龍の薔薇 * 観 如水*

メニュー
人生鑑定(遠隔もあり)3000円詳細はコメント欄にてお問い合わせ下さい

龍の薔薇2.192

2017-09-18 19:16:01 | Bloom


たとえばある瞬間では



たのしみは


なんにもなく


無味乾燥だらけ




でも




のらりくらり







じかん感覚さえ


よわまるさなかで




よりやすく、よりよく





なんとなしにでもか、なんとなく、


ハコバレテユク





かのように







また




すべては




おんなじ場で


おんなじ場では


なきかのような





あらゆる瞬間瞬間が


へんようばかり


かのように





また




ある瞬間


夢たいけんさえ、ありし


いま飼ってる犬が




あるあさ、おきたらば




白い双子の赤ちゃんを


いつのまにやら


出産していた





しらせをうけて




かけつけて

 




ただ


ただ


びっくりしていた
 




いま、飼ってる犬は




子宮を摘出しているわけだし


他に飼ってる犬は、いないしで





赤ちゃん?


双子?


二匹?




あれれ?なんて





かなりよろこばしきはずが






あまりのミラクルに



おどろきばかりなながらも




それでも



また、それさえ



さしおかれてか





ほほえみは、こぼれおちゆく



かのように






メガサメルちょくぜんに






もしかしたらば





ずっーと、、おなかにたねを



芽をもっていて



ようやく、きが、じゅくし





植物にたとえたらば



やっと、やっと




ひとまずは、そだちきり




秋にうえた




キュウコンガ



わすれたよくとしはるに、



春としってか



とつぜん芽をだしゆく


 

さまと



にているかのように





そんな出産めいた



そうなんだ、、と



かんじながらも





また、それはそれだけとも



げんていされなき



無限ミラクルゆたかさばかり



かのように、






また



ころころ


意識は、へんようばかりで



一定しない


フテイキかげんは

 


短所だとおもいこんでた





あふれゆく、ことばのかずかずもしかりで






一定しなく



フテイキにも



だまったかと、おもえば



ぺらぺらしゃべり





フテイキナ文のながれも



きゅうな、予想外な、いみなき、くうはくも




あきは、こずとて



きになりながらも





いがいと、きには、ならずまま



 

まるで、猫の目のように



くるくる、かわり





なにをいってるのか、訳はわからないまま

 



さらさら、ながれたかとおもえば



きゅうに、くうはく




とまりゆき





また




ながれだす



まるで、水琴窟のような




鍾乳洞のみずの、したたりかのような



フテイキナ予測だにできなき


けいさんできなき





きになりながらも




きにならない





ただ、しずかに、いみなく



しんとうしゆく



だけな





ただ、




ただ




さらりと




みずにナガシユク




ながされゆく






なんとなく

   



ふしきと



ここいよさげにか







すーっ、と、みずがながれゆく



かのように、







わけもなく



しらぬまに




すべてがリセットされゆく



かのように、







うまい具あいなままに






すべてをみずに、ながしゆく



ながされゆく





かのように、







すべてがまるな




短所だとおもいこんでたすべてが



まる、、と






いっきょにか



なりかわりましたかのように、







すべてがながれゆく



リセットリセット



ながされ



ながしゆく





つかみきれなきみずの、ごとくに




つかめなき





へんようだらけ、でも、まる






それでも、まる



それで、まる




それこそが、まる






あるがまんまでまるばかり








はなから、かんぜん、かんぺきばかり



なりし





かのように、







それをふかんぜんとか



短所だととか



だめなとこ、とか






決めたのは、、なんだったのでしょう、





くらいな





どんなにか







いと、すばらしき





つかめなき水




無限たるたえまなき、、あふれいでしし、きりはなき






水のながれ







かのように









でも






あられましょうか……







すべてがまるでしか





なかった






瞬間さなかでも







あられましょうか……













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 龍の薔薇2.191 | トップ | 龍の薔薇2.193 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Bloom」カテゴリの最新記事