晴れのち曇り、時々パリ

もう、これ以上、黙っていられない! 人が、社会が、日本全体が、壊れかかっている。

<身から出たサビ>だ! 投票日直前での急降下に騒ぐな / 最初から<増税ありき>だった菅直人

2010-07-08 00:01:00 | 政治と社会
今更何を言う。。。

と言う感じもするが、鳩山さんの暴露に「やっぱり」。


▶鳩山氏が菅首相批判で怪気炎 増税論議で民主党に早くも亀裂(選択見出し)

>鳩山氏は「菅さんは自分が首相の間にも再三、消費税を上げるべきだと直談判に来た」と暴露。
「今なら財政再建のために何でもやる。大連立も本気で考えるだろう」と断言している。

>退陣会見もやらずにダンマリを決め込んだ鳩山由紀夫前首相だが、裏では菅直人首相批判で怪気炎をあげている。

>「鳩山前首相の思いを大切にして頑張りたい」と盛んに強調する菅首相だが、言葉とは裏腹に就任早々、鳩山氏が四年間引き上げないと公約していた消費税を一〇%に引き上げる案に言及した。

>これに腹を立てた鳩山氏は周辺に、「菅さんが唱える最小不幸社会は陰気だ。最初から不幸を認めてしまっているから。友愛の精神とは違う」とバッサリ。

>さらには「一〇%構想は財務省を超えた発想だ」と皮肉っている。財務省ですら第一段階では七%に引き上げることを考えていたのに、菅氏はそれを超えていきなり一〇%を言ってしまったというわけだ。
【雑誌『選択』/7月 7日(水) 9時42分配信】


ほら見なさい。
バレちまった。

所詮は、『民主党』の発想とは違う人物に過ぎなかった訳ですな。



朝令暮改。

▶<参院選>消費増税、菅首相謝罪「唐突だった」 使途「根本から変える」(毎日見出し)

>菅直人首相(民主党代表)は、消費税率を10%に引き上げた際の使途について「基本的には社会保障だと思うが、今の税金の使い方の根本を変えたい。(経済)成長に資するものには優先的に使う」と指摘。国の予算総則で定められた基礎年金、老人医療、介護だけでなく、弾力的に対応すべきだとの考えを示した。


いまだに<公然と>10%を発言している!


>みんなの党の渡辺喜美代表は、首相が低所得者対策として検討している税金還付方式について「還付を始めると10%(の税率)が15%、いずれ20%になる。菅さんは財務省に洗脳された」と追及。


でしょうねえ。


>自民党の谷垣禎一総裁はTBSの番組で、選挙後の民主、自民両党の大連立の可能性について「ない」と即答した。

>渡辺氏も民主党との連携について「乗れるわけがない。顔洗って出直してこい」。

>公明党の山口那津男代表も「国民の信頼を得られない政権とは協力する気はない」と突き放した。
【毎日新聞/7月7日7時59分配信】


なさけなや。

さらには。


▶<法人税>「来年度に引き下げも」首相、消費増税に先行示唆(毎日見出し)

>菅直人首相は6日のテレビ東京の番組で、現行約40%の法人税率引き下げについて「今年暮れには来年度の税制のトータルの絵は政府税調で出す。その中に盛り込まれる可能性は十分ある」と述べた。

>政府が年末に決定する11年度税制改正大綱に明記し、消費税率引き上げに先行する形で早ければ同年度から法人税率引き下げを実施する可能性を示唆した。


ああ、彼の性根は腐りきっているらしい。

まず法人税を引き下げる。

それで、「足りない税収を補うため(!)には、<消費税引き上げ>は不可欠」と押し切る魂胆だ。

みえみえ。

何と言う厚顔無恥な男だろう。


>政府は先月に閣議決定した「新成長戦略」で、法人税について「実効税率を主要国並みに引き下げる」としている。


繰り返す。
主要国に、<特別会計>なんて二重帳簿による国費の無駄の垂れ流しも、<独立行政法人>と数多くの<ファミリー企業>の間のお手盛りによる大搾取も、<特殊法人>による中間搾取も、官僚の天下り搾取も、存在しない!

其れらを総て廃止してから、言いたまえ。


>首相は「法人税率が他の国に比べて少し高い。間違うと(海外に)工場が移ってしまって雇用が失われる」と指摘した。
【毎日新聞/7月6日23時42分配信】


そのくらいで工場を海外移転する様な企業は、日本には必要ない。

経団連に洗脳されているのだろうが、中国にでも行きたければ行かせれば良いのだ。
そのかわり、本社も総て中国に移させろ。
現地企業になりなさい。
もちろん経営者も現地人。

そして、あらゆる<ノウハウ>を奪われたまえ。


アルゼンチンは中国の<高速鉄道>を導入するそうだ。
ドイツ、フランス、日本の技術を、そのまま<中国製>として移転する訳だ。

新幹線技術を中国に売った商社はどこだ?

総てがこの有様。

サムスンもLGも、日本の企業がリストラした<早期退職者>を高待遇で迎えた結果で、世界市場を制覇してしまった。


日本の技術。
日本製品の信頼性。

こんな物は、総て失っているでは無いか。

経団連が<こぞって>やった結果です。


そんな彼らの為に『法人税』を引き下げ、不足分を『消費税』増税でまかなう。

許せますか、皆さん?


長期政権を夢見て、姑息な手段を弄する菅直人、仙石、枝野の執行部よ、耳をカッポジって以下の声を聞け。


▶公約違反なら下野も=小沢氏が決意/(時事見出し)

>民主党の小沢一郎前幹事長は6日午後、熊本県天草市の御所浦島で街頭演説し、「官僚支配をぶち壊して国民の生活第一という政治を実現したい」と強調、「民主党政権でしばらくやらせてもらうけど、『(言っていることと)違うじゃないか』ということなら、次の選挙で(政権を)代えてください。それが民主主義だ」と語った。
【時事通信/7月6日19時12分配信】



コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『旧民主党』の皆様、どうか... | トップ | 事前に敗戦を確信しての延命... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鳩山さんもやっと気がついた (scotti)
2010-07-08 12:40:56
鳩山さんの本当の敵は誰だったのか?
真犯人にやっと気がついたのですね。
あの菅さんが民主党を裏切るとはおもっていなかったのは仕方ないことですが、今は誰の目にも国民の敵は誰だか分かって好かったです。
大事な事は参議院選挙ではなくて、選挙後、民主党執行部を本来の民主党の政策を実行する人たちに取り戻すことです。
次期党首選では、菅グループでさえ、官首相を支持しないと思います。
鳩山グループも、誰が本当に敵だったのか理解できたでしょう。
外部の敵は怖くない、内部の敵こそやっかいです。
それを駆除できる最大のチャンスが次期党首選です。
菅さんは小泉さんに憧れていたんですね。
菅さんは小泉さんになりたいんですね。
そして菅政権現執行部は以前の自民党になりたいんですね。
自民党のように大企業と手を結び、権力を維持したいんですね。
マニフェスト国民の生活なんでどうでもいい、マニフェストなんて生もの、直ぐに腐らしてしまう人たちですね。
日本のために、ナベツネ総帥支配下、汚れた肛門様所属、売国族7奉行派議員を駆除しましょう。
それにしても菅直人の裏切りには誰も驚いた。
総理大臣になることが人生の全てなんて、寂しい人生だね。(笑)
身から出たサビ (一有権者)
2010-07-08 12:49:11
ネットでは、技術をパクッたと非難が盛んですが、その技術を海外に移したのは誰か?優秀な技術者を食っていけなくしたのは誰か?技術が育ち、継承されるプロセスを破壊したのは誰か?これらをもう一度問い直す必要が、あるでしょう。
それにしても、対応があまりにも酷い。フォローしきれないです。しかし、自民党に票が戻らないだけ、有権者はそこまで馬鹿ではないと言えるのですが、みんなの党に行っちゃう時点でねえ…。皆、公約ちゃんと呼んでるのと思います。やっぱり、政界再編来るんでしょうかねえ。というか、対立軸となるべき社共が貧弱すぎて、再編がないと大政翼賛会ごっこになっちゃう。
Unknown (おみー)
2010-07-08 12:50:35
はじめまして、いつも読ませて頂いています。

現内閣は本当に頭が悪いですね。姑息で拙攻で。

おそらく今回の選挙で自民党が壊滅するという見方が多いですが、その後に小沢氏系列が新たな軸を作ってくれることを期待しています。

ところで、消費税議論なのですが、よく引き合いに出されるのがヨーロッパ諸国の税率です。
たいがい、日本より高いというデータを出し、その中でも食料品は安いけどもそれでも5-10%だというデータを出します。
それは福祉に使われることになっているから必ず戻ってくるという国民の考え方の相違をマスコミが取り上げることはそれほどありませんが。

そのなかで、私の疑問は、税込みの物価です。
すなわち、x%の税率をかけた結果、モノの値段はいくらになるのだろうということです。
例えば、パン1斤、牛肉1kg、ガソリン1l、40インチのテレビはいくらになるのか、また、平均所得はいくらなのかが報道されているのを見ません。
時々パリさんはフランス在住でいらっしゃるからご存知でしょうか。Eurostatのデータを見るとフランスはECの中でも少し平均物価が高いようですが、いかがでしょうか。
scotti様。 (時々パリ)
2010-07-08 23:47:50
コメントありがとう御座います。
何しろ、あの小沢さんですら、菅直人が裏切る事に気がつかなかったくらいですからね!
菅直人は、小泉になりたかった訳では無く、『菅直人首相』になりたかったのです。
小泉なんてメじゃない<大宰相菅直人>に!
民主党は、その目的の為の手段に過ぎなかったのですね。
ですから、マニフェストも、国民の生活も関心は無いのです。
やれやれ。
菅直人の本質を見抜けなかった、我々国民が悪いのですが、菅直人も、市川房枝さんのパシリから今日まで、良く我慢して来た物です。
騙されても仕方が無いのかも。。。
一有権者様。 (時々パリ)
2010-07-08 23:53:56
コメントありがとう御座いました。
「技術を盗まれた」と言うのは<負け惜しみ>に過ぎませんね。
目先の利益に汲々となって、猫も杓子も中国詣でに明け暮れた、『経団連』の各企業と、輸出を請け負った(花の)<商社>の身から出た錆です。
長期的展望に立てず、とにかく<目先>の事だけ。
大量リストラも、派遣切りも、全く同じ根っこに根ざしていて、今の日本社会の<安売り競争>も、同じ発想でしか有りません。
常に、自分の脚を喰ってる<タコ>と同じレベルのオツムしかない連中が、この国の経済を牛耳っている。。。
庶民は堪った物じゃ有りません。
おみーさま。 (時々パリ)
2010-07-09 00:06:57
コメント(初)コメント、ありがとう御座いました。
「恐らくこの選挙で自民党は自滅・・・」と皆が感じていたのでしたが、この数日、自民党の勢いが急に上がって来て、民主48に対して自民45なんて数字も上がっている!
ヨーロッパは、消費税込み(内税ですね)の値段が示されています。
物価は、外貨の換算値次第ですので、何とも言えませんが、はっきり言える事は、食料品は(税率5、5%)日本より安いです。
加工品となると、ヨーロッパの物価は遥かに物価は高くなります。
書籍も5、5%ですが、日本より遥かに高価。
具体的には、牛肉1キロは、30~6€。
ガソリンは(有鉛ハイオク)1ℓ5、8€。
テレビはmにほんの20%高くらいでしょうか。
これらは、生活の質の違いですから、直接消費税込み云々の比較材料にはならないでしょう。
ただ、ヨーロッパは総ての経理処理が<インヴォイス=請求書>処理ですので、消費税の還付もクリアーです。
日本の場合は、<見なし>処理ですので、実際の仕入れより若干高めに申告しておいて、そこから消費税還付をしますので、結局諸費者が払い込んだ税額の20~40%くらいは企業の収入になってしまうらしいです。
それで、企業は<消費税率上げ>に積極的なのだそうです。
以上のからくりは『志村建世のブログ』に教えて頂きました。

コメントを投稿

政治と社会」カテゴリの最新記事