晴れのち曇り、時々パリ

もう、これ以上、黙っていられない! 人が、社会が、日本全体が、壊れかかっている。

「地球は全人類の物」と言う<友愛論>と、主権国家における<参政権の理論>とを混同してはならない

2009-11-10 01:53:08 | 政治と社会
>民主党の山岡賢次国会対策委員長に10日から警護官(SP)が随行することになった。

>与党時代の自民党国対委員長にはSPはついておらず、異例の待遇だ。

>山岡氏が先週、永住外国人に地方選挙権を付与する法案を今国会に提出する考えを表明したところ、事務所に抗議の電話が殺到。警視庁が「警護が必要」と判断したという。山岡氏は「発言に対する反発が大きかった」と周囲に語っている。
【毎日新聞電子版】


私は、運転中以外は<気が長い>方だと思っております。

特に、大切な事に関しては、10年でも20年でも待てるし、忘れない。

目下の民主党政府の<モタツキぶり>も、まだ始まったばかりで、どうこう言う気は少しもない。
鳩山党首の資金管理問題でも、あんな事は、大局的には<些細>な事にしか思えない。
旧自民党政権では、これくらいの事は(恐らく)日常茶飯事であったろう、と思えるからだ。
しかも、国の舵取りに、何の影響も無い事だと、思っている。

閣僚の意見の食い違いにせよ、小沢幹事長の柔軟性の無さによる独裁的(に見える)やりかたにせよ、前川国交大臣の<手続き>のまずさにせよ、その他諸々、進展しない(どころか後退すら感じられる)官僚支配からの脱却にせよ、自民党政権下に於ける60年間で積み重なって<サビついて>しまっている、ありとあらゆる国内の荒廃状況を<大掃除>する目標を達成する為には、何程の事でもなく、タップリ4年間を使って、やり遂げて欲しい、と切望している。


だがしかし!!

永住(か否かは問わず)外国人に参政権を与える行為は、断固、絶対、考え直すべきである、と断言せざるを得ない。

先ず、<何故>外国人に<選挙権>を与えたいのか。

公明党ならば、良くわかる。

<創価学会員>のかなりの部分が、在日の人達である以上、理解出来ます。

自民党の一部も、相当<利害関係>が絡み合っている(らしい)事が想像に難くない。


しかし、何故<民主党>なんだ。

外国に居住する私には、正確に検証する材料となるべき<情報>が限られているので、ここでは<推測>でしか話を展開出来ないのですが。。。

一つには、民主党の一部(特に小沢幹事長周辺)の持つ(らしい)、『在日朝鮮人居留民団』からの(何か不思議な)利益であろうか。

小沢氏は、地方議会に於いてもすべて<安定過半数>がどうしても欲しいのだ、とお見受け出来る。
献金も、きっと<半端>で無い金額が見込めるのであろう。

二つ目には、鳩山代表の持っている(理想論的)友愛精神の<はき違え>か。

「この地球は、特定の国の物ではなく、人類全体のものです。。。」
よかろう。

『日本と言う国も、日本人だけの物ではありません。多くの国々から来ている方々が、皆で社会を造り上げて。。。」
否!

ここに、<主権国家の理論>と<母なる大地論>との混同がもたらす勘違いが見られるのです。

もちろん、現代の社会では、いかなる国であろうと、その国籍を持つ国民しか住んでいない<国>等あり得ない。
多くの、様々な国から人々が集い、経済活動に携わり、生活を営み、文化を醸し出して、社会を形成していることは何ら<異論の無い>ところである。

しかしそれは、地政学的な面から見た<社会現象>であって、<国家>をその<主権>でとらえた法制学的には当てはまらない理屈である筈だ。

地球上には160幾つかの<国家>が存在する。

それぞれが、<憲法>を定め、そこから<法律>を制定して、その<法的秩序>の基に、各国民は<国民>としての<権利>を享受し、<義務>を負っていて、<主権国家>が形成されているワケだ。


ちなみに、私個人は、故有ってフランスに住んでいる。

正式な<滞在許可証>を取得して(タイヘンだった!)、合法的に所得を得て、法の下に定められた<租税>を支払い、法の下に定められた<社会制度>の恩恵に浴している。

医療保険も、退職後の年金も、日本から考えると<破格>なまでに手厚い失業保険金も、差別無く手にする事が出来る。

それらの事象は、私が<フランスに暮らす社会人>として、認められている事を意味しています。

つまり、私はフランス社会の<構成員>な訳です。

フランスは、『フランス革命』以来、(建前上は)『自由』と『平等』と『博愛』が<国是>であり、国境は<開かれている>事になっています。

現代は、経済的に困難な時代となり、多くの失業者をかかえ、不法移民に神経質になってしまって、建前通りには行かない事も多いとは言え『フランス国家』は開かれた国家なのです。

廃位され、玉座を追われた各国の王達は、最後の安住の地をパリに求め、モーツアルトも、ワーグナーも、ヘミングウエーも、ピカソも、ダリも、パリに暮らし、パリを想い、レーニンも、トロツキーも、ホメイニも、シアヌークも、バニサードルもパリに亡命したのです。

しかし、そんな国土に暮らす<構成員>たる私ですが、<フランス国籍>を取得していない(そのつもりが無い)以上、『フランス人』では無い。 

であるからして、当然<選挙権>は無いのです。

なぜなら、『選挙権』とは<主権国家>を構成する<国民>の基本的権利であるからであり、<社会の構成員>の権利ではないからです。

以前<徴兵制>が敷かれていた10数年前までは、外国人が一たび<フランス国籍>を取得するや、選挙権が与えられ、フランスのパスポートが与えられ、かつ<兵役>も課せられていたものでした。

今では、兵役と言う<国民の義務>は無くなりましたが。<国民の権利>である参政権は、当然与えられます。

言い換えると、永住外国人に<永住>しているからと言う理由で<参政権>を与える事にすれば、<社会>としての日本は存続するとしても、<主権国家>の国境(物理的なイミ以外の)は<消滅>してしまう事になってしまう、と思われるのです。

『友愛』

多いに結構。

自己の利益しか考えない人間関係、ひいては国際関係の中に於いて、<精神的愛情論>を基本哲学に据える政治家など、マハトマ・ガンジー以外、存在した試しが無いのではないかと思う。
(鳩山サンの祖父君?)

そう言う<精神的愛情>溢れる哲学を持ってして<政治>に取り組めば、理想的に言えば、極端な<社会的階層差>や、異常に高い<貧困率>や、<ワーキング・プアー>や、シングルマザーその他現日本社会で<大いなるハンデ>を背負わせられている人々も、きっと救われる社会が出来るのでありましょう。

多いに期待させてもらいます。

ただ、国家の主権は、決してウヤムヤにしないで下さい。

選挙権が欲しい<定住外国人>は、『日本国籍』を取得すればよいだけの話。


鳩山サン、小沢サン、頼みましたよ。


コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 飽食の国日本における<食料... | トップ | やっぱり世の中変わり始めた... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (らむちゃのパパ)
2009-11-10 09:17:42
外国人地方参政権は、私も含めて何事も鷹揚な日本人には、地方の議員や市長を選ぶ権利くらい与えてあげてもいいんじゃないの程度の関心だと思います。ただ、日本が韓国や中国と親しくなってもらっては絶対困る北朝鮮勢力からみると、絶対反対のことみたいです。
ただ、民主党はマニフェストに記載しながら、手つかずのことが多い中で、なんだこれはと私も不快に思いました。また、これが認められると、将来対馬に外国人が大量に移住し、対馬を韓国に属するという決議も行われそうで、それが例え国政レベルで否決される手立てがあるとしても不安になりました。
民主党ってなんなんでしょうか (348ts)
2010-03-01 18:18:37
正にそのとおりです。
フランスでご経験されていることですから、日本から出たことのない私のような人間とは比較意ならないような説得力があります。

なぜ民主党が外国人に参政権(地方)を与えたいのか・・・
いくら考えても本当に不思議なことです。

というか
このような国家主権に関わる大問題を、しっかりとその必要性や緊急性を説明もせず、どうして閣議決定しようという状況なのでしょうか?

国民の大半は関心がないのでしょう。
そもそも選挙権を行使しない人たちばかりです。
選挙で何も変えられないと諦めている人たちを尻目に、選挙権で色々と変えてやろうと画策している人たちがいるのでしょう。

旧自民政権が破壊した日本というシステムは崩壊の一途を辿っていて、さすがの国民も政権交代を促したわけですが、当の民主党がこのような得体の知れない政策を強力に推進しているのをみていると、もうどこにも頼れないのかと、半ば諦めモードになってしまいますね。

ネトウヨが民主は在日に買収されているとか、半島出身者そのもので構成されているとか、盛んに喧伝しまくりますが、信じたくなる気持ちも分かりますね。

個人的には、敗戦で日本人の魂は引き抜かれ、戦後復興は私利私欲と高度成長が重なったため弊害はなかったが、成長が鈍化したときに、初めて日本の中枢構成員たちの醜さが露になったのではないでしょうか?
本当に国を思う優秀で勇敢な人たちはあの大戦で大方散ってしまったのです・・・
残った優秀な人たちの中には狡賢く徴兵忌避して生き残ったような人たちが多数いたようです。
考えてみれば、そんな人たちが作り上げた国家がまともなはずないですよね・・・

明治維新も欧米列強の存在があったにもかかわらず、全て日本人達で成し遂げたように思っている日本人が大半なようです。
日本人の学ぶ歴史は、歴史小説と大差なく、「こうであっただろう」よりも「こうであってほしい」が多分に降りかけられた歪んだものばかりです。

話はそれましたが、学ぶべきものはたくさんありますね。
正にネットさまさまです。
ネット普及以前の環境では私も視野を広げることは出来なかったでしょう。

今後もありがたく吸収させてもらいます。
348ts様。 (時々パリ)
2010-03-02 03:55:20
民主党って。。。
『保守本流』だった人達の中でも過激であった人達と、机上の空論で学んだ<理想社会>しか見えない社会党の人達と、その中でも過激な<くサンディカリスト>達と、離合集散を繰り返しながら、<議席>を守りたかった人達とが集まった、政治イデオロギーでまとまった<政党>では無く、自民党と同じく選挙対策の為に集まっている<政治集団>ですね。
従って、国家を経営する基盤を確立しなければいけない時期に、その為に不可欠の<力>である幹事長を、一致団結して守ろうという発想を持てない集団なのです。
でも、旧制度はもう<マッピラ>だから、舵取りを託したのでした。
それすら忘れかかって、官僚機構と、その代行者であるマスメディアによる恣意的キャンペーンに踊らされて、半年にして、すでに反対の事を考え始めている<国民>を総べて行く事を託すのに、ほかに道がないのがつらい所ですね。
それにしても、才能ある人材は<幕末>に散っていったのでしょう。
明治政府も、長州薩摩の下級不満分子の<残滓>によって形作られ、その系統が日中戦争や太平洋戦争へと導き、その逃げ仰せたズルイ<滓>が、55年体制を形成して、CIAの後押しで、アメリカの<属国>の様な精神を国民に植え付けてしまった。
これを、本来有るべき<主権国家>としての方向へ舵を切るのは、本物の<剛腕>でないと無理なのだと思っています。

コメントを投稿

政治と社会」カテゴリの最新記事