VERJAARDAGSHIRT

10月の暑い日に着るコーデはどうしたら良いでしょうか?

温暖化の影響なのか、10月になっても暑い日が多くなりましたよね。

そこで10月の暑い日におすすめのレディースコーデを紹介します。

秋を感じさせるカラーでやや薄い素材がおすすめ

10月なのに季節外れの熱さを感じる日は、秋を感じさせるカラーでなおかつやや薄い素材を着るのがおすすめです。

寒がりな女性なら薄い素材にこだわる必要はないものの、そうでなければ薄い素材の方が暑くても快適に過ごせます。

ただもう夏は過ぎていますので、秋を感じさせるカラーを選ぶのがベストです。

ワインレッド、オレンジ、ベージュなどを意識して洋服を選んでみるといいかもしれません。

見た目の印象は秋っぽいですが、やや薄い素材ならそれほど暑苦しさを感じません。

10月の暑い日に合っているコーデです。

1枚上に羽織って防寒対策

昼間は夏のように暑くても、夜になるとグッと冷え込むのが10月の気温の特徴です。

薄着のままでは夕方から夜にかけて寒く感じてしまいますから、10月の暑い日でも1枚上に羽織るコーデは間違っていません。

何を羽織るのかは悩ましいところですが、カジュアルを意識したデニムジャケットやパーカー、ふんわりとした印象のカーディガンなどを羽織れば十分防寒対策になります。

太陽の日差しが照り付ける昼間は羽織らなくても大丈夫ですが、夕方以降も外出の予定がある場合はこれらの防寒対策を忘れてはいけません。

10月の暑い日に着るコーデで、ぜひともおさえておきたいポイントですよ。

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「コーデ」カテゴリーもっと見る