地上に線引く神の一筆

地上に線引く神の一筆

ラブロマンスが下手な男は女ごころを理解してない場合が多いね

2017-03-28 01:44:34 | 日記
ま、遂次前進していけばいいさ。
突然がんばっても疲れるだけね。
今日友達からもらったイーメールによると初恋の相手が求婚されたみたいでなぜかドン引きなのだ(T0T)。
親友の夫婦はもめ事が絶えず大変と言っていたけど、結婚相手がいるだけうらやましい(T0T)。

たとえばだけど、王子さまのような理想の恋人が現れないかと妄想しても無駄だよね。
近頃は確かにプラトニックな恋愛観を持った人は少ないけど、たいていの場合気にしないよねぇ。
本当はE-メールだけで惹きつけるような書き方があれば最良よね。
ああ、心を惹かれるときのこの思い、いつまで続くのかしら?
たとえばいつでもドキドキな男女関係を実現したいね。
ハッキリした男が好きだけど、かっこ悪い人だったらどん引きでしょうね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おつきあいしたい男子の気を引くには2

2017-03-24 01:02:25 | 日記
ひそかに幸福な妄想とかしちゃいそう(^^)基本的に、甘い言葉を言う男性には意外と弱いのよね(笑)。
だが今朝飲み会で会った人は趣味が違いすぎてパスだよ。
できれば趣向を共有しあえると密接になれるね。
交際も長続きするだろうし。

とはいっても違和感があるお付き合いを継続するのはちょっと大変でしょうから、ワタシはイヤだな。
それにしてもベストな自分を持続するのは厳しいんだね。
ドキドキな関係を継続するキーポイントはなんなのかなー?
ぜひ性格を共有しあえると一心同体になれるね。
交際も長続きするだろうし。
あたし的にはピーマンの肉詰め系男子もオススメー!基本的に周りの仲間を見ていると恋愛関係が3年続いて結婚、というのがかなり多いみたい。
目標が高い位置にあるわたしには多数のチャレンジが必要だよねぇ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知ってました?化粧品のツボとは

2017-03-20 00:37:38 | 日記
可能な限り食事の改善や栄養補助食品で素肌の再生や形成を手助けするための栄養素も摂取するようにしましょう。
はだが上がるのは少しずつですから、特に時間と努力がかかりますね。

それよりもたるみを感じるポイントは、目の下や頬などの脂身箇所が多い箇所なのですね。
そんなことよりいくら敏感肌の人でも、コスメティックスは利用しないと紫外線や空気の乾燥などで緩やかに素肌にダメージを受けることになります。

常日頃かっちりマッサージや素肌の対処をキープしていくとよいと思います。
とくにたるみが気になるひとは、ペプチドという構成要素がたくさん入った美容液がオススメです。
また、ゴージャスなモデルの人と対比すると必要以上に失望してしまうものという事で、貴女のペースでやるべきです。
それと、きっちり角栓を取り除いてやることが、毛穴黒ずみの施策になると言われてます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知ってました?お化粧について

2017-03-16 00:09:52 | 日記
アトピー体質のスキンの注意の勘どころは、メーク用品でセラミドと皮脂膜の代わりになるオイルを常に補ってあげることです。
話は変わりますが、しみはお肌の内部から徐々に起こるもので、くすみは「肌」の表面でおこるもの、という違いがあります。
いずれにせよ、信じられない効果は短い期間では出ないものですよ。

年齢を重ねた女性だけでなく、このところは若い女性もが「いつまでも若く」と願っていて、アンチエイジングには注目が高まってきています。
コスメティックの厳選ミスやスキンのお手入れの間違いなどから、トラブルのファクターになることがいっぱいあります。
「肌」に関してそんなに歯がゆい思いがないひとは少ないですから、多少のトラブルがあっても自信を持ちましょう。

さて、多量の女性のもっとも主導な悩みは、毛穴、乾燥、たるみ、シワ、くすみです。
ツボは、問題を寄せ付けない「肌」を目指すことですね。

依然として小じわの段階であれば、ヒアルロン酸などの構成要素が入った化粧品で皮膚を世話するとよいでしょう。
そう、美麗になりたいという内心は誰もが持っているのですよ。
このところでは化粧品は国内のものだけでなく、海外製のものも極めていっぱい出回っていますね。
どのような養分の入ったコスメ用品を活用すれば良いか、よく考えてみましょうね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大丈夫?最新のスキンケアとは2

2017-03-11 23:50:20 | 日記
それから、体内の内側から湧き上がってくる水分をキープし、外側からスキンケアの構成要素を摂取することでたるみを予防して改良させていきます。
それからそれぞれの歯がゆい思いであるシワは、大変に残念なことに、活性酸素による「肌」の老化によってアップしてしまうのです。
化粧水はいくぶん「肌」への潤いの効力が高いものを厳選しましょう。

それから、やれるだけ一年中を通して、1年中紫外線の施策をとるようにしましょう。
けど敏感肌のかたは、あんた自身の皮膚に合ったいくぶん刺激の少ない保湿剤を選定しましょう。
前もって好評な商品にはたまに意識を向けていくとよいかもしれませんね。

水気補給のための化粧水のための乳液などは貴女のはだの質や齢に配慮して不可欠な成分が配合されたものを選定すると良いでしょう。
新しい情報も参考にして、最低でも3ヶ月以上使用できるcosmeを選定してください。
「肌」のデリケートさは人それぞれであり、コスメの使った感じも人それぞれだから、判断は難しいわけです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加