンス

二日目 お天気がなんとかもちそうな感じだったので

この日は朝からドロミティ NO.1 ? の見どころ

Tre Cime(トゥレ チーメ)目指してトレキングにでかけることに

 

ドロミティといえばTre Cime これ三つの頂きという意味で

さきっちょがこんなにギザギザになっている

 

企画事が大好きな 私“段取り子”がしっかりと

行きのコルティーナのバスチケット売り場で

このあたりのローカルバスの時刻表をもらっておいた

 

Piさんこういった計画事が全くできないのでこれはいつも私の仕事になってしまう

 

朝9時前に

MosoからDobbiacoそしてTre Cimeへバスを乗り継ぎ到着

7月初めにTre Cimeに行った友人からの情報がすごく役にたった

 

バスを降りてTre Cimeを1周するコースの出発点の景色はこんな感じ

すでにもうこのパノラマに感動!

 

ゆったりした道なりですれ違う人の中には日本人の姿をみることも

結構御歳を召された方でも楽しめる絶景コースです

 

花を見ていた日本人のご婦人方に後ろから“かわいいね~”と声をかけるPiさん

いきなり日本語で話しかけられてびっくりされてました

 

そしてだんだん見えてくるギザギザの三つの頂点(Tre Cime)

よーく眺めてみると、、、、、なんとあの断崖絶壁に人が、、、、嘘でしょ!

こんな感じです

ロッククライミングです、、、、高所恐怖症の私には見ているだけでも怖い怖い

 

出発から1時間ほど歩いたでしょうか

絶景ポイント Tre Cimeが見えてきました

 

ちょうど後ろ側からぐるりと回って前にでてくるコースです

ここで4人そろって記念撮影

友人の小 麦子さん ご主人の片 栗夫さん そして私 段取り子 

Piさん改め 一皮剝夫さん(帽子もかぶらず過ごした為翌日には顔の皮がむけていた)

 

そしてTre Cimeを前にして持ってきたお弁当を広げて究極のランチ~

そしてPiさん お昼寝~ 

ここは天国です

 

この時期(8月の終わり)はもう高山植物は枯れていてなにも残っていなかった

7月初めに行った友人はこのあたりにピンクやブルーの花がいっぱい咲いていたと

うーん残念 次回は花がいっぱいのころを目指してやってこよう!

 

そしてランチ後Tre Cimeを前にしてショートカットできるコースを

選んでしまった私達、、、、

 

実はこのショートカットコースのさきには

登ったり下ったりと結構厳しい道のりが続いていた

おーい!私を置いていかないで~

正に天国から地獄、、、ちょっとオーバーですが

 

なんと杖を突いた御婆ちゃんも歩いている、、、

他人事ながら心配になった、大丈夫なんだろうか?

 

そしてアップダウンがすんだあと

なんと

最後には人一人やっと歩けような柵もなにもない稜線を歩く羽目に、、、、

アップで見てるとこんな感じ

高所恐怖症の私は右目が見えないように帽子を斜めにかぶり右手で顔をおおい

崖っぷちをみないように前だけみて這うように歩いていった

恐怖で足がすくんでいた

 

いやー久しぶりにめっちゃ怖かった!

砂利道で一歩間違って滑ってしまったらコロコロと下まで落ちてしまいそうだった

 

先に行った友人は“大丈夫、大丈夫!お年寄りでもあるける楽勝コースだから”

と言っていた

それを信じていた私、、、、これが本当にお年寄りでも歩けるコースなんだろうか?

ワンちゃん連れも多かった

 

そして1周して出発地点に戻ってくるこのコース

約4時間弱ほどでヘトヘトになり出発視点に戻ってきたのでありました

 

ひゃーお疲れ様でした!

しんどかった!怖かった!でもやっぱり素晴らしかったTre Cime

 

帰ってから友人にこの話をするとこの稜線の下にもっと楽なコースがあったそうな

お弁当を食べるためにショートカットしたのが大きな間違いだったようです

でもなかなかいい経験でした!

 

そして山男 片 栗夫さんから最後に

“二人とも山が初めてにしてはよく頑張ったね”と

お褒めの言葉をいただいたのでありました

 

また来るぞTre Cime 今度はもっと違うコースに挑戦しよう!

コメント (2)