珠玉の音楽に囲まれて

オーディオのこと、音楽のこと、思いついたまま記していきます。
by 横浜のVienna Acousticsファン

70年代前半、音楽の風景

2020-08-09 18:53:09 | POPS(邦)
梅雨が明けてから、横浜は夏日が続いています。幸い、横浜は海が近いせいか、35度を超えることがありません。それでも真昼の屋外は応えますので、散歩は朝か夕方にしています。今朝、散歩コースでは、稲の花を確認することができました。田の色は斑模様でありますが、少しずつ季節が進んでいることを実感しました。8月が終わると、今年も2/3が終了です。全体としては短い1年だったと感じることでしょう。オフ会、登山、旅行といったイベントは少なくなりましたが、その分、自分の時間の使い方を意識するようになりました。


さて、表題です。70年代前半の写真を紹介するわけではありません。TVを通して私が感じた昭和歌謡の原風景の話です。最近読んでいる本の記事でも触れましたが、私の中では60年代はモノクロのイメージです。記憶のシーンに色がつくのは70年以降となります。当時、歌謡曲に触れるメインルートはTVでした。年末のレコード大賞や紅白歌合戦は、そのハイライトでした。新三人娘、花の中3トリオ、新御三家、フィンガーファイブ、アグネス・チャンなどアイドルの活躍は知っていましたが、子供ながら何故か大人路線が気になっていました。


メロディーで強い印象を刻んだのが、欧陽菲菲の「雨の御堂筋」でした。時期的には幼稚園から1年生にかけての頃です。ベンチャーズが誰であるか、御堂筋が何処にあるかも知らずに聞いていました。「小ぬか雨」が雨の種類を表していることも後で知りました(苦笑)。小学校2年生の頃、布団に入って寝ようとする際、この曲のメロディーが頭を巡り、妙に切ない感覚となったことを憶えています。80年代に入って「ラヴ・イズ・オーヴァー」が大ヒットしましたが、ブランクが長かったため、すぐに「雨の御堂筋」とつながりませんでした。


由紀さおりの存在も気になっていました。清楚な雰囲気は、明らかにアイドルと一線を画していました。「手紙」はリアルタイムでは聴いていません。高校に入って偶然ですが、FM放送でエアチェックの機会がありました。当時の私のカセットテープには、80年代の洋楽、邦楽に混ざってレトロな「手紙」が入っていたわけです。この頃から既に雑食志向は形成されていたのかも知れません(笑)。少し前、ピンク・マルティーニとのコラボが話題になりましたが、聴くのは殆ど70年代前半の紙ジャケCDです。


ビジュアル的にインパクトを残したのが、金井克子の「他人の関係」でした。バックコーラスの男性陣を従えたイントロでの振りは強烈でしたね。TVの前に座ることに気恥ずかしさを感じていました。当然、歌詞の意味も知らずに聞いていたわけですが、画面から伝わる怪しい雰囲気をキャッチしていたのでしょう。このCD選書はヤフオクで仕入れました。後半の洋楽カヴァー集がなかなかです。「やさしく歌って」「アローン・アゲイン」「あまい囁き」辺りは、独特の気だるいヴォーカルとマッチしています。


75年のレコード大賞新人賞争いは、しっかりと記憶に残っています。最優秀新人賞は細川たかし「心のこり」でした。私バカよねー♪のフレーズが小学生ながらに受けて、応援していました。細川たかしと争い、新人賞を取ったのが、岩崎宏美、太田裕美、片平なぎさ、小川順子でした。とりわけ、勢いの宏美(ロマンス)×しっとりの裕美(雨だれ)のコントラストが思い出されます。曲はいずれも筒美京平作曲でした。当時の太田裕美の印象は、弾き語りするお姉さん程度でしたが、ずっと後に2度ほどマイブームが訪れました。


来週はお盆休みです。オーディオ部屋のクロス張替え工事を予定しています。オーディオ機器を、一旦、別の部屋に退避させる必要があります。その前に、しっかりと70年代歌謡を聴いて、お盆前の締めとすることにします。
コメント (2)

コントロールPC導入

2020-08-02 17:59:00 | オーディオ
8月に入って、ようやく横浜方面も梅雨が明けました。ここまで長雨だった7月は、ちょっと記憶にありません。一気に気温が上がり、ようやく夏の到来となりました。蝉の声も一気にボリュームが上がりました。昔は西日本でしか聞けなかったクマゼミの鳴き声が普通に横浜でき聞けるようになって、どれくらいが経つのでしょうか。今朝もしっかり聞こえていました。梅雨明けと引き換えに猛暑は想定内です。いくら暑くても、皆さん、青空には飢えていたことと思います。桜に時にも感じましたが、コロナ禍でも季節は進んでいます。

本来であれば、今頃は、立山の拠点、室堂に入っていたはずなのですが、その企画は流れました。本日、信州や北陸も梅雨明けしたようですね。まさに梅雨明け10日の絶好の夏山日和だったのですが、次の機会を待ちたいと思います。大山の山頂に雲がかかっていますが、しばらくは天気の心配は要りません。


さて、前週にも書いたように、コントロールPCが1台、正式にPCトランスポートに加わりました。音の変化は、貸出機としてのレポートに記載したように、かなり大きかったのですが、ようやく耳が慣れてきました。従来より起動時の儀式が増えましたが、勝手も分かってきたところです。


PCトランスポート一式です。LANケーブルを全てMFさん製作品に変えて、すっきりしました。右手前の黒いLatte PandaがコントロールPCとなります。テンキーは、RonnコアPCのシャットダウン用です。MFPCの床直置きは、いずれ何とかしたいと思いますが、これで一段落です。


システム構成です。従来は、iPhoneにせよ、家庭用ノートPCにせよ、エレコムのWiFiルータに接続して、再生指示をしていました。コントロールPCの導入により、その接続は不要となりました。ただし、MFさんによれば、WiFiルータへの接続有無よりも、プロセスカットされたPCでRoonをコントロールすることに意味があるそうです。


リスポジ側も少し改善を入れました。モニターの電源は家庭内コンセントをUSB変換して供給していましたが、バッテリー駆動にしました。FX-08MiniやWiFiルータにも使っているアンカーの小型バッテリーから供給しています。これでPCトランスポートの機器は全て、バッテリー駆動となりました。


コントロールPCの導入により、全域の鮮度が上がったことはその通りですが、音の座りが良くなった印象もあります。一音一音の配置がしっかりします。このことはクラシックの再生に好影響を齎すものと期待しています。先日、ポリーニのピアノ協奏曲(モーツァルト、17番&21番)を、Prest Music経由でダウンロードしました。ポリーニ/ウィーンフィルによるモーツァルトは、1976年にも録音があります(23番&19番)。若い頃と後年では、随分と演奏に違いがあるとも言われています。新PCトラポでしっかり聴き込むことにします。


今年のオーディオ投資は、これでほぼ終了です。真夏はオーディオは控えめになりますが、アナログの再調整含めて秋への準備期間としたいと思います。オフ会もなかなか難しい状況ですが、伺う場合には最大限の注意を払って臨みたいと思います。
コメント (2)

最近購入した本から

2020-07-26 16:53:41 | その他
お借りしていたコントロールPCですが、そのまま正規に居座ることとなりました。モバイルモニターを導入した段階で、ある意味既定路線だったわけですが、これでPC3台体制(MFPC×2+Diretta Target PC)となりました。1音1音の座りが良くなる印象です。音については、次回以降に整理して報告したいと思います。話題は変わって、最近購入した本の中から音楽、オーディオに関わるものを紹介します。在宅勤務で浮いた時間は散歩、オーディオ、読書に当てています。新しい様式になって以降、確かに本の購入ペースは上がっています。

ステレオサウンドを毎号のように購入しなくなってから、どれくらい経過するでしょうか。ある程度システムの骨格が固まり、音の好みが固まってくると、機器への目移りも薄れてきます。柳沢さんの連載記事も、必然的に読む機会が無かったのですが、それを纏めている単行本が出ているとは知りませんでした。オーディオマニアとして柳沢さんがどんな過程で音を作られてきたいるのか、読んでみようと思った次第です。オームさん(瀬川さんのことです)との出会い、ステレオサウンド創刊当たりまで読みました。一気に読まず・・・が私の読み方です。


こちらは新聞の書評で知りました。グルーヴ感溢れる・・・とはよく聞きますが、一体グルーヴとは何なのか、今一つ、分かっているようで、いないような所があります。オーディオ評論でもグルーヴという言葉を目にします。システムに依存してグルーヴ感が出る、出ないとなるのであれば、気になるところです。面白いのがクラシックに焦点を当てている点です。ジャズ、ロック、民族音楽等におけるグルーヴを扱った前編が上梓されているようですが、まずはクラシック編から入ることにしました。


どの時代の音楽が輝ていたか?この答えは人それぞれですし、正解も無いでしょう。若かりし頃(要は青春時代)に聴いた音楽の影響力は大きく、多くの人が、その時代を「輝いていた」と言うのは自然だと思います。今現在の音楽もきっと、(現在の若者がオジサン・オバサンになったら)そのように受け止められることでしょう。ここに紹介されている洋楽・邦楽はいずれも馴染みのものばかり。時代と音楽がシンクロして、やっぱり輝いていたなぁ、と。久々に、浜田省吾の「風を感じて」を聴きました。


またまた買ってしまった、レコード・コレクターズのシティ・ポップス企画。今度はアルバムではなく、80年代の楽曲にフォーカスしてのランキングです。アーティスト別の得票上位は、山下達郎、ユーミン、大滝詠一、吉田美奈子、竹内まりや、です。ユーミン孤軍奮闘といった感じですが、70年代のユーミンの作品には、バックコーラスで山下達郎、吉田美奈子も参加していました。シティ・ポップス≒達郎の構図が見えなくもありません。前記事でも書いていますが、私の中では70年代後半がシティ・ポップス最強期です。



ご存じの通り、今年はベートーヴェンの生誕250年です。コロナ禍が無ければ、あちらこちらで、纏わるイベントが開かれていたことでしょう。オーディオで聴くピアノ・ソナタは、ピリスが弾く作品が多いのですが、ピリスにはベートーヴェンの作品が多くありません。ベートーヴェンのピアノ・ソナタはどうしてもライブ(ツィメルマン児玉麻里)の印象が強いです。秋の夜長は、オーディオでも聴きこんでみるつもりです。差し当たってケンプ、ブゼルキン、レンデル、リヒテル、内田光子あたりをイメージしていますが、本書で予習したいと思います。


番外編です。アマゾンで新品が無く、中古での購入となりました。中野翠さんのお名前は、雑誌等で知っていましたが、エッセイ本を読むのは初めてです。タイトルにある、あの頃とは、ちょうど私が生まれた頃で、ギャップは約20年あります。早大闘争、吉永小百合、ビートルズ来日・・・の頃です。ステレオサウンド創刊(66年)も、同じ時期です。当時は高度成長期ですが、私の中では60年代は全てモノクロのイメージです。中野さんの軽快な文体から、果たしてどんな色が見えて来るでしょうか?


以上、つらつらと紹介してきました。一冊を一気に読むのではなく、パラレルに読むのが、自分には合っているようです。外山滋比古さんの「知的創造のヒント」(父親の本棚から失敬)に、「本は面白い所で読みさす」というのがありました。一気に読まずに、少し考える時間を持つ、わけですね。このフレーズを知ったのは、四半世紀より前ですが、何故か習慣化しています。中には読みさして、それきりもありますが、それも含めての、本との出会い、付き合いです。流石に音楽はサビの前では止めたくありませんね(笑)。
コメント (2)

梅雨の晴れ間~amazon music HD

2020-07-19 20:00:18 | オーディオ
なかなか晴れ間が見えない横浜方面ですが、今日は予想外に晴天が広がりました。近所のふるさと村を回り、2時間ほどの散歩をしてきました。まだ梅雨前線の北側ですから、日差しもそこそこでした。Go to キャンペーンから東京が外れて、夏休みに予定していた北アルプス行きも、先行きが見えなくなりました。同行者が都内在住で、こればかりは仕方ありません。神奈川は除外されていませんが、積極的に旅に行くムードではありませんね。オーディオ三昧継続の夏となりそうです。

こちらは、最近お世話になっている「こんがりや」さんです。昨年の秋、やはり散歩でたまたま寄って買ったパンが美味しかったのですが、すっかり常連になってしまいました。至ってシンプルなパンですが、飽きがこないことは主食として何よりです。会社では社員食堂が当たり前でしたが、在宅勤務だと自分で用意せねばなりません。ランチを用意して、情報番組「ひるおび!」を見るのが、すっかりルーチンになりました。15分ほどの仮眠用のアイマスクも調達しました。これも生活新しい様式です。


「こんがりや」からは鴨志田方面へ下り、さらにアップダウンを経て、ふるさと村に到着です。週末は遠方からの人出で賑わうのですが、さすがに例年より少ない印象です。車も横浜ナンバーが目立ちました。僅かながら蝉の声も聞けました。大合唱が待ち遠しいところです。この付近は横浜市青葉区と東京都町田市の境界部です。ここから一旦、町田市三輪町に入り、こどもの国の周囲を回って、自宅に戻りました。晴天下を歩くのはいつ以来でしょう?いい汗をかくことができました。


Amazon がハイレゾのストリーミングサービスを提供していることは、多方面からの情報で知っていました。岡山の音会の方でも、amazon music HDやmoraが登場し、時代の流れを感じた次第です。amazon musicは30日間の無料利用が可能です。夏は、真空管アンプが使いづらいので、セカンドシステムの登板が増えます。apple musicとは競合しますが、あくまでもお試しということで、導入してみました。ブラウザではハイレゾは再生できす、専用のアプリを入れる必要があります。Roonやapple musicと似た操作感覚で、音出しはすんなりできました。


排他モードにチェックを入れることを忘れずに。ガラッと良くなります。ただし、You Tubeとかは再生できなくなります(amazon music をBGMに映像だけみようとしたのですが、駄目でした)。実は、最近、中華DACが昇天し、セカンドシステムのDACは、nano iONEに1本化されました。


ストリーミング=圧縮音源の構図が崩れたのは、オーディオファンとしてはありがたいところです。CDを買うか迷っている音源も、取り合えず、圧縮無し、場合によってはハイレゾで聴けるわけです。メインシステムのMFPCはガチモード、セカンドシステムはお気軽モードと割り切っているわけですが、圧縮音源との差は、明白です。しっかり30日間使ってから判断したいと思います。無制限にCD以上の音源を聴けることと、Apple Musicとの差額を天秤にかけることなります。夏休みの宿題です(笑)。

自宅のノートPCのプロセスカットは難しいです。ハイレゾストリーミングの音を良くするノウハウが、ネットで共有できると有難いです。
コメント

アルバムアート

2020-07-12 16:51:59 | オーディオ
横浜は各地のような大雨とはなっていませんが、すっきりしない天気が続いています。それでも今日は、時折、陽が差して、少しずつですが盛夏を感じさせる場面が増えてきました。会社も約3ヶ月ぶりに出社しましたが(結局、4月~6月はフルに在宅)、通勤時間の長さを実感しました。通勤時間はオンとオフの切り替えの時間ではあるのですが、在宅でも上手く切り替えれば済むだけの話です。すっかり、新様式に体が馴染んでしまいました。普段、画面で会話しているので、FtoFが3ヶ月ぶりでも、全く、ご無沙汰感が無かったのは、面白いと思いました。

さて、オーディオの方です。Roon Remoteをやめて、Roon Control PCからの再生に切り替えています。先日、今一つ音が冴えないことがあったのですが、Target PCのバッテリーが継ぎ足し状態となっていました。バッテリー残量は減らしすぎない方がいいという声も、あちらこちらで聞きます。このあたりは、自分の耳で実感、納得しながら、運用を決めたいところです。リチウム電池は、継ぎ足してもメモリ効果は起こらないとのことです。まずは50%を切ったらオフラインで再充電、で行こうと考えています。

Roon Control PCからの再生、戸惑ったのが、日本語検索です。これについては前回も少し触れましたが、日本語変換機能がカットされていて、日本語での音源の検索ができません。メジャーでない邦楽アーティストの曲に辿り着くのに苦戦しました。幸い、アルバムとしては認識されているようなので、アルバムアートを正しく表示させることで、検索性は確保できそうです。というわけで、各方面からアルバムアートを入手し、Roonで差し替える作業をやり始めています。テレワークで浮いた時間の有効活用?です。

邦楽アーティストでもメジャーな場合は、アーティスト名がアルファベットで付くようです。太田裕美はHiromi Ohtaで統一されています。ハードディスクのフォルダ名称には、太田裕美を使いアルファベットは使っていませんので、Roon側で割り当てているものと思われます。ただし、アルバムアートが全滅だったので、ご覧のように割り当ててみました。グレーの無味乾燥な画像が、ジャケットの表紙に替わるだけで、嬉しくなります。庭の草むしりがどんどん進む感覚、に近いでしょうか?



差し替えの作業自体は、書斎のノートPCから行いましたが、きちんとControl PCの画面にも、反映されています。文字列より画像の方が目に飛び込んできますね。タイトルやアーティスト名に目を配らずに検索できるのは、ちょっとした快感です。時間はたっぷり、あります。ゆっくりアルバムアート差し替えを進めます。


妙なアルバムアートが付いていた件も、この機会に解消です。岩崎宏美の『私・的・空・間』は、最初、カセットテープの写真が表示されていました。ネットオークションの画像でしょうか?時代のミスマッチ感満載で、ネタとしては面白かったのですが、差し替えました。

ピリス&デュメイのヴァイオリン・ソナタ集(モーツァルト)も、グラモフォンの55枚CDのセットの画像が割り付けられていました。確かに55枚の1枚に入っているようなのですが、これでは困ります。ちなみにピリスの他の作品は、正しくアルバムアートが付いていました。
というわけで、グレーのチェック柄の画像退治を、コツコツとやっていくことになります。更に検索性を上げるために、アーティスト名称はアルファベットに統一するのがいいように思います。日本人に限らず、著名なアーティストでも、アルバムによっては、unkown artistとなるケースが散見されます。まずはアルバムアート、アーティスト名称を正しくつけることを目指します。追々、ジャンル付け、プレイリストも使いたいところです。Roonのインタフェースは、総じてユーザーフレンドリーであると感じています。
コメント (2)