Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

改善につぐ改善を

2017年07月24日 | Weblog
私が今日まで、
曲がりなりにも教育事業を
やってこられたのは、

多くの方に支えていただいたと言うことと、
改善に次ぐ改善を続けてきたということだと思います。

教育に於ける改善は、
費用対効果としては、
なかなか見えてこないものです。

教育内容の改善をすればするほど、
自分が深く学んで行こうとすればするほど、
経費は嵩んでいくことになります。

しかし、そのことが直ちに
会社としての売り上げの伸びに
直結しているわけではありません。

経費削減は当然の努力課題としても、
子供たちに失敗から学ぶ大切さを教えたり、
何度も教材を作り直したり、
新しい指導方法を試してみたり、
子供へのレスポンスのタイミングを大切にしていけば、
当然費用は嵩みます。

良い教育には、
タイミングも大きな意味を持ちますから、
時間短縮に対してかけるお金も必要です。

その繰り返しを本気でやるわけですから、
自分の懐具合など考えていては、
とてもやれない仕事です。

経費削減が教育内容の削減に繋がるのであれば、
それは私にとって本末転倒と言うしかないのです。

それなりの教育、
まぁまぁの教育でよければ、
私がやる必要は無いのです。

私の目指す教育は、
妥協せず、失敗を尊び、
手間暇をかけることに価値を見出しています。

だから、先人が述べたように、
自らを燃やしていく蝋燭のような
生き方に成らざるを得ないのです。

それをわかってくれる人と共に歩むしかないのが、
私の人生だと思います。

でも、
社員&スタッフの皆さんの
給料を上げられるように、
売り上げ向上にも邁進しなくてはなりません(笑)。

そうした生き方が可能なのだと言うことを、
世の中に示していこうと思います。

教師を辞めてでも、
人間教育を深く実践できる、
楽しく充実した生き方があることを、
世の中に遺していきたいと思います。

それが、Vision&Education,Ltd.の使命です。

新しい教育事業の在り方を模索する日は続きます。



コメント   この記事についてブログを書く
« 言葉と行動 | トップ | 時は流れ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事