野菜ソムリエPro. AndyのBlog

日本遺産「奈良・吉野」は下市町の野菜ソムリエ&フードツーリズムマイスターのベジフルライフをつづっています。

 

◇◆第6回野菜ソムリエアワード全国大会◆◇
~皆様、応援ありがとうございました!~

-----------------------------------------------
2017年第6回「野菜ソムリエアワード」近畿地区大会
**野菜ソムリエ部門「優勝」**
-----------------------------------------------


▲FMなばり83.5「野菜ソムリエAndyのベジフルtime」
「教えて!まちかどティーチャー」で野菜ソムリエAndy独特の切り口で旬の野菜・果物の事をお伝えするコーナーです!
※2018年10月より放送時間が変わり、しかも放送回数が増えます!
引き続きインターネットサイマルラジオで、どこからでもお聞きいただけます。
インターネットサイマルラジオはコチラ


◆日 時◆
2018年12月10日(月)11:30~11:50
【再放送】
12月11日(火)13:40~14:00
12月12日(水)11:00~11:20、15:40~16:00
12月13日(木)17:10~17:30
12月15日(土)15:30~15:50

◆番組名◆「教えて!まちかどティーチャー」。


■お仕事のご依頼はお気軽にどうぞ!
 ・野菜・果物を楽しく学ぶセミナー  ※詳細はこちら
 ・地元の野菜の良さが改めて分かるセミナー ※詳細はこちら
 ・野菜作り初心者のママさん必見!?野菜作りレクチャー ※詳細はこちら
 ・講演会
 ・コラム執筆
 ・ラジオ番組出演
 ・野菜のパワータップリ楽しむイベント企画
など

なお、お問い合わせはメールでお願いいたします。
 → miyasaka.vfs*gmail.com
 ※「*」は「@」に変えてください。

ゆいつむぐ市

2018年11月13日 23時35分32秒 | こちら「831放浪記♪」
10月28日(日)吉野で「ゆいつむぐ市」が行われ、
チャリンコこいで行ってきました。


これは、
古き良きものが残る吉野から、残し伝えたい大切なものを
「結い」「紡ぐ」をキーワードに行われたイベント。

今回、2年ぶりに行われました。

実は2年前、ボクも行ってました。

そのときの記事はコチラへ!


会場は、近鉄吉野神宮駅近くにあります、
吉野水分神社(大守社)。




お昼過ぎにお伺いしたため、完売している商品もありましたが、
境内の森で、ゆったりと楽しむことが出来ました。

なお、吉野郡内の野菜ソムリエさんも出店。

コンフィチュール フミさん(吉野町)は
コンフィチュールを出展。

maruikeCafeさん(大淀町)からは、
こだわり食材のお弁当を初め、
コンフィチュールや焼き菓子を出展。

ワタクシだけがのんびりしてた・・・って怒られそうですが・・・。

まー、途中チャリンコこいでいてで偶然出会った方が、
会場でもまた偶然出会ったり。

久しぶりの再会もあったりと。

出会った人、みんな同じ方向を向いている方々でした。

お世話になりました皆様、ありがとうございました。




****************************************
◆◆ブログランキングに参加中◆◆
~クリックして下さればありがたいです↓~


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 野菜ソムリエ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ

にほんブログ村 半農生活
コメント

「水本果樹園」さんの柿「刀根早生」

2018年11月06日 23時57分14秒 | 吉野下市もんの野菜果物

下市町・水本果樹園さんの柿「刀根早生」

水本果樹園さんはエコファーマー。
農薬・化学肥料を通常の3割以下に抑えて
育てられています。

しかも、標高400mほどの高台で育てられています。
昼夜の温度差により、
甘味はギュッと凝縮されていて、しかもしつこさがありません。
果肉もち密で、食べ応えもあります。

そして、果実にやや高さがあるのも特徴です。

****************************************
◆◆ブログランキングに参加中◆◆
~クリックして下さればありがたいです↓~


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 野菜ソムリエ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ

にほんブログ村 半農生活
コメント

「“manabiya音楽会2018”中村佳穂~ちょっと普通じゃないコンサート~」

2018年11月06日 23時31分57秒 | こちら「831放浪記♪」

10月27日(土)、
下市町広橋の「旧・広橋小学校」にて、
「“manabiya音楽会2018”中村佳穂~ちょっと普通じゃないコンサート~」に行ってきました。


これは毎年10月末に行われている、
木造校舎の講堂でのコンサート。

ホールで聴くコンサートとは一味も二味も違います!

コンサートに行くのは本当に久方ぶりです。



この日はお昼前から、こだわりの食べ物も勢ぞろい!

・「manabiya音楽会スタッフ」による茶粥、梅ジュースとオーガニックマフィン

・「BAKE HOUSE un」による、キッシュとバターナッツのスープのセット
 ★バターナッツの生産者はワタクシです!
  しかも吉野のヒノキ堆肥を使った無農薬無化学肥料栽培!

・地元のお母さん方のヨモギ団子&ヨモギ餅

・「下市温泉秋津荘の食堂“ごんた食堂”」による、ジューシー&ボリューム満点のから揚げ

・「crosspot(大淀町北野台)」による挽きたて&山の湧水のコーヒー

などが出展されてました。
(奇しくも全部足を運んだことのある出展者さんでした)

まずは、そのコダワリの食べ物をご紹介~♪

●地元・広橋地区の「manabiya音楽会スタッフ」の皆さんによる手作りの茶粥



しかも、

こちらの建物の中にあるカマドで作られてるのです!

●地元・広橋地区の「manabiya音楽会スタッフ」の皆さんによる
 オーガニックマフィンとヨモギ団子。
 

ヨモギ団子は、春先のヨモギの新芽を使っている為、ヨモギの香りが抜群ですし、繊維みたいなものも口の中に残りません!
さらにあんも甘さ控えめ♪

オーガニックマフィンは、ヨモギ(左)とカボチャ(右)


地元の若手農家さんである「いきる農園」さんが作ったものです。
しかも、カボチャは「小菊カボチャ」。無農薬です。

スイーツで使われるカボチャは今や西洋カボチャ(栗カボチャ)やバターナッツがいまや主流で、
小菊カボチャはある意味忘れ去られつつあります。

しかも一般的には味に存在感が薄く、果肉の色も薄めですが、
こちらのマフィンは色が濃厚、
しかも「これが小菊カボチャ?」と思うくらいカボチャの風味が凝縮していて美味しかったです。

もちろん、ヨモギもマフィンも、ヨモギの香りが口の中に広がり美味しかったです。

●「BAKE HOUSE un」の、キッシュとバターナッツのスープのセット


キッシュはキノコのキッシュ。
で、ワタクシが育てたバターナッツのスープ。
スゴイ濃厚なスープで、カボチャ本来の甘みが生きていておいしかったです。
想像以上のおいしさにワタクシもビックリ(゚д゚)!



またコンサート前には、楽器作りのワークショップも。
楽しそうに楽器を作る子どもたちが印象的でした。


2018年注目すべきアーティストである中村佳穂さんの、
「ちょっと普通じゃないコンサート」。


ボクは小学校から芸術は美術一筋でしたので、音楽の事は理解が乏しいので恐縮ですが、カンタンに言い換えると、
「その場の雰囲気で瞬時に作り上げてしまう、唯一無二のコンサート」
「旧広橋小学校で、2018年10月27日にしか聴けないコンサート」
でした。

かつては子供たちの学び舎で賑やかだった小学校。
しかも田舎にしかない、木造校舎の講堂。

校舎の魂、主催者の魂、参加者の魂が、
どんどん中村佳穂さんによって音楽となっていく。
あっという間の楽しい時間でした。


中村佳穂さんと記念撮影♪


広橋小学校からの眺め。
絶景が広がります。


コンサート前には雨がザッと降りましたが、
お昼には雨が上がって、トンビが校舎の上を飛び始め・・・


コンサートが終わるころには夕日が校舎を照らしていました。

今月はホンマにバタバタで、直前まで行けるかどうかわかりませんでしたが、
何とか足を運ぶことが出来、久しぶりの休養でした。

お世話になりました皆様、ありがとうございました。


****************************************
◆◆ブログランキングに参加中◆◆
~クリックして下さればありがたいです↓~


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 野菜ソムリエ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ

にほんブログ村 半農生活
コメント

「吉野ブランドの野菜果物はスゴくなる!?その1」をさせて頂きました。

2018年11月06日 23時23分42秒 | 野菜ソムリエ活動

10月25日
吉野三町村雇用創造協議会様で、
「吉野ブランドの野菜果物はスゴくなる!?」と題して、
セミナーをさせて頂きました。


これは、僕も畑で実験栽培を行っている、
「吉野ヒノキの発酵堆肥」を使って育てた野菜・果物がテーマのセミナー。


正体は、元をたどれば「酵素浴」として役目を終えたヒノキのパウダーです。

吉野ではまだ、この堆肥を使って本格的に野菜を作られているところは
ほとんどありません。

吉野に、この堆肥を里帰りさせて、
吉野ヒノキの新しい活用法の提案として、
そして、肥料も地産地消で、付加価値の高い農産物とその加工品の誕生を目指すべく、
今回から3回シリーズで行うことになりました。

今回は第1回目。
野菜・果物の品種別、産地別の違いを知っていただき、生活者にどうPRすればよいかを考察していただきました。

セミナーでは、サツマイモ、柿について取り上げて、
食べ比べも行いました。





そして、このシリーズのメインとなる吉野ヒノキの発酵堆肥のお話の中で、
その堆肥で育てたカボチャと、そうでないカボチャの食べ比べも行いました。


さらに、「POP作りワークショップ」も。
参加者には、ヒノキの発酵堆肥で育てたカボチャについて、
ターゲットを設定し、
キャッチコピーやネーミング、商品説明も考えてもらい、
「この値段なら買う!」という値段まで設定してもらいました。

お陰様で大盛況。
あっという間の3時間どころか、
セミナー終了後、参加者から堆肥の注文が殺到!
あわてて、手配したのでした。

次回は、11月8日(木)。
この堆肥を使った農法のアドバイザーでもある、
ゆにわの里(大阪・堺市)の寺田将樹様をお招きして、
堆肥の具体的な使い方と、活用事例についてご紹介いたします。

さらに、ヒノキ堆肥のシリーズではないのですが、
11月30日(金)には、東吉野村住民ホールにて、
「野菜の売り方・伝え方」をテーマにした講演会の講師をさせて頂きます。

※写真はセミナー開始前に撮影したものです。

****************************************
◆◆ブログランキングに参加中◆◆
~クリックして下さればありがたいです↓~


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 野菜ソムリエ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ

にほんブログ村 半農生活
コメント

王秋。

2018年11月06日 23時18分17秒 | 野菜&果物

10月末、
とある直売所で見つけた梨「王秋」。

奈良・五條産でした。

2000年10月にデビューした品種の梨。
中国の梨「慈梨(ツーリー)」と「二十世紀梨」を掛け合わせて誕生したものに、
更に「新雪」を掛け合わせたもの。

形がタテナガで独特です。
果肉はしっかりしていて、包丁で切っていると硬さを感じますが、
口にするとそんなに硬くありません。
しかもジューシー。

本来は大玉の品種なのですが、少し小ぶりでした。
また、甘味も強く後味さっぱりなのですが、
9月が雨が多かったせいか、やや大味でした。
(収穫してそんなに日数がたってなかったせいかも?)

ちなみに貯蔵もききます。
常温で2か月、冷蔵でしたら3か月くらい日持ちします。

****************************************
◆◆ブログランキングに参加中◆◆
~クリックして下さればありがたいです↓~


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 野菜ソムリエ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ

にほんブログ村 半農生活
コメント