晴れのち曇り、時々パリ

もう、これ以上、黙っていられない! 人が、社会が、日本全体が、壊れかかっている。

脇の甘い<素人集団>民主党に対し、嵩にかかって攻め寄せる<反改革路線集団>のあからさまな抵抗ぶり

2010-03-26 06:42:17 | 政治と社会
それにしても、<総指揮>は一体誰なんだろう。


明らかに作為が見え見えの、<スキャンダル暴き>作戦は、やはりそれなりの効果はある様だ。


政権交代を阻止する為の、小沢に狙いを付けた<西松>事件を違法献金にねじ曲げての<暴露>問題。

とうとう政権交代してしまった直後の、鳩山首相の個人献金記載漏れを脱税問題にねじ曲げての<暴露>問題。

あまり効果がないと見るや、再び小沢に狙いを戻しての<政治資金規正法>違反の記載漏れを無理矢理<収賄>にねじ曲げての<暴露>問題。

さらには、小林議員の<北教組>の選挙違反を、<違法献金>にねじ曲げての<暴露>問題。

そして、お調子者生方をおだて、マスコミに向かって<幹事長批判>させ手の<執行部内紛>演出の問題。

飽きずに、中井国家公安委員長の女性関係の<暴露>問題。



いやはや。

これだけ続くと、はっきり見えて来る。


一つ目は、民主党議員達の脇の甘さ。
自覚の欠如。

あの時期に、あのような経過で、このように政権交代を成し遂げた事の持つ、旧体制への相対的影響の大きさ、に対する認識不足。


二番目は、ここまで<改革されると困る>層の、深刻さと、必死さ。


良くまあ、次々と調べ上げ、タイミングを見計らって順番に出して来るものだ。

有る意味感心する。
それと同時に、改革が進むと<彼ら>が如何に困るか、が如実に見えて来る。
反対勢力が、どれだけ<死にものぐるい>であるかが、如実に見えて来る。

全く、一体誰が総指揮を取っているのか、<素晴らしいお手並み>と言わざるを得ない。


確かに、小沢幹事長に対する<でっち上げ>による無理矢理<罪状>を造り出そうとした件をのぞけば、上述した様な事象は、無いにこした事は無い。

それは確かであり、誰も異論は無い筈だ。

しかし、<針小棒大>では無いが、あまりにも無理矢理こじつけようとする<意思>が明らかに見えている。


もし、同じ<基準>で自民党政権時代に、同じ様な<洗い出し>作戦を取っていたら、これらの何十倍、何百倍の事実が現れたか、想像するのは簡単な事だ。



日本の政治システムを改革をされて、一番困るのは誰か?

もちろん<官僚>達である。


彼らは、今までの様な、やりたい放題ができなくなるばかりか、お手盛りの天下りも、高収入も、あれこれの余録も、一切失いかねない。

そればかりか、職制の変更に依て、己の地位すら危うくなりかかっている。


それよりなにより、<真面目に>働かなければならなくなりそうだ。


それは、やっぱり困るでしょう。


自分たちは、国民の手足となって働き、何の見返りもえられないような、そんな身分では無い。
自分たちが<日本の国>を動かしているのだ。
素人のくせに、自分たちの組織に手を突っ込まれてたまるるものか。


もはや、<CIA>顔負けの調査力と、作戦実行力とを駆使し、かわいい子分のマスコミを好きな様に利用して、徹底的に<民主党政府>を潰す為に、なり振り構わず。



そこいら辺の、<敵>の追い込まれている<現状の持つ意味>と、彼らの<心理状態>を、民主党の議員たちはもう一つお解りになっていない様だ。



議員会館に<女性>を引き入れる事は、もちろん避けるこした事は無い。

一般的な日本人の心理から言えば、してはならない事だろう。


しかし、中井さんは、独身である。
大の大人が、誰と交際しようが、他人がとやかく言う事では無い。

今までの、自民党の政治家の女性問題とは、次元が違うのでは無いか。


私の住むフランスでは、政治家の女性問題は<スキャンダル>にはならない。

ミッテラン元大統領は、婚外子を持っていた事は、公然の事実である。
ジャック・シラク元大統領は、日本に第2婦人が居る事も周知の事実。

男と女の問題は、その人の資質や実績、才能には何ら影響する事では無い。


この点では、日本人より遥かに<大人>の対応である。


一部では、「公安委員長等に就けるべきではなかった」と言う声も有る様だが、日本ならではの意見だと思う。


<全うな正論>を吐く人間には、己に<天に恥じる所>の一切無い、聖人君子であるのか、と聞きたくなる、

男女の関係は、人間の機微に関わる事である。
情緒と感情と、精神との分野の事である。

当事者にしか分からない、精神的要素が絡む問題を、鬼の首を取ったかのごとくに騒ぎ立てるのは、自らの人間性を貶める以外の何物でもない。


ようするに、「モテないやつのヒガミ」と言われても、反論出来ないのです。


それより、マスコミ自身が、いい加減で「何かおかしな事になっている」と気が付く事は無いのかね。


民主党の議員の皆さん。

心して、身辺には<十二分の>注意を払う事。


さもないと、何の才覚も実力もない<みんなの党>などに、油揚げをサラワレてしまう事になりますよ!



コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「いつか来た道」が見える。... | トップ | やはり小沢でなければ無理な... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (欧州の消化器科医)
2010-03-28 05:41:39
イタリア首相、ベルルスコーニ、フランスはサルコジ首相とヨーロッパの首相は恋多き首相ですね。有能、豪腕な政治家はエネルギーがあふれているのでしょうね。推奨はしかねますが、国民生活に影響を及ぼさない、私的女性問題で有能な政治家が失脚に追い込まれるのも弊害が大きいですね。
欧州の消化器科医様。 (時々パリ)
2010-03-28 09:38:47
ベレルスコーニはイタリア人自体があきれています。
でも失脚させる程では無いらしいですね。
サルコジーは、フランスの支配階級のやり方とは違うので、みな顔をしかめています。それでも、政権与党側は自ら且つだ手前、前原某や生方某のような輩は出てきません。<実力>で次回に失脚しかかっています。
ミッテラン氏の<婚外子>は、彼が任期中に発覚しても、退任後までマスコミはその身元を明かしませんでした。
シラク氏の日本人妻など、所詮日本人の女など、スキャンダルの対象になる資格しゅらない。話題にもなりません。
それより、THE JOURNALの二見ブログで、闇の勢力にによるスキャンダル暴きの実態が良く判る様に書いてありました。
http://www.the-journal.jp/contents/futami/2010/03/post_16.html
又ご意見お聞かせください。
Unknown (欧州の消化器科医)
2010-03-28 19:00:26
こちらで出会ったイタリア人女性3人、男性2人と話したことがあります。彼らはベルルスコーニがクレージーと口をそろえます。しかし、同時に今の大混乱のイタリア、マフィアとの戦いには彼が必要なんだと力説します。その強い政治力がイタリアの改革に必要だから、クレイジーな”私”な部分は目をつぶる、という意見でした。情熱のくにらしく、女性問題で失脚するなら、政治家がいなくなる、とも冗談で言ってましたね。ヨーロッパでは政治家といえども公の部分で評価し、私の部分は比較的寛容だと思います。
 まして、中井大臣の件は独身男性の歳の差恋愛になんの問題があるというのでしょうか。ネガティブ報道はばかばかしい限りです。
 二見ブログ拝見しました。日本庶民の勝負所ですね。これに多くの人々が気付かなければゆでガエルのち、日本沈没ですね。
欧州の消化器科医様 (時々パリ)
2010-03-29 01:25:56
例の亀井大臣が、「愛する女性に鍵を渡して何が悪い」とおっしゃっています。
「70近いおじいチャンが若い女性と愛し愛されているなんて明るい話じゃないか」とも。
このような発想は、日本人には珍しいですね。大方は<ジェラシー>の混じった<道徳論>を振りかざすのみですから。
やっぱり<大人の社会>に至って居ないと言うのが事実でしょう。

コメントを投稿

政治と社会」カテゴリの最新記事