goo

お堂でみる阿修羅

2009-10-29 | 街角の話し
(阿修羅。写真はクリアーファイルの一部分)

阿修羅は以前に国宝館で会いました。
久々に、奈良に戻って来ました。

今回は仮金堂に移して公開。お堂での公開は何と112年振りです。

興福寺国宝特別公開2009(仮金堂・北円堂)10/17~11/23



仮金堂
平日なのに、30分待ち(初日は3時間待ちと言う噂です)。
写真の右手に行列が続いています。

仮金堂は昭和49年の再建。中金堂として本格的な再建は来年秋着手です。

通常仮金堂安置の江戸時代に造られた本尊の釈迦如来坐像、鎌倉時代の薬王・薬上菩薩立像(重要文化財)の脇侍に

今回は、お客様として国宝・十大弟子像(6体)と国宝・八部衆像(8体)と重要文化財・四天王像が勢揃いします。

中央に釈迦如来坐像、薬王・薬上菩薩立像。いずれも3.6m前後。
左右に四天王像を配置(2m前後)
その前に、十大弟子像と八部衆像(1.5m前後)を交互に配置。
その中央には、あの阿修羅像。

十大弟子像と八部衆像は洲浜座(すはまざ)という台の上に乗っていますが
阿修羅像はさらに別の台の上に乗っていて、照明の光が集中して、燦然と輝いています。
元々 朱色の顔が、まさに「紅顔の美少年」の文字通りの様。

堂内に入ると、一旦後方列に行き、全体を俯瞰した後に、前方に行ける様に工夫されています。

八部衆・十大弟子像という現存する天平乾漆像14躰すべてが並んでいます。

乾漆(かんしつ)造という技法で造られていますが、場内で声高にお友達に説明している人が居ました。周りは迷惑でしたね。

*この造り方は、まず心木(しんぎ)を立てて、塑土(そど)を用いてだいたいの形を造り、その上に漆で麻布を数枚貼り重ね、ある程度乾燥させた後、背中を切り開いて、中の土を取り出します。
このように空洞になった内部に板や角材を補強材として入れ、その後木粉(もくふん)などを混ぜた漆で表面を整え、金箔や彩色を施して仕上げます。
手間と漆という高価な材料を使うので、平安時代以降廃れた。
葛井寺(大阪)の千手観音坐像も、この方法で細部まで見事に作られています*




国宝 北円堂

藤原不比等の菩提を弔うために作られた八角堂。興福寺に残る伽藍の中で最古。
以前に特別公開の時に参観しましたが、今回は内部の照明を一新したとのこと。
ここは50分待ちの表示。あきらめて帰る人も多い。(今回、二つ合わせて1500円の拝観料)
写真を撮ってる場所に長蛇の列です。

運慶一門による本尊の国宝・弥勒如来坐像や無著・世親立像(国宝)。
鎌倉彫刻最高峰の名品が一堂に揃っています。他に 国宝・四天王像(平安時代)。

とにかく、薄暗かった内陣が、様変わりのように明るくなっています。

無著立像(一木彫)と世親立像(寄木造)とは、

五世紀頃に北インドで活躍、法相教学を確立した兄弟です。




無著立像

いつ見てもほれぼれします。
運慶の傑作のひとつ。

日本彫刻史上最高傑作の作品達に出会えます。

それにしても、今日は、興福寺の近くでは、鹿は一匹も見ませんでした。

「どうして、今日は鹿が居ないの?」

ガイドさんの答え

「たくさんの観光客にびっくりしたのでしょうね」

アベックの彼氏の答え

「シカたないだろ・・・・」

どちらも人混みに、ウンザリの様子。

本当に何故居なかったのかは不明です。
goo | コメント ( 5 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
 
 
また後で (SUZURAN)
2009-10-31 07:27:35
ざぁっと読みました
また後でコメントします。

今から、彼の持ってる和歌山に行ってきます。
 
 
 
有り難いです♪ (peko)
2009-11-01 18:35:44
こんばんわ~
「阿修羅」を見に行って来られたんですね~
なら出身のpekoですが、一度も見たことがなくて・・

此方で詳しい解説と紹介をしていただいて、長い行列に並ばなくて、行って見てきたような気にならせていただけました

余談ですが京都の「ルーブル」も見れるものだと思ってて、終盤の平日に行ったのですが長蛇の列で諦めた次第です。

「阿修羅」も行く機会が持てるかどうかですので、有り難いです~
 
 
 
なら出身なら是非ともですね (kazu_san)
2009-11-01 20:58:31
「ルーブル」よりも価値があると思いますよ。
お堂の「阿修羅」
一見の価値あり。
がまんして並んでくださいね。
 
 
 
Unknown (kokumi)
2009-11-11 20:48:14
こんばんは~

鹿に出会えました。(笑)
ほんの少し、人が少なかったかも知れませんね。

覚悟はしていったものの長蛇の列。
しかし、仮金堂にはいるなり、並んだことなど忘れてしまいました。
もう少し、立ち止まらせてほしいくらいでした。


 
 
 
kokumiさんも行かれたのですね (kazu_san)
2009-11-12 06:21:01
鹿に出会えたのですね。
奈良には鹿がないとですね。安心しました。
写真のクリアファイルは、なかなかの優れものですよ。裏側は、阿修羅のアップ写真です。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。