Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

学ぶことの意味

2021年02月08日 | Weblog

「いにしへの 道を聞きても 唱へても わが行ひに せずばかひなし」

薩摩藩に伝わる、日新公いろは歌の教えです。

先人の生き方について学ぶことはとても楽しいことだと思います。しかし、それで満足していても、自己満足に過ぎず、世の中の役には立ちません。世の中の役に立って、初めて学んだ価値が生まれます。

学んだことの大切さを証明していくということは、自分自身の行動と生き方を価値あるものにしていくしかありません。

実に難しいことですが、やり抜いていこうと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« 責任 | トップ | 評論家といっては、本物の評... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事