バリエーション山行同人

バリエーション山行を志向する登山者の集まり(主に、東京、神奈川、埼玉エリア在住の方向け)

奥多摩 越沢アルペンコース~大塚山~境界尾根(2021.3.27)

2021-03-27 20:31:45 | 尾根

3月最後の週末のうち、土曜だけは天気が良いようだ。バスなどを使わずに駅から取り付け、半日程度の短ルートを検討した結果、昔何度か行った越沢(こいさわ)バットレス見学を組み込むことにした。

朝7時過ぎに鳩ノ巣駅に降り立つ。多摩川を渡り、色とりどりの花が目立つ民家の間を通過し、右に分かれる舗装林道を見送って山道を直進すると東屋の脇を通過。そのすぐ先で右側の崖に付けられた小径を辿り、いったん舗装林道に出る。林道を少し進むと再び左側に降りる道が分かれるので、そこを進む。

▼「ガーデンキャンプ場」の看板をくぐって沢方向へ下る。

▼所々、「私有地進入禁止」の看板があるのでそこを避け、「バットレス」の看板に従って進む。

 

程なく、越沢の左岸に出るので、左岸を遡上する形で河原を少し歩く。

▼ゴルジュ状に谷が狭まり、固定ロープに導かれるように進む。前方に丸木橋があるが不安定そうだったので、石伝いに右岸に移り、残置スリングをつかんで丸木橋の袂に立って右岸の踏み跡を辿って進む。

▼その後、「アルペンルート」の看板を見る(ここから左上する微かな踏み跡あり)。ここで遅い朝食を摂り、荷物を残置してバットレスを見に行く。

▼朝早いせいか、誰もいない越沢バットレス

▼道を戻ったところに、「剃刀岩」の看板

山腹上方に工事用の階段が見えたので、剃刀岩またはアルペンルート看板のあるあたりから踏み跡を辿る。

▼長い工事用階段(奥に見える道は剃刀岩からのもの)

階段を登りきるとT字路になっていて、荷物を置いて、まずは左側に進む。

▼「瞑想堂」と呼ばれる東屋があり、ここで行き止まり。引き返す。

▼「馬の背」と呼ばれる地点。鎖に従って登路を採った。

▼屹立した岩にぶつかり鎖が垂れている。

▼右にトラバース道があり、鎖に導かれながら岩の上部に出る。途中、右上の方向を示す矢印表示があり戸惑うが無視して進む。

何度か道が屈曲し、ほどなく岩エリアを脱して樹林の稜線を直登する。

▼最初の頂稜部にあった金毘羅堂。昔、この傍でアブミ訓練したことを思い出した。

越沢バットレスの上部に当たる痩せた稜線を進む。

▼左側に鳥居が見え、鉄五郎新道と合流する。

▼長く感じた急登(途中、イワウチワの群生地あり)を終え、広沢山(標高848m)を越える。

広沢山を越えると道は概ね平坦になり、程なくして正面に白い巨大な建造物(電波塔施設)が現われ、最後のひと登りで大塚山に達する。

▼大塚山(標高920m)の山頂。電波塔施設は大小1つずつあり、写真は小さい方。

大塚山からは御岳山方面とは逆方向に伸びる古里駅への一般道を進む。高度計に気をつけながら進んだつもりが、いつのまにか標高830mを指しており、慌てて戻る。

▼下山時はピークに感じずにいったん通り過ぎてしまった中ノ棒山(標高846m)。ここから一般道を離れ、境界尾根(青梅市と奥多摩町を分ける)を辿る。

▼小さなテープがあるこの急斜面を降りていく。この直下で左に派生する顕著な尾根を見つつ、直行する尾根筋を下り始めたが程なく誤りであることに気づき、斜面をトラバースし、さっき見ていた左の支尾根に移る。

急降下と平坦路が交互に出てきて順調に高度を下げる。道は概ねはっきりしているが、時折派生する支尾根には注意する必要があった。

▼「独標」との看板が付けられた標高583mピーク

▼境界尾根の下部はこんな感じ。

▼境界尾根の最後は、人家の庭先に出る。恐縮しながら網の柵を乗り越えさせて頂いて吉野街道へ出る。

▼多摩川左岸に渡り、対岸の桜並木を愛でる。多摩川はカヌー、釣り、ボルダリングに興じる若者でいっぱい。


▼御嶽駅に13:30に到着。駅ホームで横須賀の山友達に久々に遭遇。「山の世界は狭い」と聞いていたが、真実の様だ。帰路の車内では近況を交換し合うことができた。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 山梨 四方津御前山(2021.3.7) | トップ | 南大菩薩 大蔵沢から大蔵高... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

尾根」カテゴリの最新記事