Peperoncini ripieni ~丸唐辛子のカツオ&アンチョビペースト詰め~

去年から近所に畑(20坪)を借りて週末農業を楽しんでます。

去年はイタリアントマト(サン・マルツァーノ)がたくさん穫れました。トマトソースにしてパスタで食べたら、これがびっくりするくらい美味しい! トマトソースは水煮缶で作ってもぜんぜん美味しいですが、さらにうま味や酸味が強くて味が濃いんです!

そこで今年も期待して去年と同じようにタネから育てていたのですが、春先の悪天候やそのあとの猛暑のためか、なんと収穫はほぼゼロ(T_T)

そのかわりに今年は丸唐辛子が豊作でした(^_^)v



丸唐辛子は、アンチョビやツナなどのペーストを詰めてオリーブオイル漬けにするんです。イタリアにいた時にSimoneがたまに家から自家製のを持ってきて食べさせてくれました。ピリっと辛くてオツマミに最高です。

ぜひ日本でも作りたいと丸唐辛子を育てるところからチャレンジしてきましたが、ベランダ栽培もふくめると苦節5年で、ようやくまとまった量が収穫できました!



まずはヘタをとって中のタネを出します。



そしてワインビネガーでさっとゆでて酸味をつけておきます。

お次はペースト作りです。

今回はちょうどカツオの季節だったので、カツオをメインにすることにしました。生のカツオを1本買ってきて水煮にしました。それをフードプロセッサーにかけます。



1本分はさすがにちょびっと多かったかな(^_^;)

さらにアンチョビ(acciughe sott'olio)で味付けします。今回使うのは、もちろんこの前仕込んだ自家製アンチョビです。



味見したらちゃんとアンチョビになってましたヽ(^◇^)/

そしてペーストを詰めます。



ビンに入れてオリーブオイルをそそいだら、できあがり!



あとは2週間くらい寝かせて熟成させます。楽しみだ~!


フミコリッチョのガラス工房 → studio vetriccio
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )