珠玉の音楽に囲まれて

オーディオのこと、音楽のこと、思いついたまま記していきます。
by 横浜のVienna Acousticsファン

毛勝山(魚津)

2018-09-15 09:09:56 | その他
9月に入って最初の土日、富山の毛勝山にメンバー2名で登ってきました。台風21号が日本に迫っていましたが、北陸だったせいか、何とか天気は持ってくれました。1日は上信越自動車をひたすら北上し、魚津を目指しました。ちょうど北陸自動車道との合流地点が春日山の近くで、昨年訪問したakahanamizukiさんを思い出しながらの魚津入りとなりました。途中、昨年登頂が叶わなかった雨飾山の美しい姿も見えました。富山は仕事で来ることが何度かありましたが、魚津は宇奈月温泉での家族旅行以来、十数年ぶりでした。

翌日は早朝起きでしたので、早めの夕飯をホテル近くの居酒屋でとりました。富山は何とっても海の幸ですね。刺身、天ぷら、塩辛、氷見うどん・・・、そして冷酒で前夜祭となりました。我々が最初の客でしたが、店を出る頃には満席となっていました。


今回登った毛勝山はなかなかハードな山行でした。標高差2000mを日帰りで往復する長時間歩程です。普通は1000m往復、あるいは1500m登って山小屋宿泊が目安ですから、規格外と言えば規格外です。この夏に敢て丹沢に登ったのは、毛勝山があったからこそです。出だしから急登の連続となりました。ここを我慢すると今度は長い稜線の登りとなりました。幸い、周りの景色が後押しをしてくれました。魚津から富山へ続く市街、その奥には富山湾から能登半島が見えています。海と山の近さは富山の魅力です。


お隣の駒ヶ岳です。駒ヶ岳は全国あちらこちらにありますが、ここは最後に登山者を迎えた駒ヶ岳だそうです。手持ちのガイドには、2001年に登山道が作られた、とあります。


高度を上げるに連れてアルペンムードが高まってきます。と、同時に雲も増えてきました。果たして剣岳の雄姿を見ることができるのか、気にしながら進みます。


途中で現われるいくつかの池は、この辛い登山道のリフレッシュポイントとなっています。最初の池が、モモアセ池(由来不明)です。先を急ぎます。


稜線歩きのシーンで、私の好きな構図です。これで高山植物が見頃で晴天であったらパーフェクトです。そうそう上手くは行きません。


続いてクワガタ池です。これは分かりやすいネーミングです。ここまで来ると、山頂までもうひと踏ん張りです。ただし最後の急登が、既に消耗している体に鞭を打ちます。


何とか毛勝山の山頂に着きました。残念ながら山頂はガスに覆われていて、剣岳を見ることはできませんでしたが、2000mアップした満足感で十分でした。


下山途中で見かけたチングルマです。すっかり花のシーズンは終わりました。花が終わった後の綿毛、更には紅葉も楽しめる人気の高山植物です。


下山行程も想像以上に長く、やはり毛勝山は規格外の山でした。夏のトレーニングが効いたことは間違いありません。この日は黒部市の生地温泉に泊まり、疲れをとることとしました。翌日も北陸方面は晴天で、嵐の前の静けさといった感じもありました。翌朝、旅館の近くの田んぼからの眺めです。中央でどっしりした姿を見せているのが毛勝山で、その右隣に剣岳も見えています。稲穂もいい感じで垂れています。9月に入り着実に季節は進んでいることを感じました。お土産にはしっかり、黒部米を買いました。


黒部市と言えば水です。あちらこちら湧き水が出ていて、観光スポットになっていました。結構、数がありとても回り切れません。いくつか代表的な場所を選んで飲み歩き?しました。微かにピリッとするのは海が近いからでしょうか?


生地駅です。北陸新幹線の開通でJRではなく、第3セクターの「あいの風とやま鉄道」となっていました。新幹線により東京と富山の距離は一気に短くなりましたが、その裏腹の変化はどうしても生じてしまいます。


帰路、親不知に寄ってみました。荒れたイメージがあったのですが、意外にも穏やかな日本海でした。晩夏の海岸にはどことなく寂しさが漂います。


糸魚川から南下し安曇野を経て中央高速で戻りました。安曇野と言えば蕎麦ですね。新蕎麦にはタイミングが早過ぎましたが(というかソバはちょうど花盛りでした)、木崎湖近くのお店で天ぷら蕎麦をいただきました。小谷村~木崎湖辺りは、昨年の山と音楽紀行の記憶が新しいです。この日も雨飾山を眺めることができ、リベンジ欲が湧いてきた次第です。


niraさんからは事前に、夏の富山方面の旅行の情報をいただいていました。絶賛されてましたが、私も同感です。真冬に海越しの立山連峰を見る日はいつ訪れるのでしょうか?寒さを忘れて眺め続けるような気がします。
コメント (2)

ハンコックさんとのサウンド交流

2018-09-08 15:19:03 | オフ会
9月に入り、横浜方面は猛暑から残暑に変わった感があります。いつの間にか蝉の声も大人しくなりました。少し間が空きましたが、8月の最終土曜日の25日、ハンコックさんをのお宅でサウンド交流をさせていただきました。昨年9月以来、約1年ぶりの訪問です。ご一緒はBOさんです。この時はまだ猛暑でしたが、気温に負けない熱いサウンドを聴かせていただきました。ハンコックさん、BOさんともにジャズへの造詣が深く、私は教えていただくことが多かったです。個人的にも、これで秋のオーディオシーズンの開幕です。

最寄り駅から歩いて5分ほどのお宅に着くと、ウォーミングアップのバロック音楽が心地よく響いています。早くもハンコックさんの意気込み、気配のようなものが、オーディオルームに入る前から感じられました。ハンコックさんのシステム、前回からいくつか変化点があります、大きなところでは、OさんのDAC(チップはES9018)導入、そしてレビンソンのパワーアンプNo.23.5L復活です。ラズパイ、レビンソンのプリML-1、そしてメインSPのウィルソンWATT3/Puppy2は健在でした。ハンコックさんも、直近のサウンドは気に入られているようです。


上流の機器です。オラクルのプレイヤー、フェーズメーションのカートリッジ、ES9018搭載のDACを使っているという点で、実は、ハンコックさんと私は共通しています。昨年はラズパイのデジタルアウトをSD05へ直結していましたが、今回はOさんのDAC→ML-1の流れです。


導入して6年になる、レビンソンNo.23.5Lです。修理を2度行ったとハンコックさんのブログに記されています。愛着をお持ちなのでしょうね。オーディオはサウンドが勿論大事ですが、気に入った機器と対峙して得られる高揚感、あるいはリラックス感も大事にしたいところです。


WATT3/Puppy2の内振り配置は今年も同じでした。GRFさんによるトントン(キック?)もあった模様で、その効果も大きかったやに聞いています。ウィルソン+ニアフィールド+内振りと言うと、fukuさんのサウンドを思い出します。この組み合わせ、私にとってもツボかも知れません。


前半はデジタル、後半アナログの流れでジャズを中心にたっぷり聴かせていただきました。POPS,クラシックは冒頭のみでほぼジャズでした。挨拶代わりのSmooth Aceの合唱、浮遊感が心地よかったです(後日、ポチりました)。


ステーシー・ケントはハンコックさんのお気に入りヴォーカリストです。昨年の拙宅開催でも持ち込んでいただきました。チェット・ベイカーは『Chet Baker Sings』からヴォーカルを抜いた盤があったのですね。知りませんでした。


アナログは全てジャズでした。それもオリジナル盤が中心で、私とは気合の入り方が違いますね。ハードバップの、それもメジャー級を中心とした選曲にも感謝です。「I'll close my eyes」「You're my everything」と、お馴染みの曲でトランペットに浸りました。


名盤オンパレード続きます。続いてはピアノです。ハンコックさんはレビンソンが奏でるピアノの音が気にっているようです。オリジナル盤で聴くウィントン;・ケリーいいですねぇ。拙宅でも時々聴いている「Keep It Moving」は、臨場感に溢れていました。


カーティス・フラーの『Blues-ette』に、マイルス・デイビスの『Someday My Prince Will Come』。マイルスはしばらく購入が途絶えてましたが、久々に買うならこれにしようと思いました。ミュートの効いたトランペットは、秋の夜長に合いそうです。


ヴォーカルは耳タコの名盤『Ella & Louis』から。アナログのオリジナル盤は滅多に聴けません。エラのふくよかな声も去ることながら、サッチモの名人芸のようなヴォーカルが印象に残りました。渋い!です。


約1年ぶりのハンコックさんのサウンド、前回より低音の支えがしっかりした印象です。量感と解像度共に進化したように感じました。これはOさんのDAC導入、加えて、レビンソンの復活に依るものと思います。低音の向上はそのまま、音楽の楽しさにつながります。ほぼジャズのプログラムでしたが終始、音楽を楽しませていただきました。クラシックの再生について、ハンコックさんは謙遜されていましたが、持ち込んだピリス演奏のパルティータ(バッハ)では、何とも言えない音の柔らかさ、余韻が広がりました。ずっと聴いていたくなる音でした。

真夏の交流ながら、再生中は冷房を切って、音重視の会となりました。ただし暑さは気になりませんでした。それだけ音楽に入っていたんだと思います。デジタル、アナログはそれぞれの良さがありましたが、意外に拮抗していると思いました。OさんのDACの効果でしょうか。最後は、駅近くの居酒屋に場を移して感想戦でした。約1年ぶりの感想、皆さんのオーディオや交友の近況などを肴に談議を続けました。BOさんも新しいSPを導入されましたね。拙宅のプリHP300 SEはまだまだ試運転といったところです。頃合いを見て、あらためて交流をお願いいたします。

ハンコックさん、BOさん、暑くて熱い、夏の午後をありがとうございました。
コメント (4)

岩戸山~十国峠(湯河原)

2018-08-30 06:40:48 | その他
8月19日、丹沢に続いて湯河原から岩戸山を経て十国峠に登ってきました。この時期にしては珍しく見通しの良い晴天でした。一時の猛暑も和らぎ、真夏でありながらも、何か爽やかな1日となりました。湯河原入りは1月のハイキング以来、7か月ぶりです。その記事の最後に、今度は十国峠をぶらりと・・・と書いていました。できれば富士山の雪が残っている間に行きたかったのですが、機を逃しました。先日の高川山では近距離ながら富士山は全く見えませんでしたが、今回は堂々とした姿を見せてくれました。

湯河原駅から一旦、国道135号線が走る海抜ゼロ地点まで下ります。遠方には初島、さらに伊豆大島が見えています。ここから登り返します。


しばらく進むと眼下に湯河原の町が見えてきました。筋状の雲を見ると、何となく秋の到来を感じてしまいます。


ミカン畑を横目の高度を上げると、見事な海の景色が広がりました。この時期としては奇跡的な視界です。ミカンは勿論、濃い緑色でしたが実をつけていました。


途中、登山道が途絶え一般道を歩く場面もありましたが、本日の最高峰、岩戸山に到着です。ここからの熱海方面の眺めは見事でした。


こんな感じです。眼下は熱海の温泉街です。遠く、利島や新島も確認できました。初島へ向かう航跡が2本見えますね。


岩戸山を過ぎてしばらく進んで十国峠に到着です。ちなみに十国とは、伊豆、駿河、遠江、甲斐、信濃、相模、武蔵、上総、下総、安房だそうです。信濃はちょっと厳しい気もしますが、南アルプスの聖岳が見えていたので、ギリギリでしょうか。偶然ですが十国峠で休んでいる時、トラウトマン大佐さんから電話が入りました。しばしオーディオ、キソアコ、chibiさん訪問時の話をさせていただきました。会話中に、富士山にかかっていた雲も薄れ・・・。何かトラウトマン大佐さんのパワーを貰ったような気分です。


この日、一番のシャッターチャンスとなりました。雪が無くても富士山は富士山です。あと一月も経てば、初雪のニュースも届くことでしょう。


十国峠は、360度、どこを見渡しても素晴らしい景色が広がります。南側の伊豆半島方面です。


西側の駿河湾、沼津方面です。静岡のオーディオファンとの交流も、またできればと思います。


十分景色を堪能し、十国峠を後にしました。下山先を熱海にするか、奥湯河原にするか迷っていましたが、熱海に決めました。しばらく海を見ながら下れる、おいしい下山コースでした。この山旅中、終始見えていた初島と大島のペアもこれで見納めです。以後、樹林帯を抜け、一般道を下って来宮神社へ出ました。神社はパワースポットなのか、若いカップルで賑わっていました。熱海駅から自宅へ戻る電車もアクセスもよく、湯河原の近さを再実感した次第です。高川山、丹沢、十国峠と続いた、夏の近郊トレーニングを終え、いよいよ秋の登山シーズンに入ります。
コメント

盛夏、鍋割山稜

2018-08-22 22:29:00 | その他
夏休みを利用した近郊トレーニングで、丹沢の塔ノ岳~鍋割山に登ってきました。大倉尾根(いわゆるバカ尾根)を上がり、塔ノ岳~鍋割山を経て、再び大倉へ戻るコースです。大倉尾根は、K&Kさんご夫妻と2度ほど(2015年1月2017年3月)ご一緒させていただいた、馴染みのコースです。いずれも冬でしたが、夏、それもお盆の真っ盛りに登るのは今回が初めてとなります。渋沢あたりは33度くらいはあったかと思いますが、それでも高度を上げるに連れて涼しさが増し、塔ノ岳まで順調に登ることができました。

塔ノ岳付近は、展望はほぼ無しでした。登り始めの頃から山頂部には雲がかかっていましたので、想定内と言えば想定内です。


塔ノ岳から鍋割山に向かうルートは雰囲気が良く、人も少ないので気に入っています。高度を下げると日差しが出てきました。


草のいきれを感じながら、進みます。こういった何気ないシーンにでさえ、思わず足取りが軽くなります。


雲が低いです。まだまだ夏の雲です。


塔ノ岳から鍋割山へは200mほど標高を下げますが、ところどころ登り返しがあります。


途中、平野部の見通しの効く場所がありました。おそらく秦野方面です。


さらに進むと小田原方面が見通せました。海岸線や酒匂川を確認できます。


北へ目を転じます。ピークは見えませんが、丹沢~蛭ヶ岳へと丹沢山塊の主脈です。


やがて、樹林の向こうに丸い形の鍋割山が見えてきました。さらに下って登り返したところが鍋割山荘です。


鍋割山に到着です。ここで軽い昼食にしました。流石に夏は鍋焼きうどん、というわけには行きません。パンをほおばり水分を補給します。花立山荘でも、ここでも「氷」の旗に誘惑されましたが我慢しました。水は自分で背負って・・・が昔から沁みついています。


鍋割山からそのまま大倉方面へ下るルートを選びました。K&Kさんは長い林道歩きを嫌って、鍋割山から下るコースをお勧めしていません。案の定、長い林道には閉口しました(苦笑)。塔ノ岳方面へ戻って大倉尾根を下るか、あるいは鍋割山から新松田へ抜けるのがよさそうです。その後、雲行きが急に怪しくなり、激しい雷雨となりました。本格的に降り出したのは大倉のバス停に着いてからで、事なきを得ました。盛夏の近郊登山、意外に涼しかったのが発見でした。100mで0.6度、1000mで6度下がる効果は大きいと感じました。
コメント (2)

OCTAVE HP300SE 導入

2018-08-18 16:19:33 | オーディオ
お盆が過ぎ、横浜方面は一気に涼しくなりました。揺り戻しはありそうですが、確実に秋が近づいていることを感じます。オーディオシーズンの到来も間もなくといったところです。久々の投資となったプリアンプ導入の話題です。導入したのは、OCTAVEのHP300SEです。4月の自宅試聴、昨年10月のショップでの試聴と、同社のプリアンプを意識的に聴いてきました。そういった意味では、既定路線だったのかも知れません。輸送の関係で7月末の到着となりました。猛暑でオーディオ熱は下火ですが、週末を中心に灯を入れてきました。


迎え入れたHP300SEです。真空管とトランジスタのハイブリッドアンプです。色は他の機器とのマッチングを考慮してシルバーの一択でした。従来、フォノイコライザーが収まっていたラック下段を使用します。すっかりこの光景にも慣れました。


パワーアンプには、プリメインアンプのV40SE(上段)を使います。異なるメーカーのプリ、パワーの組み合わせを探すのもオーディオの楽しみかも知れませんが、無難な同メーカーでの組み合わせとなりました。


前身のHP300から強化された電源ユニットです。ずっしりとした重さがあります。これをアンプの筐体に入れるのはかなりの無理が要ります。ニッキーさんからの指摘もあって、DDコンバータの下で使っていたウェルフロートを当てています。


ずっしりと言えば、リモコンもなかなかです。ボタンはボリュームの上げ下げのみで実にシンプル。V40SEに付属していたリモコンは不要な機能が多かっただけに、個人的なヒットです。


まだ使いこなせていませんが、ゲイン調整が3段階で行えます。今のところLowで使っています。鳴らし込みが一段落したらゲイン、ボリュームの組み合わせの違いを聴き込んでみようと思います。この辺りはセパレートならではの愉しみかと思います。


導入して3週間ほどが経過しました。例によってよく聴く音源、久々に聴く音源を適当に混ぜながら個性を掴んでいるところです。実質、週末しか聴けていませんが、何となく効果のようなものが見えてきました。音のタッチが丁寧でしっかりします。音色をより楽しめる方向で、ピアノが結構いい感じです。ポゴレリッチやピリスのソナタをしばしばかけています。低音の小気味よさ、安定感も変化点の一つです。増幅と駆動を分業した効果でしょうか?これらが相乗して音楽が楽しくなってきます。スタートとしては上出来だと思いました。

メインシステムの機器導入は5年前のAIT DAC導入以来ですから随分間があきました。その間はPCオーディオの見直し、ウェルフロートボードを中心とした振動対策などを進めてきました。順番から言えば10年選手が見えてきたSPの更新なのでしょうが、アンプのテコ入れを優先しました。伏線はいろいろありました。球転がしの想像以上の効果を実感したこともその一つです。訪問先のベテランの皆さんのセパレートアンプの使いこなし、サウンド、経験談もトリガーとなりました。右足を先に出すか、左足を先に出すか、どっちも登っていることに変わりなし、の心境です。

本棚から瀬川冬樹さんの本を取り出しました。セパレートアンプについてもいろいろと書かれています。プリメインアンプでも十分といった記述もありますが、セパレートに進むなら中途半端は駄目と、戒めてもいます。個性の異なるプリ、パワーを組み合わせる難しさにも言及されています(いいとこ取りをしにくい)。耳は8年かけてOCTAVEの音に馴染みました。プリ/パワーの相性は気にしなくて良いでしょう。フォノイコライザーやウェルフロートボードの配置、ケーブル不足など課題散在ですが、延長戦気分で新システムスタートです。
コメント (2)