Vastra-daの裏側

オリジナルフィギュア原型師。原型師がバッグも作るよ。求めるモノが探して無ければ『作ればいいじゃないか!』を実践中。

テレビが壊れた、一人で配線設置、器用過ぎるのも難である

2018-06-11 17:30:08 | 日常
昨日、1階の居間の テレビが壊れた。

    テレビ(本体)の主電源が入らないという状態


2時間前ほど前には映っていたテレビ。消してまた点けたら主電源が入らず本体をいじくっても赤いランプも点かず。

機械物は何も前触れもなく『 いきなり故障 』というのは幾度となく経験している。


    故障の前兆もなく突如 パソコンやテレビが壊れることなんて何度あったことか…


だが、オイラのパパさんは昔の人でね~ 機械が突然壊れるはずがない!! ママさんが壊した!!! と言い張って、どれだけ言っても誰か(家族)のせいにする人なのですよ


    文句垂れる前にやるべきことがあるだろう。打開策を考えろよ


オイラは常に何かの問題にぶつかった時には『 今やるべき事、次にすべき事は何なのか・現状の対処法、打開策を真っ先に考える 』のだがパパさんは文句垂れて立ち止まっているだけで何もしない。


    文句言うだけなら誰でもできんねん  (ヒトのせいにして自分で考えようとしないのは大嫌いである)


責められる覚えのないママさんが可哀そうになりオイラが動く。


ほとんど使わない2階作業部屋の同じインチサイズのテレビを配線を引っこ抜き一人で降ろし、1階の居間へと運び入れる。

映らなくなったテレビの配線全てを引っこ抜き、降ろしてきたテレビを設置。

パパさんは機械物が苦手だと言ってテレビの配線すらも説明書を見てもまったく出来ずわからんから手伝おうともしないのよ


テレビの配線・初期設定・DVD接続などなどオイラが全部やる。


    情けねぇ~な 頼りなさ過ぎるっすわ


全部を一人でやって無事完了。

    フゥ オイラ器用さんやでな


自分の車のナビも本体だけ買って前の同僚と二人で取付けたからね~



テレビが映りパパさんもニコニコで機嫌がなおった。



はじめから出来る人など少ないだろうけれど、オイラも『 頼る人がおらず、やるしかなかった 』から出来るだけのこと。


『 苦手 』だと思うことは多々あるが、だからといって自分が関係する事なら人に押し付け人任せにするのはどうかと思う。


   何事も勉強で経験 失敗しても成功してもすべては己の肥しとなるであろう


というのがオイラの考えなのだ。

だが、器用過ぎるというのも難である。


以前に友人やら同僚やらに言われたことがある。


    出来過ぎるのも可愛げがない。できない~ とか可愛らしく言ってたまには頼ってみたら?


とりあえず自分がチャレンジしてダメな時は頼るのだが


    自分が出来るモノを『 出来ない 』とは言えんわ…しかも可愛らしくって…無理っす


    こりゃダメだ、お前はそういうヤツだよな



そんなオイラも スマホは全く理解が出来なくてLINEすらも使い方がわからず友人たちによく聞く。

アホなオイラでも理解が出来るように噛んで砕いてバカにせず教えてくれるので本当にありがたい

『 やってみよう 』というのが大事だと思う
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安物買いの銭失い、銭失って... | トップ | 夏の庭、やっとこさ完了 »

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事