晴れのち曇り、時々パリ

もう、これ以上、黙っていられない! 人が、社会が、日本全体が、壊れかかっている。

広島市の『五輪』誘致断念が無念。<核と平和>とを見つめ直す最高の機会であったのに。

2011-04-20 22:19:33 | 日本人の意識と精神構造
日本人は、歴史上、四度(よたび)『被曝』した。

『広島』で。
『長崎』で。
『ビキニ環礁』沖で。
『福島』で。



20世紀に、人類は原子物理学と言う「神の領域」の秘密を知り、それを「人間の手」で操ろうと言う技術を、手にしたかに見えた。

兵器という領域において。

その技術は、中ば完成されたかに見えた。

ヒロシマと、ナガサキという、人体実験に於いて、



時あたかも『東西冷戦』を迎えて、アメリカに遅れてはならじと、ソヴィエト連邦が必死で後を追った。

その後、イギリスが、フランスが、イスラエルが、中華人民共和国が、そしてインドとパキスタンとが、後に続いた。

北朝鮮までもが、模倣している。


その度に、核実験が行われた。

最初は『大気圏内』で。

それこそ、地上でも、空中でも、水中でも。
まさに当たりかまわず、と言う有様であった。

世界中に批判の渦が巻き起こると、地下へと姿を隠して。
更に『大気圏外』へと隠れて。

当然、被爆する人々が続出する事になった。


◇アメリカの核実験は、以下の場所で繰り返された。
1 ニューメキシコでの核実験
2 マーシャル諸島での核実験
3 ネバダ州での核実験
4 アムチトカ島(アラスカ)での核実験
5 その他

◇ロシアの核実験は、次の所で何度もあった。
1 セミパラチンスク(現カザフスタン)での核実験
2 ノヴァヤゼムリャでの核実験

◇イギリスの核実験は以下で繰り返し。
1 モンテ・ベロ島(オーストラリア)での核実験
2 エミュー(オーストラリア)での核実験
3 マラリンガでの核実験
4 クリスマス島での核実験

◇フランスの核実験も次々と。
1 サハラ砂漠での核実験(イスラエルとの共同実験)
2 フランス領ポリネシア(ムルロワ環礁、他)

◇中華人民共和国の核実験は更に「遮蔽無し」で。
1 ロプノール(新疆ウイグル自治区)(幻の湖、ロプノール湖)

◇インドの核実験場しかり。
1 ポカラン砂漠(ラージャスターン)

◇パキスタンの核実験場もまた。
1 チャガイ山岳地区(北朝鮮の代理核実験)


公式な発表は為されていない事が殆どであるが、これらの核実験場の周辺では、被爆者が続出している。

フランスの例をとっても、ポリネシアの島々や、アルジェリア最南部<サハラ>の主要都市タマンラセット周辺住民から、訴訟が起こされている。

中国西部、ゴビ地方の町では、通常の大気中放射線量が「福島」より高い、とも言われている。


現在の、世界のパワー・バランスは、かくのごとき「大国のエゴ」に依ってもたらされた、多くの核被爆者の犠牲に上に、あぐらをかいている。


その中でも、<犠牲>として飛び抜けているのが、『日本国』なのだ。

ヒロシマで26万人(現在まで)
ナガサキで16万人(当時)
ビキニ環礁の被曝は、『第五福竜丸』の乗組員23名全員
福島・・・

人類史上、これほどの悲惨な体験をした国民は、(現在までの所)他に類を見ない。

しかも「現在進行形」で。

3件は「核兵器」の犠牲。
最後の1件は「原子力発電」の犠牲。

軍事利用も、「平和利用」も、核技術なるものは、結局は人間に不幸をもたらすのだ。


そんな日本だからこそ。
そんな時代に生きるからこそ。

それが解った今だからこそ。

広島市は『平和の祝典オリンピック』を開催して欲しかった。
『核』の黒い側面を、全世界に向けて、発信出来る「最大にして最良の」チャンスであったのに。

人類の未来と、原子力との関わりを「再考」する、絶好の機会であったのに。


▶【五輪招致】広島市が五輪招致中止をJOCに報告

>広島市が招致を検討していた2020年夏季五輪について、今月の市長選で初当選した松井一実市長は20日、東京都内の日本オリンピック委員会(JOC)を訪れ、竹田恒和会長に招致中止の意向を伝えた。

>市は09年秋以降、秋葉忠利前市長の下で核廃絶の平和運動と連動させた五輪開催を検討。だが、松井市長は(1)財政状況が厳しい(2)核廃絶と五輪は切り離すべき-などを理由に、選挙戦で招致反対を掲げていた。

>この日、松井市長は竹田会長との会談で「公約通り、招致を取りやめる方向で進めたい」と伝え、報道陣には「財政状況が厳しい中で、(五輪のための)新たな設備投資は実現の可能性がない」などと説明した。

>竹田会長は「世界平和を目指す広島なら、インパクトのある五輪が計画できると期待していただけに残念」と話した。
【産經新聞/4月20日(水)17時42分配信】


「五輪誘致白紙撤回」選挙公約。

選挙公約。。。


「財政が苦しい」

至極当然の、平凡極まりない、極めて『形而下』なる理由である。
そうなのだろう。

政治家等、所詮は「その程度」の発想しか持てない人間が、なる職業なのだろう。


『平和』を語る。
『核廃絶』を考える。
合わせて、『世界の未来』を考える。

このような行為は、『哲学』である。
極めて「非凡」な、『形而上』的思考形態である。


そう考えると、前市長秋葉忠利氏は、非凡であったのだ。

ヒロシマだから。

語る権利が有る。
発信する資格が有る。

オリンピックだから、意味が有る。

ヒロシマで、この時に、オリンピックを開催する事以上に、意義の有る出来事が考えられるだろうか。

その事を「考えつかない」政治家を市長に選んだ広島に、残念ながら『失望』せざるを得ない。


「財源が無い」

ふん。
『ヒロシマ』で『オリンピック』を開催ともなれば、寄付やドネーションやメセナは、やり様に依ってはどれだけでも集まったで有ろうに。

「核問題とオリンピックは切り離すべき」

ふん。
愚かな、浅薄な考え方。
オリンピックだからこそ、核問題を考える事に意義が有るのでは無いのか。

始めは「世界」が驚いたかもしれない。
「世界」の一部は、拒否反応を示したかもしれない。

しかし、すぐに「世界の大多数」が、理解し、賛同し、応援したに違いない。

ヒロシマは、日本は、多いに面目を施せたに違いない。


戦いが耐えなかった『古代ギリシア』に於いて、4年に一度の『オリンピアード』の間だけは、敵味方無く、矛を収め、戦いを中断した。

この言い伝えこそが、オリンピックの「存在意義」である筈だ。

「より高く、より早く、より強く」は、『平和が為されて』始めて、競うに足る「目標」である。

そこに考えがいたらない「政治」的判断が、残念でならない。


日本は、世界をリードして、思想と政治とに「新たな発想」を打ち立てるべきメッセージを投げかける、「唯一」にして「最高」のチャンスを、ミスミス逸してしまった。


やはり、これが「日本の限界」なのだろう。

この先ずっと「トランジスターのセールスマン」の地位に甘んじるしかないのか。



コメント (8)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 『東電』存続どころか、<原... | トップ | 国民の期待を完全に裏切った... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
東海村JCO事故 (通りがけ)
2011-04-21 12:42:01
臨界に達して発生した大量の中性子線が即座に人命を奪った日本国領土内で三度目の核分裂である。

被爆直後の広島長崎と同様完全防御装備の米軍が被爆地東海村を訪れて現場周辺の放射能を測定したら他にはなにも救助活動も情報提供もせずさっと姿を消している。
敗れたり,広島また日本の原発,五輪外交。 (目覚める広島の民)
2011-04-21 15:33:44
・数日前,天木直人氏のブログで「敗れたり,日本の原発外交」(2011.04.18)という記事を読んだばかりなのに,今日またこの記事に接し,深い悲しみに堪えない。

・単なる誘致の断念でなく,「敗れたり,広島また日本の五輪外交」ということなのだ。

・日本政府,役人,また広島市長,小者ばかりで本当に話にならない。現在の日本が如何なる状況下なのかまったく見えていない。

・これだけ原発事故の問題で世界が日本,また核について注目している時に,“平和”の祭典オリンピックを世界最初の被爆地広島で開催する事の意義は計り知れない。

・これはやはり,日本外交の敗北である。第二回核保安サミットを人類最初の被爆国日本で開けなかったことの意味。また,その相談にすら与らなかったことに対して,外務省,松本外務大臣は米韓に抗議すらしていない。“日米同盟”深化は名ばかり。日米安保,日米韓同盟も既に死語。

・日本政府,外務省,また外務大臣,さらに広島市長は無能ぶりを全世界に露呈したということなのだ。

・広島市長・松井はまだ選ばれたばかり。まだ仕事をせぬ前に自らの手で,自らの“無能”ぶりを世界中に暴露して見せたというのは,どこかカン総理に似ていないか。

・国家,国民,広島市民にとって大きな損失。将来に大きな禍根を残すことに。外交とは,政治とは,また広島という被爆都市で市長を勤める事の意味は何か,という基本がまるでわかっていない。最悪の事態だ。

@「敗れたり,日本の原発外交」(『天木直人のブログ』2011.04.18)

http://www.google.com/gwt/x?guid=on&wsc=ti&wsi=f952bb7136c40cad&u=http%3A%2F%2Fwww.amakiblog.com/archives/2011/04/18/&ei=pd2tTdbKA8mzkAXrlKm4DQ&whp=3A001890
相変わらず (セフィ)
2011-04-21 23:34:29
ウザイのがいるね。
しかも ふざけたハンネのまま
アホくさい
せっかくの渾身込めてつくったブログも台無しだよ。
通りがけ様。 (時々パリ)
2011-04-22 01:56:09
コメントありがとう御座いました。
拙文では、敢えて『東海村』の件は加えませんでした。
『モンジュ』の事は、日を改めて論じたいと思って居ります。
所で、お願いですが、<スペース>のバランスの観点から、『再掲』と『全文転載』は勘弁して下さい(^^)
目覚める広島の民様。 (時々パリ)
2011-04-22 02:01:20
初めまして。
コメントありがとう御座いました。
私の感性と同じですね。
言いたかった事を感じ取って頂けて、有り難いです。
正しく、「そのまま」なのですが、政治家官僚マスコミ財界人たちは、一体何故こんな単純にして明快な「発想」が理解出来ないのでしょうか。
広島に米大統領を招く事すら「ビビって」居る有様。
サミットも広島で開催するべきなのに、米に「気を使って」やろうとしない。
と言うより、そのような考えすら浮かばない。
情けないと言いますか、だらしないと言いますか。
日本が世界の「オピニオン・リーダー」になりうる数少ない分野で、その事に気がつきもしない。
残念です。
セフィさま。 (時々パリ)
2011-04-22 02:04:15
お久しぶりです!
又模様替えをなさった様ですね。
最近ご無沙汰でしたので、「アドレス名付け親」としては、やや気になって居りました。
せっかくの「応援」ですが、残っていないので、第三者の方々が見ると、意味不明のコメントかも。
お互いに元気で頑張りましょう。
第五福竜丸だけでなく (Ladybird)
2011-04-28 02:50:43
 ビキニ環礁での水爆実験や,その他太平洋での核実験に巻き込まれた漁船乗組員は,たくさんいたようです.
http://www.kochinews.co.jp/rensai04/kaimetsufr.htm
松井一実市長 (Ladybird)
2011-04-28 02:58:27
 連続コメ失礼.
 ヒロシマという言葉の重さを,広島の市長が知らないんですね.

>その事を「考えつかない」政治家を市長に選んだ広島に、残念ながら『失望』せざるを得ない。

 激しく同感.

コメントを投稿

日本人の意識と精神構造」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

東京電力福島第1原発事故の不思議な工程表 (逝きし世の面影)
『収束には6~9ヶ月程度?を目指す?』 東京電力の勝俣恒久取締役会長は2011年4月17日、福島第1原子力発電所の事故について、収束に向けた工程表を発表。 この工程表は4月12日に菅直人首相から『今後の見通しを示すように』との指示を受け作成したもの。 マスコミ報道...
総がかりで福島第一原発事故を隠蔽する各省庁 (逝きし世の面影)
『風評被害を恐れて洗って測定していた農林水産省』 何と、発表されていた福島県で出荷制限されたほうれん草など葉もの野菜の放射線の数値とは、政府の指示で水洗いした後の10分の1程度低い値であったのです。 テレビなどマスコミ報道では『洗えば10分の1に低下....