Chou alla crema!

今日はChou alla crema(シュークリーム)作りに再挑戦しました!

中学生の時に失敗して以来シュークリームは無理だとあきらめていましたが、やっぱり家でシュークリームをつくりたいと思い、リベンジしました。

まずはシュー生地作りです。しかし小麦粉をふるい忘れたためにダマが出来てしまい、いきなり失敗! 早速くじけそうになりましたが、何とか気を取り直して作り直しました。

次にシュー生地をオーブンで焼きます。中学生の時はここで失敗しました。完全に膨らんでいない状態でオーブンを開けてしまったために、しぼんでしまったのです。今回はオーブンを開けずにじっくり乾燥させたので、こんがり軽いシューができました。形は不揃いだけど、ここまでたどりつけて感激。やった~♪



あとはバニラビーンズを入れたカスタードクリームを作って入れて、完成!!



十年越し(←サバ読み過ぎ)の手作りシュークリーム。やさしい味がしました。

卵黄とマルサラ酒で作るイタリアのクリームzabaione(ザバイオーネ)を入れてもおいしそう。余ったシューで作ってみよっと。

Buona serata!

フミコリッチョのガラス工房 → studio vetriccio
コメント ( 1 ) | Trackback ( 1 )

Avocado penne!

今日は大好きなアボカドを使ったパスタを考えてみました。



基本はペンネアラビアータで、そこにサイの目に切ったアボカドを加えただけの簡単なものです。アボカドがクリーミーなコクが出だして、トマトクリームのような味に♪ メキシコ料理でもアボカドとトマトはベーシックな組み合わせだし、う~ん間違いない。

Ciao!

フミコリッチョのガラス工房 → studio vetriccio
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

Spaghetti alle vongole!

Spaghetti alle vongole!

今日は久々に乾麺でSpaghetti alle vongole(スパゲティ・ボンゴレ)を作りました! 以前購入した雑誌ELLE a' table(エル・ア・ターブル)を見て作りました。あのジローラモさんの奥様のレシピです。



プチトマトを半分に切って低温のオーブンで乾燥させ、半生のドライトマトを作るんです。トマトの甘味と軽い酸味がボンゴレの塩味にベストマッチしていました。スパゲティ・ボンゴレは白ワインが必須だとずっと思っていましたが、酸味が強すぎるのであまり使わないみたいです。汁気が足りない時はパスタの茹で汁を加えます。

Buona festa!

フミコリッチョのガラス工房 → studio vetriccio
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Spaghetti alla carbonara!

今日は、お昼ごはんにカルボナーラをつくりました。作り方も材料もとってもシンプルで美味しいので、私が一番好きなパスタです。

カルボナーラは薄切りのカリカリベーコンがのったクリームパスタだと以前は思っていました。でもイタリアにいた時に友人のシモーネが作ってくれたカルボナーラは、全く違うものでした。新鮮な卵がからまっただけパスタ。日本で言えば生卵かけご飯みたいな感じ?? そして厚切りのベーコンと、パルメザンチーズの濃厚な味。でも生クリームのしつこさがなくて、いくらでも食べられちゃいます。それ以来ハマってしまい、週に一度は作ってもらっていました。

卵・玉ねぎ・ベーコン・チーズがあればできるので、今では我が家でも定番メニューです。



☆作り方☆

ボールに卵(1人前1個)を割り入れ、パルメザンチーズをたっぷりすり下ろして混ぜておきます(クリーミーにしたければ生クリームや調整豆乳を加えます)。

次にフライパンで、薄くスライスした玉ねぎと厚めの短冊に切ったブロックベーコンをオリーブオイルで炒めます。

スパゲッティが茹で上がったら、火を止めてザルに空けて水気を切ります。そして、すぐ鍋に戻し、火を切ったまま、玉ねぎとベーコン・卵液を加えて混ぜ合わせます(ちなみにシモーネは豪快に直接卵を割り入れてました)。鍋とパスタの余熱で、チーズは溶けて卵は半熟になります。卵がトロッとしてパスタにからまれば完成です。お皿に盛り付けて黒胡椒をふります。

卵の生っぽさが気になるようだったら、弱火でほろほろな感じにしてもOKです。

チーズをたっぷり入れるので、ソースには塩を加えません。そもそもイタリアでは、ソースにあまり塩を使わないようです。パスタを茹でる時にたくさん塩を使い、パスタ自体に塩味を付けます。


ブログを書いていたら、またカルボナーラが食べたくなってきちゃった♪

Buona serata!

フミコリッチョのガラス工房 → studio vetriccio
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

イタリアン親子丼!、、、かな?

今日はFesta della donna(国際婦人デー)です。イタリアでは女性に感謝の気持ちをこめてミモザの花を贈ります。黄色くてとてもかわいい花です。ミモザが手に入らなかったので、炒り卵をミモザに見立てたペンネグラタンをつくってみました♪



ホワイトソースの上に鶏のミートソースに絡めたペンネをのせ、ホワイトソースでかぶせます。その上にアスパラガス・炒り卵・カッテージチーズ・パルメザンチーズをのせてオーブンへ。



牛肉のミートソースに比べると、あっさりしていて女性向きかな。焦げ目のついた卵は、外がカリっとして中はふんわり。アスパラもいい香りだし、結構いいかも。

んっ、鶏肉に卵?! これって親子丼ならぬ、親子グラタン!

*Festa della donnaの由来とミモザの写真はイタリア文化会館のホームページに載っていました→ こちら

Auguri! (per donne)

フミコリッチョのガラス工房 → studio vetriccio
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Tagliatelle al pomodoro!

トマトソースのパスタを作りました。



ニンニク抜きですが、炒めた野菜(玉ねぎ・セロリ・人参)でいい味が出ていました。さらに黒オリーブが味に深みを加えていい感じでした。パスタの粉の配合もゆで加減も、とてもうまく行きました♪ 毎週作っている成果がやっと出て来たかな??

こういうシンプルなソースは塩の旨味が味の決め手になるんですよね。以前、サルデーニャ島の塩を使っていたのですが、甘味があってすごく美味しかったんです。スープの味つけに使うと、ダシを入れなくてもいい味が出ました。

Buona notte tutti!

フミコリッチョのガラス工房 → studio vetriccio
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イタリアンちらし寿司!

今日は雛祭りということで、ちらし寿司風のriso freddoを作ってみました♪

riso freddoは、直訳すると「冷たいご飯」ですが、茹でた米を使った冷製サラダの事です。イタリアでは夏によく食べます。ピクニックのお弁当にもしていました。

今回は、茹でた米の代りに硬めに炊いたご飯を使いました(そっちの方が美味しい!)。そこに、お酢の入ったお湯で茹でたパプリカと、きゅうりやセロリを刻んで入れ、下茹でしたエビを加えます。レモン汁・オリーブオイル・塩胡椒で味付けしてよく混ぜ、冷ましておきます。



あとは盛り付け用にとっておいたエビと、イタリアンパセリ・ブラックオリーブ・レモン・プチトマトを散らして完成!



オリーブオイルがご飯の甘さと旨味を引き立て、そこにエビの旨味が加わります。野菜の歯ごたえと香りもいい感じ。とても美味しかったです! 今夜は白ワインでいただきましたが、日本酒にも合いそうです。

Buona domenica!

フミコリッチョのガラス工房 → studio vetriccio
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )